哲学・思想

宮崎勤『夢の中~連続幼女殺害事件被告の告白』世間に理解されない罪

投稿日:2020-05-01 更新日:

宮崎勤自身の口から彼が起こした事件の事、そしてこの世界、この社会について思う事、感じている事を話して欲しかった。

世間は彼をオタク、ロリコン、精神異常者として理解し、納得する事でしかこの事件を捉える事が出来なかった。

またそうする事でしか安心する事が出来なかった。

世間はメディアが報じる彼のパブリックイメージが物語る事が真実で全てだと思いたい。

そして彼は死刑になった。

幼い命を複数殺めてしまったのだから当然だ。

世間がそれで納得するならそれでいいのだろう。

なんとなく釈然としない僕みたいな人間のために本書はある。

拘置所内での宮崎は自分に起こった事、自分が起こした事について、過度の感情を交えず、至って冷静に淡々と話している。

事件に関する供述については一部記憶が曖昧だったり、検察や警察の思い描く事実に沿って話を合わせたりしていたようだが、彼に対する率直な印象は純粋で素直。

本書が彼の告白を忠実に再現しているのであれば、彼は自分自身について嘘偽りなく、誠実に話している。

本当に彼が殺したのだろうか?

彼が言うように、本当にネズミのような複数の怖い人間が現れて、犯行を起こしたのではないだろうか?

そんな事すら思ったくらいだ。

到底世間には理解し難い心情と世界観。

幼女を殺めてしまった事よりも、その事自体が彼の罪なのかもしれない。

自分の見た事、聞いた事、体験した事。

これが確かに本当の事で、紛れもない事実である事を知っているのは自分だけだ。

それを証明する手段はない。

他人はそんな自分を客観的に見ているが、その他人も主観的世界に生きている。

他人がいかなる状況証拠、物的証拠を提示しても、自分にとっては自分が体験した事だけが全てであり、それは容易には揺るがない。

「それはあなたの幻覚だ、妄想だ」と誰かに説得されたところで、相手も同じ穴の貉なのだから完全に納得は出来ないはずだ。

他人に説得され、弱気になって渋々納得させられた事柄を担保に、客観的事実のようなものが浮かび上がって来るだけだ。

彼の告白が全て事実として受け入れられる事は決してない。

自分の見た事、聞いた事、そして体験した事が全てである事を、他人は決して受け入れてはくれないのだ。

みんなそれが分かっているから、他人から見た自分、他人に見せたい自分(ペルソナ)を演じて生きているんだと思う。

ほとんど無意識にやっているから演じている事すらわからない人もいるだろう。

宮崎も僕と同じく、自分の中にもう一人の自分がいると主張する。

ビデオテープの大量万引きの際、そのもう一人の自分が前方に現れて万引きをし、本来の自分は「どっきんどっきん」しながら見ている二重身体験があり、本事件の各犯行時にも頻繁に二重身体験をしていたようだ。

本当の自分を隠して生きている以上、人は誰しも多重人格であると思うのだが、その人格を自分ではっきり意識して管理出来ている人はあまりいない。

自分の人生の手綱をどの人格が握るか?

おそらくそこが問題で、核になる本当の自分を知り、その自分が人生の手綱を握っていないといけないのだろう。

それが出来ないと、偽りの自分に人生を自動操縦されて、本当の自分が望まない苦渋の人生を歩むことになってしまう。

全て夢の中で起こったような気がしている

他人と認識している世界が違い、確信が持てなければそこは夢の中と変わらない。

本当の自分を見失った宮崎には、寝ても覚めてもこの世界、自分の人生が怖かっただろう。

これは誰にでも起こり得る事だ。

だから世間は彼を否定する。

彼はメディアの病理が生んだ特別な人間で、自分たちとは無関係な人間だと。

本当の自分を世間に理解してもらえない孤独は多くの人が感じていると思う。

でも僕は本当の自分は誰にも理解してもらえないのが当然であって、到底理解されないものであると、ある時から腹を括っている。

その事に淋しさや罪悪感など持たなくていい。

本当の自分はもうこの世界、人間について全て知っている。

本当の自分が言う事はほとんど間違っていない。

本当の自分に聞けば、どうすればいいか全て教えてくれるのに、人は演じた自分が本当の自分であると信じ続けている。

自分を信用せず、他人が認識している世界を無理やり受け入れて安心している。

その結果起こる不具合を全て他人に押し付けて。







-哲学・思想
-, ,

執筆者:

関連記事

“場”の空気の正体

酒が好きなので、たまに飲みに行く。 よく行くお店には親しい人たちがいるから、だいたいいつも楽しく飲めるけど、世の中には人の気持ちとか、場の空気とか、そういう“見えないもの”を可視化する事が出来ない人が …

一番古い孤独と母親との記憶

僕が抱えている慢性的な孤独癖と厭世観は、何が原因なのか? それが知りたくて、愛着障害に関する本を読み漁っているうちに、幼少期の母親との関係が引っかかって来たので、一番古い孤独の記憶を思い出して振り返っ …

ARTに生みの苦しみはいらない

「必死こいてアピールしなくても良い物を創れば必然的に残るはず」 そう思って、以前仙台の海岸で専門学校の友達と立体のARTを創った事があった。 誰が創ったのかわからないARTのような造形物がもし海岸にポ …

僕と犯罪者の境界線

神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇(元少年A)が書いた『絶歌』と、英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害した市橋達也が書いた『逮捕されるまで』を読んだ。 僕は犯罪者にすごく興味があって、彼ら自身が証 …

孤独が「孤毒」になる人と「孤徳」になる人

以前仙台に住んでいた時、朝方まで友達と飲み明かし、酔いを引きずった駅前で孤独に関する議論を交わした事があった。 「もし自分の体に羽が生えたら楽しいだろうなぁ」 僕が何気なくそう呟いたら、それを受けた友 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク