哲学・思想 芸術

才能に起こる異変

投稿日:2019-12-16 更新日:

専門学校のクラスメイトに知的障害を持っている年上の人がいた。

人物、静物、風景などの写実的な描写だったらその人がクラスでダントツに上手かった。

実物そのものと変わらない立体感、重量感、透明感、空気感まで完全に描き切る。

障害を持って生まれて来た代わりに授かった特殊な才能か?」と感じさせるレベルだった。

僕が通っていた専門学校の造形美術科には美大を受からなかった理由で入学して来た人もいたので、彼のずば抜けた才能と実力は羨望の的であると同時に、嫉妬の感情を持つ人もいた。

僕も彼の才能には驚いたけど、僕自身は絵が上手いか下手かについてはあまり問題視していなかった。

専門学校時代にデッサンやスケッチの習作をして多少は上達したけど、絵が上手くなる事にあまり喜びを感じなかったし、僕にとってデッサンやスケッチの時間はただ退屈なものでしかなかったからだ。

練習はいいからもっと作品を創りたい。

そんな感じでいつも学校に通っていた。

絵の上達よりも自分が好きな画家の作品を真似て描いたり、自分で試行錯誤しながら描いていった中で独自の表現手段を獲得していく方が自分の性に合っていると常に思っていた。

ARTに関する知識についてもそうで、一応美術史などの授業も受けたけど、その時はあまり興味がなく、興味が出た時にまた学べばいいと思っていた。

みんな「芸術がやりたい、芸術家になりたい」と思った時点で、食っていく保障のない道に飛び込む覚悟くらいはしていたと思う。

就職先もほとんどなく、画家として成功するための明確なフローチャートもないような世界で、とにかく絵が描きたい。

僕はそれだけの理由で学校に入った。

だから僕は自分が自発的に興味や関心を示した事や、必要だと感じた時以外にしか学べない。

いつか役に立つかもしれないから学ぶ。

そういう姿勢では何も学ぶ事が出来ない。

必要性を感じていない状態で無理やり学ぼうとしても、確かなスキルや知識の習得には繋がらなかった。

だから知的障害のクラスメイトのように人より抜きん出たスキルは持っていないけど、必要に応じて手に入れた幾つかのスキルで自分らしいと思える作風の絵を描いていた。

知的障害のクラスメイトをリスペクトしつつ、僕は僕なりのスキルを磨いた。

そんな中、あれほど写実的描写においては他者の追随を許さなかったクラスメイトの絵が、ある日なぜかまるで変わってしまった。

石膏像のデッサンでは、顔の造形から身体の造形に至るまで、全てが歪になり、立体感、重量感、透明感、空気感まで見事に再現していた濃淡が全てただの黒一色になった。

彼は常に何か不満そうに絵を描いているような印象があって、それがついにここへ来て爆発した感じ。

突然起こった才能の異変にみんな驚いたけど、彼は何も気にせず、ただ無茶苦茶に描き殴っていた。

デッサンに限らず、油絵での作品制作も、あらゆる物体のフォルムが歪で、その色使いも混沌としていた。

理由はまったくわからない。

ただ彼が得意としていた写実的描写は彼の本分ではなかったのかもしれない。

彼はそれから写実的な絵をほとんど描かなくなった。

でも卓越したスキルとこれまで培って来た写実表現の高評価をすっぱりと捨てて、新しく生まれ変わったように絵を描く彼を見て「この人やっぱりスゴイな」と思った。

誰かが欲しいと思った才能を、いとも簡単に捨てる。

それも一つの才能なのだろうか?

彼はもうこれまでのような賞賛を浴びる事はないかもしれないけど、本当の才能を発揮してこれまでより良い作品を創るんだと思う。







-哲学・思想, 芸術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

可愛いお金には旅をさせよ

何か損な事や不都合な事が起こった時の対処法として、僕には自分で編み出した『メグル』という奥義のようなものがある。 『メグル』の奥義は特にお金に関する事に力を発揮する。 自分の欲しい物ややりたい事のため …

映画『桐島、部活やめるってよ』 不在の存在証明

あらすじ とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつ …

マンガ『僕とフリオと校庭で』観念と実存の狭間で揺れる

あらすじ 抜け出せない不思議世界の迷路。 原作:諸星大二郎 ネットの動画で「幽霊はいる? いない?」をテーマに論争している番組を観た。 過去何度もやって来た論争だと思うけど、僕はこのテーマに関しては今 …

僕と犯罪者の境界線

神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇(元少年A)が書いた『絶歌』と、英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害した市橋達也が書いた『逮捕されるまで』を読んだ。 僕は犯罪者にすごく興味があって、彼ら自身が証 …

アニメ『鬼滅の刃無限列車編』僕が泣く理由

あらすじ 蝶屋敷での修業を終えた“鬼殺隊”の竈門炭治郎は、短期間で40人以上が行方不明になった“無限列車”を捜索する任務に就く。妹の竈門禰豆子を連れた炭治郎と我妻善逸、嘴平伊之助は、鬼殺隊最強の剣士“ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク