哲学・思想 芸術

ARTに生みの苦しみはいらない

投稿日:2019-12-11 更新日:

必死こいてアピールしなくても良い物を創れば必然的に残るはず

そう思って、以前仙台の海岸で専門学校の友達と立体のARTを創った事があった。

誰が創ったのかわからないARTのような造形物がもし海岸にポツンとあったら、人はそれをどう思ってどう扱うのか?

それを知る実験。

海岸に落ちている物だけを使って創るルールにして、僕は錆びたタイヤのホイールなどの金属素材を集めて城のような立体物を創った。

友だちは流木とロープ状の物を拾って来て、テント?結界?

とにかくそういうイメージのものを創っていた。

他人の作品の良し悪しはよくわからないけど、なんとなく自分の作品の方が良いような気がした。

ただどっちの作品もそんなに長くは残らない気もした。

誰かが芸術的感性で意図的に創った物である事は理解してもらえると思うけど、いつまでも保存しておきたくなるような見ごたえまではなかった。

波に飲まれて風化するよりも早く、海水浴に来た客にあっけなく壊される。

そんな気がした。

作品が完成してから記念に写真を撮り、それから二人で作品の近くに大きな落とし穴を掘った。

作品にイタズラしようとした人を穴に落とすイタズラ。

なぜか無性に楽しかった。

ARTなんて創って発表してしまえば誰かが好き勝手評価してくれる。

生みの苦しみなんていらない。

友だちはそれからニューヨークに渡ってアートスクールに入り、今もまだARTをやっている。

賞をもらって、作品もいくらか売れたりしたみたい。

でもSNSを通して彼の様子を見ていると、あの時みたいに楽しくは創れていない気がする。

彼らしい作品の雰囲気は変わらないけど、前より不自由さを感じる。

おまえもニューヨークに来い」って何度か誘われたけど、僕は言葉も通じない国で楽しくARTをやる自信がないから、ずっと日本でやる。

僕にとってARTは人生を楽しむための手段でしかない。

ARTをやる事が人生の目的ではないのだ。

必死こいてアピールしなくても良い物は必然的に残るはず。

その気持ちは今も変わってない。

残らないなら全部駄作でいい。

こんな過渡期の地球で毎日自分の好きなように絵が描けるだけでも幸いだと思う。

結局あの時創った作品がその後どうなったのかは確認していない。

15年くらい前の話だし、東日本大震災で津波があった海岸だから、もう残ってないのだけは確かだ。

でも楽しかったからそれでいい。







-哲学・思想, 芸術

執筆者:


comment

関連記事

小説『ドグラ・マグラ』 男女の絆と遺伝子の悲劇

僕には生まれた時から心臓疾患がある。 兄夫婦の間に生まれた姪っ子にも生まれた時から脳性麻痺の疾患があった。 人が何らかの障害を持って生まれて来る理由として、環境的要因であるとか、確率的な結果であるとか …

日本沈没

映画『日本沈没(2006)』 政府の本音

あらすじ 大規模な地殻変動によって日本列島が海中に沈没するという危険性が指摘され、それを証明するかのようなマグニチュード8以上の大地震が次々と発生する。そんな中、大地震の被害にあった潜水艇のパイロット …

マンガ『ライチ光クラブ』 最後の抵抗期

14歳の少年たちが、自分たちの遊び場的なノリで作った「ライチ光クラブ」。 そのクラブに“ゼラ”という少年が加入した事で、ナチスドイツのようにカルト化した少年たちが、世界征服の野望を抱いて怪しい活動を展 …

脳と体は国家と国民である

以前書いた『飢餓状態で本能が目覚める』という記事を書いた。 その中で僕は、人は頭では「死にたい」と思っても、体はその思いとは裏腹に生きようとするという内容を主張した。 僕は脳と体(各細胞)の機能には、 …

自己開示

僕が自己開示する理由

自分と他人を比較して、相対的な幸福を追い求める人たちは、自分や他人のプライベートな部分に敏感だ。 人の不幸は蜜の味。 自分が幸福でなければ他人の幸福も素直に喜べない弱さがある。 出来る事なら他人の心の …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク