哲学・思想

大きな退屈の波がまた来た!

投稿日:2020-06-23 更新日:

大阪に来て、今年で四年目か?

また大きな退屈の波が来た。

それに合わせてタイミングよく派遣の契約が切れ、運良く思わぬ大金も入って来たので、これを機に何か新しい事をやってみる事にした。

前回の大きな退屈の時は、冬に千葉から自転車で紀伊半島まで旅するというチャンレンジをした。

白浜あたりの海から初日の出を眺めて、残り10万くらいの所持金で大阪に辿り着いた。

早急に住むところと仕事を見つけて、枚方市にずっと住んでいる。

それからは特に代わり映えのない生活を3年くらい続けたせいか、また大きな退屈の波が来た。

孤独はわりと平気なんだけど、この退屈の病だけは深刻で、罹ると家に居てもずっと体がウズウズする。

僕は「人生は暇潰しだ」と思っていて、いかにこの暇を有意義に過ごすかで結構悩む。

仕事以外は常に暇なのであれこれ思いついた事、気の向いた事をやって毎日を過ごす。

好奇心は旺盛な方だけど、熱しやすくて冷めやすいから、同じ事をずっとコツコツやり続けるのも苦手だ。

坂口恭平さんの『まとまらない人』を読むと、納得の行く事が多い。

まぁそれでもなんとか退屈をやり過ごすんだけど、今回のような大きな退屈になると、ライフスタイルを一新してしまうような事をしないと気が済まなくなる。

住む場所を変えたり、仕事を変えたり、それに合わせて人間関係も変わったりする。

住む場所と仕事が変われば人間関係も必然的に変わるので、当たり前なんだけど、どこか行きたいところがあるわけではないので、今回は住む場所は変えない。

とりあえず仕事が今月で終わるので、前から興味があったカウンセラーのスクールを思い切って受講してみる事にした。

人助けの使命感があるとか、資格を取って将来に役立てるみたいな目算でもない。

大きな退屈しのぎの思いつき。

プロに学ぶワクワク感とまだ見たことのない人の心の闇に触れてしまうかもしれないドキドキ感。

それだけが今ある感じ。

そこで得たスキルで今後どうなるかを楽しみにする感じ。

資格が取れたら、これまでやって来た創作活動も続けながら、ZOOMを使って無料カウンセリングをしてみようかな、と思っている。

とにかく今後どうなるかわからないけど、大きな退屈の波がまた来た。







-哲学・思想

執筆者:

関連記事

ARTに生みの苦しみはいらない

「必死こいてアピールしなくても良い物を創れば必然的に残るはず」 そう思って、以前仙台の海岸で専門学校の友達と立体のARTを創った事があった。 誰が創ったのかわからないARTのような造形物がもし海岸にポ …

人生100年時代なら、いろいろ引き延ばしても良いんじゃないですか?

ネットで精神年齢診断を受けてみたら、27歳だった。いくつかの質問に答えて診断するだけの簡易的なものだけど、自分が思っていた精神年齢に近いので、一応納得している。僕の実年齢は現在42歳で、5月の誕生日を …

小説『芋虫』本当の生き地獄

あらすじ 傷痍軍人の須永中尉を夫に持つ時子には、奇妙な嗜好があった。それは、戦争で両手両足、聴覚、味覚といった五感のほとんどを失い、視覚と触覚のみが無事な夫を虐げて快感を得るというものだった。夫は何を …

自然の法則は資本主義を淘汰する

僕にとって資本主義とは人間一人一人の欲が集まった怪物のようなものだ。 お金を産み出す資本(土地・施設・設備)を持った資本家たちが怪物の頭部。 その資本家たちが作った製品やサービスを売る商業資本(小売業 …

ポックリ死んでこそ大往生

僕は人の死に関わるたびに「自分は天寿を全うしたい!」という思いが強く湧く。 人には自分の本分(好きな事、得意な事)に従った生き方というものが必ずあるはずで、それを人生の終わりまで貫徹する事が出来ればポ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク