哲学・思想

実感無き深刻な事態を受けて

投稿日:

今日ネットニュースを見たら、志村けんさんが亡くなっていた。

数日前までは大丈夫そうな印象があったけど、突然逝ってしまった。

その事に驚きはあっても、あまり実感はなく、悲しみもそれほど湧いて来ない。

子供の時から大好きな芸人さんではある。

僕は志村さんの存在をテレビで知り、テレビで観る志村さんしか知らない。

テレビで志村さんのお笑いに触れ、その面白さに笑い転げ、親しみを感じていた。

だけどそれは僕の一方的な親近感で、志村さんは僕の身近な人ではないのだ。

家族や友達が亡くなった時のようには悲しめなくて当然の人だったのだ。

その事に志村さんが亡くなってから気付いた。

志村さんが亡くなるきっかけとなったコロナにしてもそうだ。

未だ実感がない。

目に見えないウィルスの存在をどうやったら実感出来るというのだろう?

情報を知って想像する事はもちろん出来る。

確実に存在するのだろう。

でも、どこにいるのかまるで見当がつかない。

僕はインフルエンザに罹った事も、重度の肺炎になった事もないので、コロナウィルスに感染した時の症状すら実感する事が出来ない。

風邪なら引いた事があるから実感出来るけど、それで死に至る事まではやはり実感出来ない。

実感する事が何一つないまま、事態だけが深刻化している。

『ロックダウン』『首都封鎖』

まるで映画のタイトルだ。

マスコミが終末的な雰囲気を煽って、浮かれているだけのような気もする。

目の前で突然誰かが倒れ、苦しみもがいて死ぬ様子を目にするまで、僕はこの非日常的な事態をおそらく実感出来ないだろう。

でも僕はドロップアウトした時に体験した非日常的な実感を持っている。

それがこの深刻な事態に対してどう機能するか?

そこに賭けているところがある。

飲まず喰わずで死に通じる飢えを実感し、真冬の野宿でも耐えがたい寒さを実感した。

そんな事を一度体験しているので、失業する事や家を失う事がそれほど怖くない。

飢餓の恐怖を克服するために10日間ほど断食を経験してみたりもした。

断食をして実感したのは、人は意識を変えれば飢餓すらも克服して、心身は衰弱するどころかむしろ快調だった事。

あくまで10日間までの実感でしかないけど、これは僕にとって貴重な体験だった。

だから飢える事についてもそれほど怖くない。

買い占めも、買い溜めもしなくて済む。

食糧難で周囲がパニックになっても、略奪したりせずに済むと思う。

毎日ネットニュースを眺めながら世界的な危機を想像しつつ、自分の日常にそれを照らし合わせようとはしているけど、自分の身に何か重大な出来事が降りかかるまでは特に怯える必要はない。

というより、実感がないので怯える事が出来ない。

志村さんは御年70歳だ。

ヘビースモーカーで毎日お酒を飲みに出歩いていたようだから、コロナウィルスに感染して重篤化する条件に沿っている。

この事態では当然の死だったのかもしれない。

志村さんを惜しむ人たちの感情は、志村さんの死やこの事態とは何の関係もない。

メディアが進歩したおかげで志村さんとはまた画面の中でいつでも会える。

死んだ事を受け入れる必要もない。

ほとんどの人がこの実感無き事態を実感無き言葉で囁き合っている。

どんな事態もテレビの画面やスマホの画面を眺めているうちは蚊帳の外で当事者じゃない。

僕はまだ事態の深刻さを実感せずに日常を過ごしている。

僕は今日淀川の河川敷で見た桜の開花を実感するだけだ。

それをきっかけに自分は確かに生きているとただ実感するだけだ。







-哲学・思想

執筆者:

関連記事

社会に従属してしまうマインドセット

子ども頃、僕の生活サイクルは親の生活サイクルに合わせて決まった。 自分ではまだ何も選べないから、着る服も食べる物も行く場所もほとんど両親が決めた。 やっていい事とやってはいけない事も両親が決めた。 僕 …

矢追純一『ヤオイズム』 私は人間原理主義者である

UFOなどのオカルト番組で有名になった矢追純一さんの著書。 矢追さんはある時から「恐怖」という感情をまったく感じなくなったらしい。 恐怖をまったく感じないから、常に自由気ままで思い通りの人生を生きられ …

直感を無視しなければ人に騙されない

僕は人によく騙される。 宗教の勧誘、各種詐欺商法、繁華街でぼったくる飲み屋のキャッチなど 普段1人で行動する事が多いからか、なにかとターゲットにされやすい。 だから僕は基本的に人を信用しない。 そのか …

自助努力のために他力本願する

僕はあまり人に期待しないし、頼らない方だと思う。 悩みや問題があっても、人に相談したりはせず、まずは自分で考える。 解決策が思いつかなくても、ふと興味がある本や気になる映画などを観て、そこから問題解決 …

夜明けに米米WAR

他人の意外な一面を突発的に知る時がある。 それは冬の北海道で、僕は派遣の仕事で士別にある製糖工場で働いていた。 名寄市にある一軒家を他の派遣社員の人とシェアして、士別の製糖工場までは、派遣会社の専属ド …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク