哲学・思想

不幸なニュースを見るから不幸な気持ちになる

投稿日:2018-04-12 更新日:

僕はテレビもネットもあまり見ない。

そうすると、自分の生活圏である日常からしか情報が入って来ないので、概ね平穏な日々を送る事が出来る。

でも一度テレビやネットを見出すと、そこには連日不幸な事件や不快な社会問題が映し出される。

そして僕の日常もメディアが醸成する世の中の空気に引っ張られるように暗澹としたものになっていく気がするから質が悪い。

それでも以前よりは余裕があるけど、長年慣れ親しんでいるのは、やはり幸福よりも不幸の方で、その臨場感は幸福よりも遥かに強い。

特にイジメや自殺のニュースなんかは、過去の自分にも関わりがある事なので、興味が湧いてしまう。

僕は不幸なニュースを見る度に、「気を抜いたらダメだ」と自分の身の回りの出来事を注意深く観察するようにしている。

過去に仙台のアーケード街で自動車が暴走する事件があったけど、あの日僕は地元に帰省するために、高速バスに乗ろうと、現場のすぐ近くのバス停に向かっていた。

アーケードの入口にパトカーが何台か止まっていて、とても騒がしかったのを憶えている。

その時は何があったのか分からなかったけど、あとからニュースで暴走した自動車がアーケード街に侵入し、そこにいた人たちを殺傷した事を知った。

 【アーケード街の自動車暴走事件の概要】

2005年12月25日午後6時50分ごろ、仙台市青葉区1番町3丁目のアーケード街「マーブルロードおおまち」で乗用車が暴走し、通行人らが次々にはねられた。

子ども3人を含む7人が負傷し病院に搬送されたが、いずれも軽傷。

仙台中央署は業務上過失致傷と道交法違反(ひき逃げ)の現行犯で、乗用車を運転していた仙台市太白区郡山のトラック運転手を逮捕した。

トラックを運転していた容疑者の男は同署の調べに「宮城や東京のテレビ局と新聞社に犯行予告のメールを送った」と供述していたが、メールには「職場でいじめを受けている」などと書かれていた。

この事件は僕が当時勤めていた会社と関連があり、面識はないけど容疑者のトラック運転手は僕が勤めていた会社にも運送で来ていた可能性がある。

事件後、僕が勤めていた会社に警察の人が訪ねてきて、容疑者の運転手がいう“イジメの事実”があったかどうかを職員の何人かに事情聴取したらしい。

その後の詳細はわからないけど、僕はイジメの事実はあったと思う。

理由は僕が職場で普段関わっている人の中に、この人かもしれないと思わせる該当者がいたからだ。

僕はその人をいつも警戒していて、出来るだけ距離を置いて付き合うようにしていた。

もちろん好きではなかったし、僕以外の人もみんな何かしら嫌悪感を持っているようだった。

その人は関連会社から出向して来たリーダー的な立場の人だったけど、休憩室で会う度に誰かの悪口や愚痴ばかりをこぼしていた。

とにかくありとあらゆる不満を人にぶつけまくっているような人で、そのせいか顔の表情が異常に険しく、眉間に寄った皺はそのまま死ぬまで取れないんじゃないかと思うくらいに固定されていた。

毎日まともにこの人の相手をしていたら、病んでもおかしくない。

悲しいのはイジメられていたトラック運転手が、まったく無関係な人を自動車で引き殺そうとした事だ。

人はイジメられると世界の全てが敵に見える。

トラック運転手もおそらくそうだったと思う。

遠くで誰かが笑っている姿は自分に対する嘲笑にしか見えず、物陰から声を潜めて語られる会話の全てが自分に対する悪口に聞こえてしまう。

そうやってどんどん疲弊し、やがて世界が悪意の吹き溜まりにしか見えなくなる。

その人を取り巻く“イジメ”という現象がなくなっても、一度傷ついて世界を敵視してしまった人の人生は大抵がボロボロだ。

どこに行ってもイジメの幻がついてくる。

並大抵の努力では容易に這い上がれないので、潔く死ぬか、「誰か一緒に死のうよ」みたいな発想になってもおかしくない状況で彼らは生きている。

いわゆる無敵の人。

今後も歯止めがかからないであろうこの手の不幸なニュースを前にして、僕はいつも「僕は助けてあげられないけど、気持ちはよく分かるよ」とただ同情する。

そしてなるべく人の悪口は言わないようにしよう、周りに人がいる時は多少おかしな事があっても不用意に笑わないようにしようと、自分に言い聞かせている。

彼らには人の幸福な姿さえ毒になる。

だから僕はなるべく調子の良い時も不幸なふりをして、少しずつ社会から離脱し、人知れずひっそりと幸福になりたいと思っている。







-哲学・思想
-,

執筆者:


comment

関連記事

日常空間で死ぬようなものはARTではない

僕はARTに関してあまり教養がない。 僕は創作する喜びを得たくてARTをやっているだけなので、自分の作品にも他人の作品にもあまり興味がない。 たまに美術館や個展を観に行ったりするけど、わけのわからない …

矢追純一『ヤオイズム』 私は人間原理主義者である

UFOなどのオカルト番組で有名になった矢追純一さんの著書。 矢追さんはある時から「恐怖」という感情をまったく感じなくなったらしい。 恐怖をまったく感じないから、常に自由気ままで思い通りの人生を生きられ …

ダークナイト

映画『ダークナイト』無敵の人が理解出来ないヤバイ社会

あらすじ 悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪 …

僕と犯罪者の境界線

神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇(元少年A)が書いた『絶歌』と、英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害した市橋達也が書いた『逮捕されるまで』を読んだ。 僕は犯罪者にすごく興味があって、彼ら自身が証 …

社会に従属してしまうマインドセット

子ども頃、僕の生活サイクルは親の生活サイクルに合わせて決まった。 自分ではまだ何も選べないから、着る服も食べる物も行く場所もほとんど両親が決めた。 やっていい事とやってはいけない事も両親が決めた。 僕 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク