エッセイ

無知無知ねるね

投稿日:2020-08-05 更新日:

その場にいる全員が無知ゆえに起こる悲劇がある。

小学校の時、茶の間で妹と当時新発売のお菓子「ねるねるねるね」を作っていた。

昔懐かしいテレビCMで、眼鏡をかけた老婆の魔女が、「ヘッヘッヘッ、練れば練るほど色が変わる!」と言いながら、謎の白い粉と水を混ぜて作る得体の知れないケミカルなお菓子。

「ねるねるねるね」のようなお菓子は当時珍しく、とにかく「新しいお菓子が出たぞ!」と妹と二人で買いに行き、原材料が何かまったく分からないまま、僕たちは化学実験をしているような気分ではしゃいでいた。

一体何やって遊んでんだ、オメたちは?

孫たちがはしゃぎながら、おかしな化学実験をしている茶の間に婆ちゃんが入って来て、僕たちが練っている得体の知れないドロドロの物が何のなのか?僕たちに尋ねた。

ねるねるねるね!

妹がプラスチックのスプーンを手に取り、婆ちゃんに向かってこれ見よがしに「ねるねるねるね」を一口掬って舐めて見せた。

あっ、ダメだよっ!

すると婆ちゃんが急に慌てた怒声を発して、妹のスプーンを取り上げた。

一瞬何が起こったのか分からず困惑していると、婆ちゃんがそのまま怒り出し、なぜか僕の顔面を思いっきりビンタした。

お前またイタズラしたなっ!こんな物食べてダメだべっ!

妹にいつもイタズラを仕掛けて遊んでいた僕の普段の行いが災いしたとも言えるけど、どうも年寄りの婆ちゃんは妹が食べた「ねるねるねるね」を孫息子が考案したイタズラだと認識したらしく、粉石鹸と絵具を混ぜて作った食べ物である疑いをかけられた。

違う!これは、ねるねるねるっていうお菓子だよ

ねるねる……? そんなの聞いた事ねぇよ、婆ちゃんは!

テレビでやってる魔女のお菓子、練って食べる新しいお菓子だよ!

婆ちゃんに必死で「ねるねるねるね」を説明するも、小学生の乏しい知識で「ねるねるねるね」を説明するのは難しい。

ちょっと婆ちゃんも食ってみろ、ソーダ味だから!

とにかく食べさせてみれば分かると思った。

食わねっ、こんなもの食ったら腹壊すってば!

有無を言わさずもう一発ビンタが飛んで来る。

パッケージを見せても、そのイメージは更に伝わらず、聞き慣れないケミカルな原材料をたどたどしく読み上げ、練れば練るほど婆ちゃんの疑念は深まるだけだった。

そして婆ちゃんは僕と妹から「ねるねるねるね」を取り上げると、容赦なくゴミ箱に捨てた。

婆ちゃんに理不尽なお叱りを受けたショックと、己の無知に打ちひしがれて為す術がない状況に泣いていると、婆ちゃんが僕の横で同じように泣いている妹の両足を持って逆さまにした。

ほら、全部吐けっ!

体に取って有害な物を取り込んだとして、妹が餅を喉に詰まらせた老人の如く逆さ吊りにされ、婆ちゃんに激しく背中をバンバン叩かれていた。

無知が極まった哀れな折檻。

僕は婆ちゃんの足にしがみ付いて「違う、違う!」と何度も叫んだが、「ねるねるねるね」とは何か?を婆ちゃんに示すのはやはり困難だったから、されるがままだった。

妹が泣き叫びながら「ウエッ、ウエッ」とえずいていた。

お昼に食べた冷やし中華だろうか?

逆さになった妹の口から胃の中でいろいろな具材がねるねるねるねされた物が一斉に噴き出した。

テーレッテレー♪

その様子を見て、僕の頭の中でCMで老婆の魔女が「ねるねるねるね」を一口食べた時に流れるBGMが鳴った。

販売元である「クラシエ」のホームページによると、「ねるねるねるね」はお子様の豊かな創造力を育む「知育菓子」と呼ばれるものであるらしい。

果たしてその説明であの無知な婆様が納得したどうかはわからないけど、婆様の豊かな創造力は無知な孫たちの生命維持のために発揮されたのだから、今となっては有難い思い出なのかもしれない。







-エッセイ

執筆者:

関連記事

従兄弟が畏み申す

「今、何か悩みとか無いか?健康とか」 20代後半くらいの時、某社のネットワークビジネスに手を出した同い年の従兄弟が、オーガニックな健康食品やサプリメントのパンフレットを抱えて、よく僕のアパートを訪ねて …

苺ちゃん

「ワタシ、変ですか?」 僕が10年近く住んだ古巣の仙台を離れて上京したのは、その言葉が口癖になってしまっている女の子との出会いがきっかけだった。 彼女とは当時やっていたブログを通じて知り合った。 僕が …

暗闇ブラウニー

うら若き乙女でなくても、たった一人で歩く夜道は心細いものだ。 田舎であれば物の怪の類に用心し、都会であれば変質的な人種に用心する必要がある。 その日バイト帰りで同僚と酒を引っかけた僕は、アパートに帰宅 …

みんな元気?生きてる?

実家の母親だったり、地元の友達から久しぶりに電話がかかって来ると、みんな決まって「元気か?」「生きてるか?」と僕に声をかける。 僕はそれにいつも反射的に「元気だよ」「生きてるよ」と返事をする。 母親や …

冤罪セクハラソング

テンション上がり過ぎて油断したというか、セクハラをするつもりは一ミリもなかったのに、結果セクハラになってしまう事が多々ある。 仙台に住んでいた頃、僕はスーパーの生鮮食品を卸す会社でバイトをしていた。 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク