芸術

映画『アキレスと亀』 創る阿呆に観る阿呆

投稿日:2019-11-25 更新日:

あらすじ

絵を描くのが大好きな少年・真知寿(吉岡澪皇)は、自宅を訪れた画家に自分が描いた絵をほめられて、赤いベレー帽をもらう。真知寿は、その日から画家になることを夢見て毎日のように絵を描くようになる。そんなある日、父親(中尾彬)の会社が突然倒産して両親が立て続けに自殺を図ってしまい、真知寿の人生は暗転する。

監督:北野武

キャスト:ビートたけし,樋口可南子,麻生久美子

最近また絵を描きはじめた。

パソコンのペイントソフトか、タブレットのスケッチソフトを使って毎日2枚ほど描いている。

気に入った作品はpixivfactoryにキャンバス制作してもらい、現物の仕上がりを見てからネットショップで売っている。

仕上がりを確認するための初版は作品を気に入ってくれた人にあげる事にしている。

作品はまだ全然売れないし、正直まったく売れる気がしないけど、それでも創作しているのが楽しいので、創って売り続けようと思っている。

売れても売れなくてもとにかく頭の中が芸術の事でいっぱいだ。

僕もこの映画の主人公である真知須同様、小さい頃に周りの大人たちから絵を褒められてその気になり、ずっと芸術をやっている人間だ。

作品を褒めてもらっただけでなく、楽しそうに描いている態度だったり姿勢も褒めてもらった。

そのおかげで芸術に対する根拠のない自信が芽生え、死ぬまでやめる理由がなくなってしまった。

小さい頃に大人たちに騙されてその気になった人間は真っすぐに捻くれる。

真知須は僕よりひどくて芸術しか出来ず、芸術の事以外は無頓着な人間だ。

奥さんに「帰ろ」と言われるまで、人間性さえも疑われてしまうくらいに芸術にハマってしまった本物の芸術家。

僕は運良くそこまでハマらなかったので、正気を保ったまま器用に世渡りするような芸術家になってしまった。

でもこの映画を観ると、真知須に対して強烈な嫉妬を感じている自分がいる事に気付く。

芸術や芸術家をとことん美化するような物語が多い中で、芸術や芸術家に対する世間の本音とか辛辣な態度を思いっきりぶつけている北野監督の誠実さにも深く共感した。

誰もはっきり言わない芸術のリアル。

芸術は高尚なものだと信じて、唯一無二の個性を発揮しようとする僕たち有象無象の人間たちに突きつけられる残酷物語ではあるけど、“芸術”というわけのわからないものに翻弄される人間たちをユーモアに描いている部分には、芸術や芸術家をなんとか理解しようとする北野監督の愛情や尊敬の念なんかも感じられて、ありがたい気持ちになった。

僕は芸術は創る方も観る方もアホでなければいけないと思っている。

お互いがアホである事を自覚しつつ、高尚なフリをするのが芸術。

そんな思いが芸術に対してある。

だからこの映画は僕みたいな芸術家の良き理解者である。

そう勝手に解釈している芸術映画の名作だ。







-芸術
-

執筆者:


comment

関連記事

マンガ『愛と呪い』物語で救う

不穏な社会。宗教を盲信する家族。父親の性的虐待。私は自分も、この世界も、誰かに殺して欲しいのだった――。酒鬼薔薇世代がくぐり抜けた「あの頃」を見つめ直す半自伝的90年代クロニクル。 原作:ふみふみこ …

アニメ『もののけ姫』母性に見放された世界

あらすじ 山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。エボシ御前 …

マンガ『銀河鉄道999』 機械化や生物どもが夢の跡

『やりすぎ都市伝説2019』の放送の中で、トランスヒューマニズムの第一人者ニック・ボストロムが、脳波でロボットを遠隔操作する方法について解説している場面があった。 脳細胞を機械と繋ぐチップを作り、周り …

映画『15時17分、パリ行き』明確なビジョンに起こる運命

あらすじ 2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせ …

映画『万引き家族』社会に背を向けて生きる人たちの絆

あらすじ 治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク