オカルト・スピリチュアル 哲学・思想

「ひらがな」に秘められた力

投稿日:2018-07-25 更新日:

日本人が昔から使っている「ひらがな(平仮名)」に関する面白い発見をした。

平らな仮の名前と書いて「ひらがな」。

この文字がこの世の現象をフラットにする。

たとえば、ひらがなで「きょうそう」。

この言葉を記した時、ひらがなの時点では、まだ何も決定していないフラットな事象として「きょうそう」というものを捉える事が出来る。

きょうそう」という響きだけがあり、その意味合いは人の感じ方によってどうとでも取れる状態になっている。

中国から来た漢字は、人が“感じ”取った事を文字に置き換えるための文字で、既に意味が決まっている。

ひらがなは意味合いが決まっている漢字をフラットな状態に戻し、違う感じ方を模索するために出来た文字なのではないか?と思う。

競争

この漢字は争って競う時に感じた文字。

それをひらがなでフラットな状態である「きょうそう」に戻し、共に創る事と感じたなら「共創」という漢字にもなる。

このように、まだ何も定まっていないフラットな状態の言葉を観念(漢字)が具現化し、今日の日本語世界が成り立っている。

世界は言葉による観念で出来ているから、それぞれの言語がそれぞれの世界観を創りあげる。

日本のひらがなにはその世界観をフラットにする力があるのだ。

この便利なひらがなツールをうまく使えば自分の凝り固まった観念を何度でもフラットな状態に戻す事が出来る。

悪い観念、負の観念を持った言葉が具現化したこの世界を、もう一度良い観念、楽しい観念で創り変える。

たとえば「戦争

戦争」⇒「せんそう」に戻す。

人が大勢死ぬ争いの観念をひらがなでフラットな状態に戻し、かわりに「仙草」「千艘」「船窓」という観念が思い浮かぶようにすれば、僕の世界から戦争という観念が消えてなくなる。

適切な言葉がなければ、洗い直して創るという意味で「洗創」でもいい。

閃いて創る「閃創」でもいい。

自分で開発した造語でもいいから、自分にとって悪いイメージや負のイメージがついた言葉を、一度ひらがなでフラットな状態に戻し、再度捉え直してみると、違う感じ方、違う世界の見え方がある事に気付く。

同じ現象でも言葉が変われば、その現象自体も変化する。

ひらがなにはそんな力が秘められていると思う。







-オカルト・スピリチュアル, 哲学・思想
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界最強ヒモ伝説『ゴータマ君』

オレの名前はゴータマ。後に仏教を作って世界中で「釈迦」とか「仏陀」とか呼ばれている偉い人。「空」っていう概念を思いついて悟りを拓いたら、世の中の出来事とか自分の人生に執着がなくなって、「生きる」ってい …

アニメ『オッドタクシー』オッドタイプの世界観

あらすじ 平凡な毎日を送るタクシー運転手・小戸川。身寄りはなく、他人とあまり関わらない、少し偏屈で無口な変わり者。趣味は寝る前に聞く落語と仕事中に聞くラジオ。一応、友人と呼べるのはかかりつけでもある医 …

たまに行者する

一時期よく山登りをしていた。 きっかけは新田次郎の山岳小説『孤高の人』を読んで影響を受けたからだと思う。 夕暮れに下駄を履いて易々と六甲山に登った破天荒な男が、自身の類稀な登山の才能に目覚め、常に単独 …

法

もし法で守ってもらえなかったら

プロレスラーの木村花さんが、ネットで匿名の人たちから誹謗中傷を受けて自殺した。 僕はただそういうニュースを目にしただけで詳しい事情はわからない。 でもこの事件をきっかけに怒りを感じた人たちから、匿名で …

自助努力のために他力本願する

僕はあまり人に期待しないし、頼らない方だと思う。 悩みや問題があっても、人に相談したりはせず、まずは自分で考える。 解決策が思いつかなくても、ふと興味がある本や気になる映画などを観て、そこから問題解決 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク