哲学・思想 芸術

マンガ『愛と呪い』物語で救う

投稿日:2020-08-02 更新日:

あらすじ

不穏な社会。宗教を盲信する家族。父親の性的虐待。私は自分も、この世界も、誰かに殺して欲しいのだった――。酒鬼薔薇世代がくぐり抜けた「あの頃」を見つめ直す半自伝的90年代クロニクル。

原作:ふみふみこ

愛と呪い。

すごく重いタイトルだなと思い、気になって読んでみた。

全3巻。

「氏より育ち」という言葉があるけど、僕は人間が生まれ持って来た資質よりも、どんな環境で生まれ育ったかによって、その人の人生は概ね決まると思っている。

主人公の愛子は新興宗教を信仰する家族の下に生まれ、父親から性的虐待を受けている。

この環境でまともな人生を歩むのはとても難しい。

生きている事だけで精一杯。

そんな苦しみばかりが続く彼女の人生は必然で、僕の人生なんかは彼女と比べて単純に運が良かっただけなのだと思った。

彼女は世間を知るまで、これが当たり前の家族の在り方で、そんな家族に抵抗を感じる自分はどこかおかしいと思っていた。

祖母や母親や父親の小言は、自分に対する愛情ゆえであると理解はしているものの、受け取れない愛子にとっては呪いでしかなく、世界が滅びるか、家族を殺すか、それとも自分の命を絶つか?

そのいずれかの選択肢の中でしか、自分の未来を思い描けなくなっていた。

思い返せば僕も、ノストラダムスの大予言を信じていて、「どうせ世界は滅びるのだから」という、諦念の中で思春期を送っていた。

でも本当は、父親のような大人になれなければ、自分みたいな人間はきっと生きていけない。

そんな強迫観念が当時あった。

自分の性格上、どうしても父親のような大人になれる気がしなかったから、なれないのであれば「ノストラダムスでも何でもいいから世界なんて滅びればいい」と思っていたんだろう。

世間一般的な家庭に生まれて育ち、愛子ほど過酷な環境ではなかったけど、この物語は他人事ではなかった。

僕は今カウンセリングの勉強をしていて、相手の悩みを聴き、共感し、ただ受容して、つまづきがどこにあるか?を分析して、仮説を立て、ゴールを想定して導く方法などを学んでいる。

学んだ分自信もつくけど、学んだ分取り扱う悩みのレベルも高くなって来るのか?と、すごくプレッシャーを感じ、不安になってきたりもする。

愛子をクライアントに見立てて読み進めたりすると、終わりのない学びの場に足を踏み入れてしまったな、という実感があり、途方に暮れる。

実績があるベテラン講師の先生なんかもカウンセリング行為に無力を感じる時があるらしく、こういう物語を書く方が、もっと効率良く多くの人を救えるのかもしれないな、と思ったりもした。

人に知られたら生きてはいけないような事を物語にする事によって、誰よりも作者が救われている。

そして同じ境遇や心境で生きてきた読者たちがついでに救われる。

この物語を漫画にするのは本当に大変だったろうと思う。

でも面白かった。







-哲学・思想, 芸術
-,

執筆者:

関連記事

大の大人がオイオイ泣いた

あれはいつだったろうか? 僕の父親の友人が、僕の祖母の膝にもたれて、オイオイと泣いていた事があった。 地元の街役場に勤めている立派な大人。 スーツを着て、きちんとネクタイを締めて、自分の家族はもちろん …

自助努力のために他力本願する

僕はあまり人に期待しないし、頼らない方だと思う。 悩みや問題があっても、人に相談したりはせず、まずは自分で考える。 解決策が思いつかなくても、ふと興味がある本や気になる映画などを観て、そこから問題解決 …

たまに行者する

一時期よく山登りをしていた。 きっかけは新田次郎の山岳小説『孤高の人』を読んで影響を受けたからだと思う。 夕暮れに下駄を履いて易々と六甲山に登った破天荒な男が、自身の類稀な登山の才能に目覚め、常に単独 …

映画『桐島、部活やめるってよ』 不在の存在証明

あらすじ とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつ …

THE・ブルーハーツ

誰かと話していて一番盛り上がるのは音楽の話題だ。 僕はあまり友達が出来ないタイプだけど、音楽の話を通じて友達になる事が多かった。 音楽の趣味が合う人とは、不思議と関係が長続きする。 また音楽には命も救 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク