哲学・思想 芸術

もし人類が滅亡したら

投稿日:2019-09-19 更新日:

もし人類が滅亡したら

僕はたった一人生き残った世界に巨大な『バベルの塔』を建設するつもりでいる。

この計画を立てたことで、僕はこの現実世界で今後いかなる悲惨な出来事が起きても、おそらく絶望しないで済む。

僕はブリューゲルの『バベルの塔』の絵が好きで、自分でもバベルの塔をモチーフにした作品を創ったりしている。

「土地があったらいつか等身大のバベルの塔を創りたい

現状不可能だけど、そういう夢がある。

僕にとって一番絶望的な出来事って何だろう?と考えた時、それは失業でも失恋でも病気でも親しい人との死別でもなくて、何らかの事態で人類が破滅した後に、たった一人だけポツンと生き残ってしまう事だと思った。

家族、恋人、親友、親族、知り合い、通りすがりの人、疎遠になった人、まだ出会っていないその他大勢、人間以外の動物……。

生命と呼べるものが僕以外に誰もいなくなってしまった世界。

孤独を感じる必要もない完全に孤立した世界で、それでも死ねずに生き続けなければならないとしたら僕は何をやって生きればいいんだろうか?

死ぬまで孤独な人生を謳歌するための暇つぶし。

ふと浮かんできたのは、壊れた文明の瓦礫を集め、一人せっせとそれを積み上げてバベルの塔を建設しているイメージだった。

人類最後の生き残りが創る最後の芸術。

そんなものを創れたら最高だな、と思った。

一生の暇つぶしだから岡本太郎さんの『太陽の塔』よりも大きく、その芸術性も高いものにしなければならない。

完成してもしなくてもいい。

創り続けることだけを生き甲斐とし、作りたい空間やデザインをどんどん拡張していって、僕が人類を代表してそこに残しておきたいと思う人類の遺産を記念として配置する。

アントニオ・ガウディの『サクラダファミリア』とか『シュバルの理想宮』みたいなノリで、壮大なものをたった一人で創るつもりでいる。

誰もいないから土地は腐るほど余っていて、材料はそこら中にある。

金だって一銭もかからない。

この地球を僕が好き勝手使っても誰にも文句を言われない。

賞賛する人も批判する人もいない。

芸術家の僕にとってこれほど自由にモノづくりが出来る環境は他にない。

そう考えると絶望するどころか、早くそうならないかな、とすら思えてくる。

そして最上級の絶望に対処する方法を見つけたわけだから、それ以下の悲劇的な出来事はもう余裕だろう。

だからみんなも自分にとって一番大きいと思われる絶望を想定して、思いつくまでその対処法を考えておくといいかもしれない。







-哲学・思想, 芸術
-,

執筆者:


comment

関連記事

映画『15時17分、パリ行き』明確なビジョンに起こる運命

あらすじ 2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせ …

ひょっとして前日にSEXしてるんちゃいますか?

僕は東北出身だけど、大阪に住んで3年くらい経つから関西弁でエッセイ?みたいなもんも書いてみようかと思う。 僕は休みの日になると、朝マクドに行って本を読む。 チキンクリスプマフィンのコンビを頼んで2時間 …

社会に従属してしまうマインドセット

子ども頃、僕の生活サイクルは親の生活サイクルに合わせて決まった。 自分ではまだ何も選べないから、着る服も食べる物も行く場所もほとんど両親が決めた。 やっていい事とやってはいけない事も両親が決めた。 僕 …

映画『パラサイト 半地下の家族』 人生は煉獄

あらすじ 半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していた。ある日、たまたま長男のギウ(チェ・ウシク)が家庭教師の面接のため、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ね、兄に続いて妹 …

マンガ『愛と呪い』物語で救う

不穏な社会。宗教を盲信する家族。父親の性的虐待。私は自分も、この世界も、誰かに殺して欲しいのだった――。酒鬼薔薇世代がくぐり抜けた「あの頃」を見つめ直す半自伝的90年代クロニクル。 原作:ふみふみこ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク