芸術

映画『ターミネーター・ニューフェイト』起こり得るディストピア

投稿日:2020-04-17 更新日:

あらすじ

ある日、未来から来たターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)が、メキシコシティの自動車工場で働いている21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス)と弟のミゲルに襲い掛かる。ダニーとミゲルは強化型兵士のグレース(マッケンジー・デイヴィス)に救われ、 何とか工場から脱出した。そして彼らをしつこく追跡するREV-9の前に、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が現れる。

監督:ティム・ミラー 

キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン

ジョン・コナー少年と同じ年くらいに『ターミネーター2』を観てからもう28年が経つ。

当時ノストラダムスの大予言が覆っていた終末の気配は消え、映画同様に僕が生きる現実世界も核の脅威を回避する事が出来た。

しかしその後も局地的な戦争は続き、世界同時多発テロ事件や3.11などの大災害を経て、コロナウィルスによる歴史的パンデミックを食らい、日本も世界もますますヤバい展開になって行きそうな様相を呈している。

今後の世界は5G通信が実現する「あらゆるものがネットと繋がって自動化される社会」へ移行する見通しのようであるが、そこには核以上になるかもしれない大規模サイバー攻撃の脅威も潜んでいる。

人為的なテロにしろ、AIの暴走にしろ、その果てには映画『マトリックス』のように、人間がAIのためのインフラと化す未来が待っているかもしれない。

『ターミネーター・ニューフェイト』はそんな未来の前夜を思わせるような内容の物語で、人類の新たな脅威である「リジョン」が送り込んだターミネーターと戦うために登場する人たちはジョン・コナーやカイルのような強い男性ではなく、なぜか皆強い女性ばかりだった。

映画の世界でもAIの台頭によって労働の機会を奪われた人間の姿が描かれる。

そしてこれまで労働で社会的価値を保って来た男性が用済みになった。

労働で賃金が得られなくなった男性は、当然女性や子供を養う事が出来なくなり、AIに対抗する事が出来なければ生物の雄としての価値すらなくなる。

AIから社会的価値と生物的価値を剥奪された男性は父性を喪失して、人類が繁栄していくための生殖行為を自ら断念しなければならない。

自暴自棄になった粗野な男性ばかりになれば、結果人類は繁殖する事をやめ、徐々に死滅する運命を辿る。

核の脅威が去り、強い男性リーダーであったジョン・コナーも不在となった世界で、その危機を目の当たりにして立ち向かう決意をしたのは女性だった。

男性が女性を守れなくなった以上は女性が男性を守り、強い父性の回復へ向けて指導しなければならない。

だからその強い女性リーダーを未来から守りに来たのはサイボーグ化された強い女性兵士であり、助太刀として参戦する者もかつて強い男性リーダーを生んだサラ・コナーのような人でなければならなかった。

唯一強い父性の象徴として彼女たちを守ろうとしたのは、皮肉にも繁殖能力を持たない旧式のT―800型のターミネーターで、年月を経て老いる事によりその人間味が増していた。

このシリーズは全編を通して、キリスト教世界が信じるメシア待望論と、タイムスリップの理論を纏った輪廻転生の仏教思想を骨格にした物語構造になっていると思う。

メシア救済とメシア抹殺の使命を受けて未来から過去にタイムスリップして来た裸の人間と裸のターミネーターは、生まれ変わって何度も戦い続けなけばならない業を背負った者たちの姿であり、彼らに託された運命は絶えず変わって時に和解したりする。

それでも現時点での決着はいつも人類の勝利で終わり、僕個人的には今回の『ニューフェイト』でずっと観続けて来たターミネーターサーガの見納めがついに来たと思った。

ようやくケリがついたのだ。

現実世界の未来は映画とは違い、常に不確定で可能性だけがある。

過去を変える事も出来ない。

だから今を生きる事がなにより大事。

『ターミネーター』を観る度、僕はそんなメッセージを強く受ける。







-芸術
-,

執筆者:

関連記事

映画『火花』 燻る思い出

あらすじ 徳永(菅田将暉)は、お笑いコンビ「スパークス」としてデビューを果たすものの、一向に売れる気配がなかった。ある日、営業に出掛けた熱海の花火大会で4歳年上の神谷(桐谷健太)と知り合う。徳永はお笑 …

映画『ショーシャンクの空に』心の在り処

あらすじ 妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた …

映画『地獄の黙示録』 戦争という体験によって明るみになるもの

あらすじ ジャングル奥地に自分の王国を築いた、カーツ大佐の暗殺を命じられるウィラード大尉。道中、様々なベトナム戦争の惨状を目の当たりにしながら、ウィラードは4人の部下と共に哨戒艇で川を上っていく……。 …

友川カズキ『一人盆踊り』 結局得体の知れない人

友川さんの随筆と詩を載せた文庫本。 友川さんは「まつろわぬ人」とか「どこにだしても恥ずかしい人」とか、いろいろ形容される人だけど、この本を読んで改めて思ったのはやっぱり「得体の知れない人」だ。 歌も絵 …

映画『パラサイト 半地下の家族』 人生は煉獄

あらすじ 半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していた。ある日、たまたま長男のギウ(チェ・ウシク)が家庭教師の面接のため、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ね、兄に続いて妹 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク