哲学・思想

今のうちに遺書、死ぬつもりは毛頭ないけども

投稿日:2020-04-01 更新日:

まったく実感がないまま、コロナでいつ死んでもおかしくない状況に、日本も世界もなっているようだ。

だからまだ死ぬつもりはないけど、もし死んでしまった時のために、このブログに遺書を残しておこうと思って書いてみた。

このブログに遺書を残しても、レンタルサーバーの支払いが滞れば、その時点でこのブログは見れなくなる。

何か生きた証を残したい

以前はよくそんな事を思っていたけど、最近はまったく思わなくなった。

むしろ何の痕跡も残さずに跡形もなく消え去る方がいいとさえ思う。

だからこのブログも別に残らなくていい。

兄妹がいて、甥っ子と姪っ子がいるので、僕が子孫を残す必要も特にない。

なぜそう思うようになったのかはわからない。

是が非でも何かを残して死にたいみたいな、自分自身のエゴイスティックな部分に飽きたのかもしれない。

これまでの人生で感謝しなければならないのは、家族と友人、あとは好きになった人たちとこの変なブログを読んでくれた人たち。

それくらいだ。

ありがとう。

その説は大変ご迷惑をおかけしました。

すいません。

でも楽しかったです。

ありがとう。

僕が死んだら葬式はあげなくて結構です。

ただ死体を焼いて、灰はどこか適当に捨ててくれればいいです。

墓参りも結構です。

お彼岸もお盆も命日にも、特に何もしなくて結構です。

僕は生前、そういった類の慣習が嫌いでした。

正直面倒臭いなと思っていました。

もう会えない人のために喪服を着て、わざわざ仏壇の前に座る意味がわかりませんでした。

墓石の前に座って拝む意味もわかりませんでした。

そんな事しなくても、どのみち悲しいし、いつでもふと思い出すのだから別にいいだろう、と思っていました。

だから僕のはやらなくていいです。

そんな事より自分の時間とお金を大事にして、他の用事を優先してください。

この世界は生きている人ファーストでいいと思います。

もし死後の世界があって、守護霊になれるなら頑張ってなります。

そしてずっと見守ります。

僕の子孫がどんなに我がままで愚かでも祟りません。

僕も生前愚かでしたから、ただ見守ります。

思い残す事はたぶんないと思います。

事態が収束して生き残ったらまた会いましょう。

以上です。

今まで本当にありがとう。

2020年、4月1日 祐喜代







-哲学・思想
-

執筆者:

関連記事

宇宙と地球の生命と人間の細胞はフラクタルである

飛行機で沖縄に行く時、上空から沖縄のキレイな海を眺めていたら、無数に漂う海の渦潮と宇宙の銀河の数は比例しているな、と直感的に思った。 閃きで分かった事だから科学的根拠はまったくないけど、夜空に輝く宇宙 …

アドラーもお釈迦様も使えない

アドラー心理学の『嫌われる勇気』がベストセラーになったけど、この本を読んで嫌われる勇気を持てたという人はどれくらいいるだろうか?実践してみて、相手の課題と自分の課題を分離させ、実際に嫌われて、主体的に …

小説『芋虫』本当の生き地獄

あらすじ 傷痍軍人の須永中尉を夫に持つ時子には、奇妙な嗜好があった。それは、戦争で両手両足、聴覚、味覚といった五感のほとんどを失い、視覚と触覚のみが無事な夫を虐げて快感を得るというものだった。夫は何を …

洗脳はごく身近で起きている

誰かに何か相談事をした時に、相手の表情が少しでも嬉しそうな顔をしていたら、すぐに相談を打ち切った方がいい。相手は親身になるふりをして、内心喜んでいる。「お前のためだ」とか言ってアドバイスしてくると思う …

アニメ『風の谷のナウシカ』 腐海と癌

あらすじ 海から吹く風によって腐海の毒から守られている「風の谷」。ある日、虫に襲われた輸送飛行船が風の谷に墜落する。船内には、“火の七日間”と呼ばれる最終戦争で地球を壊滅させた「巨神兵」の核が積まれて …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク