哲学・思想

ブログは思考と感情のデトックスになる

投稿日:2019-08-22 更新日:

僕がSNSやブログをやりはじめた理由は「自己承認欲求」を満たすためだ。

自分が過去に抱えていた悩みや問題などを綴り、それに対して自分はどう考え、どう対処して来たか?

それを世の中の人に知って欲しい。

それが誰かのためになるかは分からないけど、なればいいな、という想いはある。

伝えたい事が見つかると、いつもパソコンに向かって何か書いている。

僕は口で語るよりも、文章を書いた方がより相手に自分の伝えたい事が理解してもらえるような気がしていて、反応が無くても、読んでもらえる機会を作った事で自己承認欲求が満たされる。

普段何気なく生活していると、僕の脳は自分にとって良い情報も悪い情報も精査せずに何でもどんどん拾ってしまう。

好奇心が旺盛だからいろんな事を知りたがり、常に頭の中が雑多な情報でパンパンだ。

食べたらトイレでウンコをするとスッキリするみたいに、SNSやブログを書くと頭や気分がスッキリする。

モヤモヤした思考と感情で書き始めても、書いているうちにだんだんまとまり、冷静になって来る。

書く事によって自分の心境や状況が第三者の視点で見れるようになり、今の自分に不要な情報や感情が明確になるのだ。

僕にとって書くことは自己承認欲求を満たすためでもあるけど、この書き終わりに訪れる思わぬデトックス効果が欲しいためでもある。

喰う、寝る、書く。

それくらい僕にとって書く事は重要だ。

だからこのブログは僕の糞詰まりな思考と感情を垂れ流したトイレみたいものだけど、より読みやすく、より伝わるように時々リライトしている。

目標は神話や哲学書みたいに何百年、年千年と読み続けられるようなブログの構築。

生涯のライフワークとしてこれからも書き続けたい。







-哲学・思想
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

映画『葛城事件』 決して他人事ではない愛着の問題

あらすじ 親が始めた金物屋を引き継いだ清は、美しい妻・伸子(南果歩)との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうち …

究極のマイノリティを想像する

差別や偏見をなくしたい。良識のある大人なら誰でもそう思った事があると思う。実際に差別や偏見を受けた人ならなおさらだろう。僕は差別や偏見を受けた事が特にないけど、普段なるべく、人を差別しない、偏見を持た …

うつ病の簡易チェックテスト

最近の自分の状態を元に以下の20の項目に答えてください。 採点方法は以下のとおり。 「いつも→4点」「しばしば→3点」「ときどき→2点」「めったになし→1点」で計算してください。 質問 1.気分が沈み …

不幸なニュースを見るから不幸な気持ちになる

僕はテレビもネットもあまり見ない。 そうすると、自分の生活圏である日常からしか情報が入って来ないので、概ね平穏な日々を送る事が出来る。 でも一度テレビやネットを見出すと、そこには連日不幸な事件や不快な …

自己開示

僕が自己開示する理由

自分と他人を比較して、相対的な幸福を追い求める人たちは、自分や他人のプライベートな部分に敏感だ。 人の不幸は蜜の味。 自分が幸福でなければ他人の幸福も素直に喜べない弱さがある。 出来る事なら他人の心の …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク