哲学・思想

ゴキブリを想う

投稿日:2020-06-25 更新日:

先日家にゴキブリが出た。

流しのあたりをウロチョロして、僕に見つかるとすぐにサッと物陰に隠れていた。

僕はゴキブリを殺さない。

見た目は確かに気持ち悪いと思う。

この世界にゴキブリを好きな人はほとんどいない。

昆虫が好きすぎる人か、昆虫の研究をしている人くらいしか、まともにゴキブリの相手なんかしないだろう。

ゴキブリは小さな生き物を愛でて可愛がる女子にさえ、見つかればすぐに殺されてしまう哀れな生き物だ。

人種差別の問題より理不尽な気がするけど、誰もゴキブリの事なんか真剣に考えない。

生理的に無理。

それで終わり。

自分がもしゴキブリだったら生きていけないだろう。

何でおまえはそんなに人に嫌われるんだろうね?

物陰に隠れてジッとしているゴキブリにそう尋ねてみた。

もちろん言葉は通じない。

でも僕を見て隠れたという事は、僕の事を警戒していて、僕に恐怖心を抱いているという事だ。

ゴキブリにも感情がある。

感情があるならコミュニケーションが取れるはず。

絶対に殺さないから大丈夫だよ

しばらくそっとしておくと、ゴキブリが物陰から出て来てまた動き出した。

さっきより警戒心はなく、流しから出ると、行動範囲を広げていろんなところを這いずったりしていた。

絶対に殺さない

この態度がゴキブリに通じたのかもしれない。

僕が近づくと、ちょっと止まって様子を窺うけど、そそくさと隠れたりはしなくなった。

ゴキブリのように見た目が気持ち悪いという理由で蔑まれる人たちはいっぱいいる。

他人との関係が不安でどうしようもない人たちがいっぱいいる。

僕も時々人間関係がうまく行かずに悩んだりする。

僕はこれからそういう人たちから悩みを聞くカウンセリングの勉強をする。

自分の悩みも分析して解消する勉強をする。

だから非言語だけど、理不尽な理由でどうしても人に嫌われてしまうゴキブリなんかも思いやってみるのだ。

ゴキブリは人間が作った不衛生な環境を住処にしてしまう習性のせいで、不衛生な生き物であると、人間に認識されてしまった。

でもよく観察してみれば分かるけど、ゴキブリを放置した環境は、彼らのおかげで少しずつキレイになっていく。

不衛生な環境にある食べカスなんかを食らって生き延び、卵を産んで増えていくけど、蚊みたいに血を吸うとか、人間に害を与えるような事は何もしない。

不衛生な環境がキレイになったら、また新たな不衛生な環境を目指して自然といなくなる。

だから僕はゴキブリを殺さない。

流しをキレイにして、彼らが自発的にこの家を出ていく事を、ただ静かに見守ることにする。







-哲学・思想

執筆者:

関連記事

食べ物にも記憶がある

僕は食料品を買う時、必ず原材料表示をチェックする。 不食を実践したくて断食などをするようになってから、僕は自分の食べた物が自分の体や精神にどんな影響を与えるか多少分かるようになった。 食品添加物、砂糖 …

時が止まってしまった少女

愛着障害に関する本を読んでいて、ちょっと気になる出来事が最近あった。 たまに飲みに行くBARで、店の女の子に関する共通の愚痴や不満を、他の店員さんやお客さんから聞く機会が増えたのだ。 僕もその子がいる …

法

もし法で守ってもらえなかったら

プロレスラーの木村花さんが、ネットで匿名の人たちから誹謗中傷を受けて自殺した。 僕はただそういうニュースを目にしただけで詳しい事情はわからない。 でもこの事件をきっかけに怒りを感じた人たちから、匿名で …

夢で教わった“ART”の定義

先日夢の中で“ART”とは何か?を僕に諭す人がいた。 その人が言うには“ART”とは「Animism Regression Trance」の略語で、“人間がアニミズムに回帰するためのトランス状態の中で …

人類滅亡

もし人類が滅亡したら

もし人類が滅亡したら 僕はたった一人生き残った世界に巨大な『バベルの塔』を建設するつもりでいる。 この計画を立てたことで、僕はこの現実世界で今後いかなる悲惨な出来事が起きても、おそらく絶望しないで済む …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク