哲学・思想

大の大人がオイオイ泣いた

投稿日:2020-08-17 更新日:

あれはいつだったろうか?

僕の父親の友人が、僕の祖母の膝にもたれて、オイオイと泣いていた事があった。

地元の町役場に勤めている立派な大人。

スーツを着て、きちんとネクタイを締めて、自分の家族はもちろん、町のためにいつも奮闘しているような大人。

少なくても小さい頃の僕にはそう見えていた大人の小父さんが、内実は分からないけど、なぜか僕の祖母の前でオイオイと泣いていた。

まるで幼子が実の母親に甘えるようにだ。

僕の実家は食堂で、お酒も扱っているから、夜飲みに来る人もいる。

その小父さんもはじめ食堂の方で飲んでいて、酔いが深まった頃にふらっと僕と祖母がくつろいでいた茶の間の方に上がって来た。

顔が真っ赤で、呂律も回ってなくて、ずっと深いタメ息をつきながら、祖母に何か話しかけていた。

要領を得ない話し方で内容も全然覚えてないけど、祖母が「そうが、そうが」とその小父さんの話を聞いていたら、突然泣き出したのだ。

『愛着障害』岡田尊司著。

その本によれば、愛着に問題を抱えている人たちには「何でも話せる安全基地」。

それがないらしい。

安定した愛着スタイルを持つ人たちにはあるらしいんだけど、何でも話せる安全基地がない人たちは、いつもたった独り。

頼れるものが何もない状態で、まるで戦場の中にいるような不安と恐怖を抱えながら日常を生きている。

あのお釈迦様も「何でも話せる安全基地」を持たない愛着障害であったらしく、僕の祖母なんかも家族と一緒に暮らしていても孤独な影がある人だった。

そんな苦悩と挫折の連続の中でたった独り生きて来たような人たちが愛着障害を克服したり、その途上である時は、自らが時折「何でも話せる安全基地」として、苦悩する人たちを癒す事がある。

祖母に泣きついた小父さんもそれまでたった独り、誰にも言えない悩みを抱え、誰にも甘えられない状況でずっと苦しんでいたのかもしれない。

大の大人だし、男だから人前でオイオイと泣くような真似は誰だってしたくない。

ましてや小さい子供の目の前でだ。

たとえ酔っていたとはいえ、自分の母親でない祖母と孫の目の前で恥もなくオイオイと泣くなんて本人も思っていなかっただろう。

でも僕の祖母にはそれをすぐに了承してしまう“何か”があったのだ。

この人なら否定せずに聞いてくれる、ただ受け止めてくれる

そういう気構えや姿勢のようなものを小父さんは僕の祖母から感じ取ったのかもしれない。

小父さんはそれに縋って、本当にオイオイと泣いていた。

そして泣き終わってから、本当にすっきりした顔をして食堂に戻って行った。

僕はそんな大人を見て驚いた。

大人は「大人」っていうだけで強いと思っていたから、普段どんなに辛い物を抱えて生きているかなど、その時は微塵も想像していなかった。

精一杯強がって、世のため人のためにみんな生きている。

それを了承してくれる人が近くにいれば幸いだけど、いない人は日々地獄のような人生を歩んでいるだろう。

カウンセリングの知識も技術も持たない祖母にしか縋れない事情が、あの時小父さんにはあったんだ。

祖母も自分に縋って来た小父さんを見て、どこか清々しい顔をしていた。

祖母に常にまとわりついている孤独が薄らいで、世界と繋がっている感じが確かにあった。

お釈迦さまも愛着障害の苦悩と挫折の果てに、悟りの境地を拓いた。

だとしたら僕も祖母のようになれるかもしれない。

人を救って、救われたい。

「何でも話せる安全基地」を持たない人たちは、その代替えとして文筆や芸術という創作行為を用意する。

だから「もっと素直に表現しなきゃな」なんて事を思っている。

そして「何でも話せる安全基地」になれるように今後も人と関わっていきたい。







-哲学・思想
-,

執筆者:

関連記事

元カノちゃん

彼女いない歴がもう13年になる。 恐れ回避型の愛着スタイルは恋愛が難しいので、その辺の事情を元カノちゃんとの思い出を通して綴ってみようと思う。 当時自分の愛着スタイルが分かっていたら、もう少しうまくや …

ARTに生みの苦しみはいらない

「必死こいてアピールしなくても良い物を創れば必然的に残るはず」 そう思って、以前仙台の海岸で専門学校の友達と立体のARTを創った事があった。 誰が創ったのかわからないARTのような造形物がもし海岸にポ …

今のうちに遺書、死ぬつもりは毛頭ないけども

まったく実感がないまま、コロナでいつ死んでもおかしくない状況に、日本も世界もなっているようだ。 だからまだ死ぬつもりはないけど、もし死んでしまった時のために、このブログに遺書を残しておこうと思って書い …

マンガ『ライチ光クラブ』 最後の抵抗期

あらすじ 工場の煙に覆われた螢光町の片隅にある、「光クラブ」と名づけられた少年たちの秘密基地。その場所で、ある崇高なる目的のために作られた「機械」が目を覚ました。 原作:古屋兎丸 14歳の少年たちが、 …

僕と犯罪者の境界線

神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇(元少年A)が書いた『絶歌』と、英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害した市橋達也が書いた『逮捕されるまで』を読んだ。 僕は犯罪者にすごく興味があって、彼ら自身が証 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク