哲学・思想

脳と体は国家と国民である

投稿日:2019-02-01 更新日:

以前書いた『飢餓状態で本能が目覚める』という記事を書いた。

その中で僕は、人は頭では「死にたい」と思っても、体はその思いとは裏腹に生きようとするという内容を主張した。

僕は脳と体(各細胞)の機能には、国家(中央集権)と国民の主従関係のようなものがあり、基本的には脳が判断し、それ以外の体の部位(各細胞)がその判断に従って動いていると思っている。

“病は気から”という言葉があるけど、これは脳が想像したもの、あるいは仮想現実の世界を体が「健康」や「」という症状で具現化しているという意味だと僕は解釈している。

脳内で創った仮想現実の世界の臨場感に対し、体が好ましくない反応をしている状態が病気だ。

国の発展と衰退も同じく、中央集権が思い描く国の構想や立案に対して、国民が「発展」や「衰退」という形で具現化して答えている。

国を人体に例えると、脳が中央集権だとしたら、五臓六腑である肺臓・心臓・脾臓・肝臓・腎臓、大腸・小腸・胃・胆・膀胱・ 三焦などが、地方都市の自治体に当たる。

そしてそれ以外の何十兆とも言われる細胞が国民。

細胞にも国民にもそれぞれ意志があって、同じ理想や思惑を持ったもの同士が集まれば、何らかの機能を持った機関になる。

その機関に潜在している力次第では、人体や国そのものを動かすアクションを起こせる。

しかし中央集権や地方都市、脳と五臓六腑が持つ力の方が強く、それを超える意志がないと、国や人体を動かすアクションは起こせない。

脳や中央集権も強い意志を持った細胞や国民の集まりだ。

どの細胞、国民よりも優れた機能性を持つ脳機能の部位、省庁を編成して、他の細胞、国民を管理し、服従させようとする。

単独である細胞や国民、規模の小さい機関が国や人体を動かすアクションを起こすには、その意志と規模を拡大しながら地方都市の自治体や中央集権にその力を示す必要がある。

脳や中央集権が明らかに人体や国にとって無理難題だと思われる理想、思惑を掲げても、それに反発したり抵抗したりする意志を持った細胞や国民が大勢いる限り、「自殺」や「国家破綻」は起きないように出来ている。

あらゆる生物が持つ、ただ生きる事だけを目的とした“本能”

この根本的な意志にとって、脳が描く「死にたい」という理想、思惑は、生命の存在そのものを揺るがす無理難題、矛盾を含んでいる。

だからほとんどの細胞が必ずそれに反発、抵抗する。

どれだけ「死にたい」と思っても腹が減るのはそのためだ。

脳の要求が本能に矛盾すれば、体は脳の指令を聞かずに各々勝手な判断で人体が「自殺」という行動を起こさないように機能する。

だから脳が暴走したら、体のいう事を聞くといい。

脳が命令しても言う事を聞かない肉体の部分はどこか?

脳が命令していないのに動き続けている肉体の部分はどこか?

何か行動する時、一番心地よいと感じる身体の部分、感覚はどこか?

そんな感じで脳が創る仮想現実世界に対して肉体のリアクションが示したものを細胞の総意(メッセージ)として受け取ってみればいい。

脳よりもかなり正確に今の自分が置かれている状況を判断していると思う。

ひょっとしたらそれが直感やひらめきの正体であるのかもしれない。

脳だけでなく、体のいう事にも素直になれば人生は好転して充実するはずだ。







-哲学・思想
-

執筆者:


comment

関連記事

社会に従属してしまうマインドセット

子ども頃、僕の生活サイクルは親の生活サイクルに合わせて決まった。 自分ではまだ何も選べないから、着る服も食べる物も行く場所もほとんど両親が決めた。 やっていい事とやってはいけない事も両親が決めた。 僕 …

盆提灯が消えた

恥ずかしながら、盆提灯には迎え火の役割がある事をつい最近知った。 今年はコロナの影響で、実家から「お盆の帰省は控えてくれ」と言われているので、お盆は一人で過ごす事になった。 馬鹿らしいけど、帰省して感 …

マンガ『愛と呪い』物語で救う

不穏な社会。宗教を盲信する家族。父親の性的虐待。私は自分も、この世界も、誰かに殺して欲しいのだった――。酒鬼薔薇世代がくぐり抜けた「あの頃」を見つめ直す半自伝的90年代クロニクル。 原作:ふみふみこ …

たまに行者する

一時期よく山登りをしていた。 きっかけは新田次郎の山岳小説『孤高の人』を読んで影響を受けたからだと思う。 夕暮れに下駄を履いて易々と六甲山に登った破天荒な男が、自身の類稀な登山の才能に目覚め、常に単独 …

大の大人がオイオイ泣いた

あれはいつだったろうか? 僕の父親の友人が、僕の祖母の膝にもたれて、オイオイと泣いていた事があった。 地元の街役場に勤めている立派な大人。 スーツを着て、きちんとネクタイを締めて、自分の家族はもちろん …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク