オカルト・スピリチュアル 哲学・思想

可愛いお金には旅をさせよ

投稿日:2019-03-21 更新日:

何か損な事や不都合な事が起こった時の対処法として、僕には自分で編み出した『メグル』という奥義のようなものがある。

メグル』の奥義は特にお金に関する事に力を発揮する。

自分の欲しい物ややりたい事のためにお金を使う場合はいいんだけど、自分の望んでいない物や事のために使う場合や仕方なく誰かのために使う場合、人はそこに「無駄金を使う後悔」という精神的なダメージを負うと思う。

そういう場合にこの『メグル』の奥義を発動すると、その精神的なダメージを軽減する事が出来る。

メグル』を発動すると、無駄金だと思って自分が手放したお金の行く先をプラス思考で捉える事が出来る。

そのお金がいろんな人の役に立ちながら、巡り廻ってまた自分の元へ帰ってくるイメージを創り出す事が出来るようになるのだ。

なんとなく損した気分になるのは、自分がお金を使った相手や場所だけでそのお金が止まってしまうイメージを持ってしまうからだと思う。

メグル』のイメージは、お金がいろんな人や場所を旅して、絶えず循環しているイメージだ。

たとえば僕が『メグル』の奥義を使って誰かに奢ったとする。

後輩に奢ったとしたら、そのお金は後輩から彼女へ、彼女から彼女の友達や家族へお金が巡っていくイメージが湧いて来る。

そして絶えず巡っていくお金は常に誰かが誰かを思い遣る温かい行為の連続で、時にどこかで人の命を助けていたりする。

仮にボッタクリや詐欺商法などに遭って失ったお金でも、巡り廻っているうちに、本当にお金に困っている誰かのところへ渡っていくかもしれない。

そう考えると、無駄にお金を失うという精神的なダメージがなくなる。

人を騙してお金儲けをする事は確かに悪い事ではあるけど、僕はそうせざるを得ない理由や動機には、常に切羽詰まった事情があるような気がしていて、それを了承したうえで、いつかどこかでこのお金が誰かのために使われる事を願いながらお金を手放すようにしている。

自分の元を離れたお金がその後にどんな使われ方をするのか実際には知らなくても、無駄なお金なんて1円たりとてないと思う事が出来る。

そのお金は『メグル』の奥義によって、必ずまた僕のところへ戻って来ると信じている。

だから僕はこれまでお金に困った事がない。

今までずっとバイトや派遣の仕事ばかりしているけど、自分に本当に必要な物をきちんと把握しているから、世間が言うほど非正規労働の貧困を感じる事もない。

生活して遊ぶお金もあるし、無駄なお金を使う事がないので「もっと稼がなくてはいけない」という焦りもない。

だから時間的にも人より余裕がある方だと思う。

奪い合うのではなくて、与えて与えられる。

このイメージが現実に作用しているように思えるのが『メグル』の力だ。

想像力を働かせれば『メグル』はお金だけではなく、時間や気の使い方なんかにも応用出来ると思う。







-オカルト・スピリチュアル, 哲学・思想

執筆者:


comment

関連記事

人類滅亡

もし人類が滅亡したら

もし人類が滅亡したら 僕はたった一人生き残った世界に巨大な『バベルの塔』を建設するつもりでいる。 この計画を立てたことで、僕はこの現実世界で今後いかなる悲惨な出来事が起きても、おそらく絶望しないで済む …

ブログは思考と感情のデトックスになる

僕がSNSやブログをやりはじめた理由は「自己承認欲求」を満たすためだ。 自分が過去に抱えていた悩みや問題などを綴り、それに対して自分はどう考え、どう対処して来たか? それを世の中の人に知って欲しい。 …

マンガ『僕とフリオと校庭で』観念と実存の狭間で揺れる

ネットの動画で「幽霊はいる? いない?」をテーマに論争している番組を観た。 過去何度もやって来た論争だと思うけど、僕はこのテーマに関しては今後何年経っても決着がつかないだろうな、と思っている。 僕の祖 …

ダークナイト

映画『ダークナイト』無敵の人が理解出来ないヤバイ社会

あらすじ 悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪 …

日常空間で死ぬようなものはARTではない

僕はARTに関してあまり教養がない。 僕は創作する喜びを得たくてARTをやっているだけなので、自分の作品にも他人の作品にもあまり興味がない。 たまに美術館や個展を観に行ったりするけど、わけのわからない …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク