エッセイ

よりによってココ壱で

投稿日:2020-07-31 更新日:

究極の選択なっ!カレー味のウンコとウンコ味のカレー、おまえはどっち食う?

暇を持て余した友達がそんなしょうもない質問をして来た。

よりによってココ壱番屋で僕が必死に5辛のカレーを食べている時にだ。

彼は自分から「カレー食いに行こう」と誘ったにも関わらず、自分はなぜか軟弱なハヤシライスを注文して、とっとと食い終わっていた。

こいつまさか、この質問をするためにオレをわざわざカレー屋に誘ったのか?

カレーの辛さと質問の下劣さに苦しんでいる僕を見て、彼の顔が心なしかサディスティックにほくそえんでいる気がした。

彼は宮城県出身で、ご先祖様は伊達政宗の家来だったらしく、そのご先祖様には伊達政宗に毒を盛ろうとして打ち首になった逸話があるらしい。

本当かどうか知らないけど、そのご先祖様のDNAだけはしっかり受け継いでいる気がした。

5辛のカレーはライスの上でルーが地割れを起こし、中から溶岩のように真っ赤な辛み成分を噴き出して、まだ半分以上残っている。

辛い物はそんなに得意じゃないけど、ココ壱の5辛は初挑戦だったので、どうしても平らげたかった。

早く食えよ。そして答えろ!

ちょっと待て、一回落ち着くから

サディスティックな友達が僕を執拗に急かした。

仕方がないので、僕は水を啜って深呼吸してから、彼が繰り出して来た究極の質問を真剣に考えてみた。

カレーの刺激で脳が活性化していたからか、すぐに答えは出た。

ウンコ味のカレー

なんで?その理由は?

まず人として生まれて来た以上、たとえカレー味でもウンコなど食べてはいけないと僕は思う。

そしてウンコ味。

果たしてそれは何味なのか?

ウンコ味」という、この曖昧な概念が持つ可能性を深く掘り下げていけば、ウンコ味のカレーは決して不快な食べ物ではない気がしたのだ。

おまえはウンコ味が何味か考えた事があるか?

僕は友達にそう言って、自分の持論を展開した。

ウンコ味はウンコ味だろ?

そもそもウンコは人間の食べた物で構成されている排泄物だ。だからその味は食べ物によって変わって来るはず

ん?ああ、なるほど

その理屈を踏まえた上で、もしカレーばっかり食べている人がいたとしたら、その人のウンコは限りなくカレーの味に近いと思わない?

う~ん、まぁ、そうだな

つまり、その人のウンコの味はカレー味って事だよね?

ん?う~ん

そのカレーばっかり食べている人のウンコの味はカレー味なんだから、そのウンコ味のカレーは最早カレーなんだよ

ん?ん?

いくらか僕の主張が飛躍したのか、友達はあまり理解していないようなリアクションだったけど、それにしても僕の持論は見事だったと思う。

オレがウンコ味のカレーを選んだのは、ウンコ味がカレー味である可能性があるからだよ

でもウンコばっかり食ってるヤツのウンコはウンコ味だから、それはウンコ味のカレーだったりもするだろ?

頭が混乱している人間との問答は非常にめんどくさい。

違う。ウンコには固有の味など存在しない。まずそこを理解する事が大事で、それが理解出来れば、ウンコ味は決して不快ではないっていうのが、オレの主張ねっ

僕が強くそう言い返すと、彼が頭を捻りながら、そのまま押し黙った。

完全には納得していないものの、僕の持論に心が揺れているのは明らかだった。

論破なるか?

そう思ってふと周囲を見渡すと、他の客たちがみんな白い目で僕たちを見ていた。

そうだ、ここはココ壱だ、カレー屋だった、と我に返る。

周囲の視線が刺さりすぎて、これ以上の長居は無理だった。

早く店出たいから、おまえも半分食えっ

僕は残りの激辛カレーを友達とシェアして、なんとか5辛のカレーを全部食べ切った。

そのウンコの味はたぶん激辛カレー味だ。

でもあの日同じ店にいた他の客たちは、みんなカレーの味のウンコを食べた気分だっただろう。







-エッセイ

執筆者:

関連記事

苺ちゃん

「ワタシ、変ですか?」 僕が10年近く住んだ古巣の仙台を離れて上京したのは、その言葉が口癖になってしまっている女の子との出会いがきっかけだった。 彼女とは当時やっていたブログを通じて知り合った。 僕が …

汚れた金賞

才能を育てるのは難しいのに、才能は一瞬で潰れたりする。 僕は絵を描くのが好きだけど、問題が山積みのような煩雑な日常の中では、それを継続する事が出来なかったりする。 でも何かをきっかけにまた描きたくなっ …

花火メンヘラ

独り暮らしが長いと、夏はただ暑いだけで、何事も億劫で雑になる。 夏の風物詩である祭りや花火大会はどこの地域でも毎年行われるけど、家族や恋人がいない独り身の僕は、近所の花火大会でも自宅謹慎を余儀なくされ …

従兄弟が畏み申す

「今、何か悩みとか無いか?健康とか」 20代後半くらいの時、某社のネットワークビジネスに手を出した同い年の従兄弟が、オーガニックな健康食品やサプリメントのパンフレットを抱えて、よく僕のアパートを訪ねて …

夜明けに米米WAR

他人の意外な一面を突発的に知る時がある。 それは冬の北海道で、僕は派遣の仕事で士別にある製糖工場で働いていた。 名寄市にある一軒家を他の派遣社員の人とシェアして、士別の製糖工場までは、派遣会社の専属ド …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク