哲学・思想

法案を考案してみた『未成年のイジメ行為防止法案』

投稿日:2019-09-17 更新日:

小学校の時にイジメを経験したので、イジメを防止するための法案を考えてみた。

【目的】

学校などの集団生活の場で起こるイジメは、被害を受けた未成年の心身に深刻な障害を与え、その苦痛と不快な体験の記憶により、被害者の社会生活に重大な困難を発生させるおそれがあるため、イジメを犯罪行為として位置づけ、未成年にも将来的に法的処罰を下す事によって、イジメを防止するのが目的である。

【イジメを犯罪行為とする基準】

集団、個人による一方的な暴力行為、人権侵害に当たる誹謗中傷行為、金品の要求、性的虐待行為、犯罪行為の強要など

【措置】

学校側は生徒からイジメ被害の訴えがあれば、速やかに事実関係を調査しなければいけない。

被害者、加害者、第三者からの目撃証言を取り、イジメの物的証拠となるものや記録などを収集し、警察へ捜査を依頼する。

警察による捜査でイジメ行為が立証されたら、被害者からの訴えの取り下げや、和解が成立する機会を持ち、訴えの取り下げ、和解が成立しなければ犯罪行為として認められる。

【罰則】

イジメの加害者に対しては、成人後に社会福祉への貢献を目的とした刑罰が与えられる。

極めて悪質な内容のイジメに関しては加害者の保護者にも同様の罰則が与えられる。

またイジメの訴えを学校側が拒否、または隠蔽した事が発覚した場合にも同様の罰則が与えられる。

【罰則事項】

①障碍者支援を目的とした特別税金の納付義務

②生活保護の権利剥奪。

【罰則期間】

加害者が定年退職を迎えるまでの期間に及ぶ。

加害者が求職の期間であっても、必ず納付の義務がある。

以上が『未成年のイジメ行為防止法案』の概要。

また法案を思いついたらブログにアップしようと思う。

関連記事

今、学校でイジメを受けている人たちへ







-哲学・思想
-

執筆者:


comment

関連記事

子供たちに教えてもらった大事な事

東京の生活をやめて地元に帰り、一年くらい妹夫婦の家に居候していた。 甥っ子が二人いて、2年くらい一緒に過ごした。 その間、僕たち大人が良かれと思って子供たちにあれこれ教育的指導をしていく中で、逆に二人 …

僕が考えた怖い遊び

はじめに 真似はしないでほしい。 小学校3年くらいの時、僕は学校の友達と僕が考えた「ムシムシ」という遊びをやっていた。 ルールは単純で、ジャンケンで負けた人をただひたすらみんなで無視するだけ。 なぜこ …

Google様の言うとおり

『Google秘録』を読んだ。Googleの創業と発展までの経緯をかなり詳細に語っている。創業者である、ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンは天才的な才能を持つオタク気質な人たち。自分たちの作りたいサービ …

アドラーもお釈迦様も使えない

アドラー心理学の『嫌われる勇気』がベストセラーになったけど、この本を読んで嫌われる勇気を持てたという人はどれくらいいるだろうか?実践してみて、相手の課題と自分の課題を分離させ、実際に嫌われて、主体的に …

僕と犯罪者の境界線

神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇(元少年A)が書いた『絶歌』と、英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害した市橋達也が書いた『逮捕されるまで』を読んだ。 僕は犯罪者にすごく興味があって、彼ら自身が証 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク