哲学・思想

法案を考案してみた【安楽死自由化法案】

投稿日:2019-09-28 更新日:

僕のTwitterのタイムラインに安楽死を望むツィートがたまに流れて来る。

自分の置かれている現状が苦しい

今後の将来が不安で何の希望も見出せない

楽なうちに死にたい

楽に死なせてほしい

日本も安楽死制度を導入して、個人が自由に死ねる権利を認めてほしい

そんな声が多い。

気持ちはわかるけど、個人的感情でしかない要望に政府が耳を傾けてくれるだろうか?

国家の本音としては、国民の命は国益を生み出すための資本でしかない。

憲法が定める基本的人権の尊重は建前に過ぎず、国家を支えるための従順で有益な労働力、人材として扱うために、教育、労働、納税の義務を課している。

人生が辛いから死にたい」などという個人の主観的な悩みや問題を理由に勝手に死なれては困るのだ。

安楽死制度が通るように政府を説得するには、個人が自由に死んでも国や社会にメリットがあるような提案をする必要がある。

だから僕は条件付きで国から安楽死が認めてもらうような法案を考えてみた。

【安楽死自由化法案】

【基本理念】

国民に安楽死を選択する権利を与える事は、困難な人生を生きる事への苦痛、将来への不安の軽減につながるものであるというのがこの法案の信条。

憲法が示す基本的人権の尊重に基づき、国民個人が経済的理由や難病による理由で生活が困窮し、それが人間の尊厳に関わる重度なものである場合は、本人の希望により安楽死の選択を認めるものとする。

また定年退職を迎えた国民に対しても、その後の余生にさしたる希望が見出せない場合は、年金受給資格と引き換えに安楽死による早期の幕引きを老後の選択として認めるものとする。

【目的】

国民個人に自由に死を選択する権利を与える事で個人の尊厳が保たれ、なおかつ国民の生活保障に関わる財政の負担を軽減する事を目的とする。

【安楽死後の個人の財産権について】

安楽死を選択した国民の財産は国や各地方自治体に寄与され、財政として運用されるものとする。

以上が【安楽死自由化法案】の概要だ。

実際にこの法案を通して実用化するのにいろいろな課題はあると思う。

以前、自殺幇助を国が認める社会をテーマにした小説なんかも書いてみたので、興味があればそちらも読んでみてほしい↓

星空文庫『冥土のミヤゲ』







-哲学・思想
-, ,

執筆者:


comment

関連記事

映画『地獄の黙示録』 戦争という体験によって明るみになるもの

あらすじ ジャングル奥地に自分の王国を築いた、カーツ大佐の暗殺を命じられるウィラード大尉。道中、様々なベトナム戦争の惨状を目の当たりにしながら、ウィラードは4人の部下と共に哨戒艇で川を上っていく……。 …

自然の法則は資本主義を淘汰する

僕にとって資本主義とは人間一人一人の欲が集まった怪物のようなものだ。 お金を産み出す資本(土地・施設・設備)を持った資本家たちが怪物の頭部。 その資本家たちが作った製品やサービスを売る商業資本(小売業 …

マンガ『愛と呪い』物語で救う

不穏な社会。宗教を盲信する家族。父親の性的虐待。私は自分も、この世界も、誰かに殺して欲しいのだった――。酒鬼薔薇世代がくぐり抜けた「あの頃」を見つめ直す半自伝的90年代クロニクル。 原作:ふみふみこ …

アウトサイダー世に憚る

このブログのタイトルにしている「嗤う狐」。 これは僕が小さい頃から付き合っているニヒルでアウトサイダーな意識につけた名前だ。 「嗤う狐」の時の意識は全ての出来事を感情を挟まずに俯瞰する視点を持っている …

未来は行くもの、来るもの

僕がこのコロナ禍を乗り越えられるかどうかは正直分からないけど、この事態を乗り越える事が出来たら、その後の人や社会は今より良くなっていると思う。 未知のコロナウィルスによって、グローバリズムが抱えていた …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク