エッセイ

タラレバ心配性

投稿日:2020-07-29 更新日:

例えば、今悩んでいる自分を安心させるために、未来から来た自分がこれから起こる事をあれこれ教えてくれたとする。

現在のボク 「嗚呼、オレの将来どうなるんだろ?」

未来のボク 「安心しろ。今おまえは将来について悩んでいるようだけど、10年後はかなり幸せになってるよ」

現在のボク 「え、マジで?どんな感じ?」

未来のボク 「とりあえず自分のやりたい事で今より金持ちになってる」

現在のボク 「うぉっ、マジか!」

未来のボク 「そう。それで可愛い奥さんと子供もいる」

現在のボク 「うぉっ、やった!」

未来のボク 「もちろん大変な事もいろいろあるけど、この未来は絶対だ。保障する」

現在のボク 「良かった。ありがとう。悩みが消えた」

未来のボク 「うん、楽しみにしておいてよ。じゃあね」

そう言って未来の自分が未来に帰ろうとするんだけど、その未来の自分にはなぜか両手がない。

現在のボク 「あ、ちょっと待って、……それメチャメチャ気になるんだけど」

未来のボク 「手の事?」

現在のボク 「そう」

未来のボク 「だよね。でもこれはかなり言いづらい」

現在のボク 「なんで?」

未来のボク 「だって、メチャメチャしんどかったから!」

現在のボク 「いつ?どこで?」

未来のボク 「今から10日後。場所は……」

現在のボク 「やっぱりいい。聞きたくない」

未来のボク 「でもこの事件をきっかけに、おまえは自分のやりたい事で食えるようになって、奥さんとの運命的な出会いがあるんだよ」

現在のボク 「そうなの?」

未来のボク 「そう。まぁおまえの不注意が原因だから回避は出来るけど、回避したらその先はどうなるかわかんない」

現在のボク 「……そうなんだ」

10年後の明るい未来の手前にある、10日後の悲劇。

僕はそれを天秤にかけて、将来についてまた悩む。

家に1人でいる時、そんな事をついウダウダと考え、被害妄想まではいかない心配性を発揮して、身震いしたりする。

この心配性がなかったら、どんな人生になっていたんだろう?

それを考えるのも少し怖かったりするのだ。







-エッセイ
-

執筆者:

関連記事

苺ちゃん

「ワタシ、変ですか?」 僕が10年近く住んだ古巣の仙台を離れて上京したのは、その言葉が口癖になってしまっている女の子との出会いがきっかけだった。 彼女とは当時やっていたブログを通じて知り合った。 僕が …

3.11の時

3.11の時に味わった感覚を記憶を頼りに忠実に書きたい。以前も一度書いたけど、あまりうまく書けていなかった。 あの日僕は東京の市ヶ谷にあるオフィスビルにいた。某パソコンメーカーの総務課で働いていて、作 …

暗闇ブラウニー

うら若き乙女でなくても、たった一人で歩く夜道は心細いものだ。 田舎であれば物の怪の類に用心し、都会であれば変質的な人種に用心する必要がある。 その日バイト帰りで同僚と酒を引っかけた僕は、アパートに帰宅 …

ピュア桜満開!

僕が通っていた専門学校のすぐ隣は女子高だった。 美術系の専門学校だったので、屋上でスケッチなんかをしていると、隣の女子高の屋上がやたらと賑やかだったりするのがよく目についた。 女子高の屋上は僕がいる専 …

Bruxism

Bruxism。英語で歯軋り。記事に良さげなタイトルが思いつかなかったら、ちょっと洒落てみた。 僕は3ヶ月に1回、行きつけの歯医者で歯の定期検診を受ける。若い歯科助手の女性に口の中を弄られると、なんか …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク