哲学・思想

孤独が「孤毒」になる人と「孤徳」になる人

投稿日:2018-04-15 更新日:

以前仙台に住んでいた時、朝方まで友達と飲み明かし、酔いを引きずった駅前で孤独に関する議論を交わした事があった。

もし自分の体に羽が生えたら楽しいだろうなぁ

僕が何気なくそう呟いたら、それを受けた友達が「いや、寂しいだけだろ」と返して来て、孤独について二人で話し合った。

寂しい? なんで?

僕は友達に、羽が生えたらなぜ、寂しいと思うのか理由を聞いてみた。

自分一人だけ飛べても、他の人が飛べなかったら誰にもその楽しみを理解してもらえないから

友達は確かそう答えた。

芸術なんかやっているからだろうか?

僕も友達も、ずっと前から誰にも理解されない孤独みたいなものを持っている感覚が確かにあった。

だけど友達から寂しい理由を聞いた時に、僕は、僕と友達が感じている孤独は同じものではないと、その時気づかされた。

友達の感じている孤独が自分自身を世界から切り離して孤立してしまう状態だとしたら、僕が感じている孤独は自分自身をこの世界から守ってくれる状態だ。

友達がいうように、僕にも他人に自分の考えや思いを理解してもらいたい欲求はある。

でもそれと同時に誰にも理解されていない事に対する優越感や喜びみたいなものもあった。

僕の場合はその感覚が自分はこの世で唯一無二の存在だ、と思える自己承認になっている。

だから空を飛べるのが自分一人だけだとしても僕は楽しいだろうと思ったのだ。

人間は誰も空を飛べない。

そしてみんなそれぞれ他人には計り知れない独自の孤独を持っていると僕は思う。

だから空を飛べる気持ちはわかってもらえなくても、飛べない気持ちがわかるなら寂しくない、というのが僕の孤独について出した答えだった。

友達はその時誰とでも理解し合えて、全てを共有したいと思っていたのかもしれない。

僕の友達は他人と理解し合えない事があると常に陰鬱として苦しむ傾向があった。

そういう人の孤独は放っておくといずれ「孤毒」になると思う。

誰も自分を理解してくれない。自分は世界で一人ぼっちだ。だから生きていても意味がない

そんな理由でナイフを振りかざし、無差別殺人を起こす人がいるけど、その人の孤独もひょっとしたら「孤毒」になった結果なのかもしれない。

もし自分が感じている孤独が「孤毒」だと思ったら、そんな誰にも理解してもらえない孤独をネットを通じて世の中に発信してみたらいいと思う。

返事はなくても、発信し続けていればそれに共感してくれる人がいるかもしれない。

誰にも理解してもらえないのであれば、笑われたっていいし、嫌われたっていいと思う。

でももし世界でたった一人のあなたの孤独な発信を、同じように世界のどこかでたった一人の孤独を感じている人が共有したら、その二人の孤独はお互いを救い、唯一無二の自分を肯定する崇高な「狐徳」になると思う。

それで救われる人がいるなら僕はこのブログを通して発信し続けたい。







-哲学・思想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人間は、いまだサルである

僕たちは人間はいまだにサルだ。 この事を理解していないと、自分本来の人生を生きるのは難しい。 サルのような動物の群れには、力の強いものが力の弱いものを支配する「本能的構造」がある。 そしてこの本能的構 …

直感を無視しなければ人に騙されない

僕は人によく騙される。 宗教の勧誘、各種詐欺商法、繁華街でぼったくる飲み屋のキャッチなど 普段1人で行動する事が多いからか、なにかとターゲットにされやすい。 だから僕は基本的に人を信用しない。 そのか …

アスペルガーとして生きる意味

ネットの診断結果によると、僕はグレーゾーンアスペルガー(発達障害)に該当する。 僕自身も自覚していた事なので結果に関しては納得している。 むしろそうだと分かった事により自分についての理解が深まったので …

陰口ジプシー

陰口や愚痴はコミュニティ形成に必要な行為だと思うし、有効な行為だとも思う。陰口や愚痴はなるべく自分と同質な人たちと一緒にいて安心するための生存戦略だとも思う。でも陰口や愚痴を言った人は同時にそのコミュ …

不幸なニュースを見るから不幸な気持ちになる

僕はテレビもネットもあまり見ない。 そうすると、自分の生活圏である日常からしか情報が入って来ないので、概ね平穏な日々を送る事が出来る。 でも一度テレビやネットを見出すと、そこには連日不幸な事件や不快な …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク