オカルト・スピリチュアル 哲学・思想 芸術

夢で教わった“ART”の定義

投稿日:2019-12-05 更新日:

先日夢の中で“ART”とは何か?を僕に諭す人がいた。

その人が言うには“ART”とは「Animism Regression Trance」の略語で、“人間がアニミズムに回帰するためのトランス状態の中で創るもの”という意味らしい。

人間には不可解な現象や曖昧な感情を、言葉や色、形を使って表現し、新しい概念として理解する力がある。

芸術家とはその力を使って積極的に新しい概念を生み出す者であり、その概念が普遍的なものとして世に受け入れられる事を喜びとする。

古代人はその芸術の力を使って、太陽、雨、風、海の波音、捕食関係にある動物など、自分たちが接する自然界への脅威や恍惚感、畏怖の念などを言葉にし、色や形に変えて“アニミズム”の概念を誕生させた。

万物に霊が宿るとするアニミズムの概念を獲得したことで、人間は自然界が自分たちにもコントロール可能な領域であると認識するようになった。

そして古代人は自然現象や動植物の生態系が持つメカニズムを霊の働きに置き換え、祀り、祈り、踊りなどの行為を通して霊と交感、交流し、自然界から得る恩恵と害悪を自分たちのコントロール化に置いて、日々の暮らしに役立てて来た。

それが古代から現代に至るまで芸術が果たしてきた社会的役割であり、表現によって新しい概念を生み出すのが芸術家の使命だと。

僕は現在、パソコンのペイントソフトを使って絵を描いている。

ペンや筆の代わりにマウスを握り、パソコン上にある架空のキャンバスを線や色、形で埋めていく。

コンセプトが思いついてから描く事もあるけど、ほとんどの場合、衝動的な感覚だけを頼りに描いている。

ペイントソフトのツール項目から色を決めて、線を決めて、形を決めて、何も考えずにとにかくどんどん作業を進めていく。

ある程度画面が色や形で埋まっていくと、その段階の視覚情報から何か閃きのようなものが起こり、表現の方向性が風景や生物などの、確かな概念に決まっていく。

夢の中の人が言うように、ARTが「Animism Regression Trance」“人間がアニミズムに回帰するためのトランス状態の中で創るもの”なら、完成した絵の構図や色彩は既に僕の中にテーマやコンセプトとしてあったのだろう。

だから集中力が続く限り何枚でも描ける。

ペイントソフトを使う理由は、ペンや筆より不思議とマウスの方が集中して描けるからだ。

僕は小さい頃からクレヨンや色鉛筆、水彩絵具などで絵を描き、専門学校では日本画、油絵、彫刻なども一通りやった。

以前はパソコンなどのデジタルツールを使ったART創作は邪道だと思っていたけど、ペンや筆にはないマウス独特の描き心地が楽しかったり、どの画材よりもペイントソフトが一番トランス状態に入りやすかった。

パソコンの画面とマウスの操作性上、アナログの画材にしか出せない質感や、緻密で正確な線描写などの表現はあまり出来ないけど、逆にアナログの画材では出来なかった新しい表現の可能性を秘めているので、僕の性に合っている。

一番トランス状態に入りやすい制作スタイルが見つかったので、それをもっと長時間維持出来るような環境なども模索しながら、これからも創作を続けたいと思う。







-オカルト・スピリチュアル, 哲学・思想, 芸術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

映画『存在のない子供たち』僕を生んだ罪の行く末

あらすじ 12歳のゼインは、中東のスラムで両親とたくさんの兄弟姉妹と住んでいるが、親が彼の出生届を出さなかったため身分証明書を持っていなかった。彼は11歳の妹と仲が良かったが、知人の年上の男性と無理や …

飲むより書く

何か問題を抱えていたり、嫌な事を思い出したりして、なんかムシャクシャしたり、モヤモヤする時がある。頭の中が不安に支配されて悩み続ける時がある。そんな時、「飲まなきゃやってられん!」と、たくさんお酒を飲 …

映画『愛しのアイリーン』愛はお金で買えるのか?

あらすじ 岩男(安田顕)がアイリーン(ナッツ・シトイ)を連れて久しぶりに故郷の村に帰省すると、死んだことを知らずにいた父親の葬儀が執り行われていた。42歳になるまで恋愛とは無縁だった彼がフィリピンから …

可愛いお金には旅をさせよ

何か損な事や不都合な事が起こった時の対処法として、僕には自分で編み出した『メグル』という奥義のようなものがある。 『メグル』の奥義は特にお金に関する事に力を発揮する。 自分の欲しい物ややりたい事のため …

社会に従属してしまうマインドセット

子ども頃、僕の生活サイクルは親の生活サイクルに合わせて決まった。 自分ではまだ何も選べないから、着る服も食べる物も行く場所もほとんど両親が決めた。 やっていい事とやってはいけない事も両親が決めた。 僕 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク