オカルト・スピリチュアル

乙女の祈り

投稿日:2020-08-19 更新日:

乙女の祈り。

宮城県の松島にそう呼ばれる場所がある。

有名な心霊スポットで20代の時に一度行った事がある。

そこは近くにキャンプ場がある断崖の松林で、一本の松の木に、この断崖から飛び降り自殺した女子校生の遺書が彫ってある。

コノ時ヲモッテ乙ノ限界ヲ知ッタ

大自然二生キルイギヲ失ウ

乙ハ死ヲ持ッテ

コレヲ征服セネバナラナイ

昭和四六 二 一男

こんな内容の遺書で、解読すると呪われるという噂がある。

友達がその木を写真に撮って現像したら、その木の写真だけ真っ白で何も写っていなかったらしい。

失恋を苦に、交際していた男性に向けて彫った遺書だとか、レイプされた事を誰にも信用してもらえず、それを証明するために彫った遺書だとか、説がいろいろあって真相は定かではない。

ただ実際にこの場所を訪れてこの句を読んでみると、ここで死んだのは女性じゃなくて男性じゃないのかな?と感じた。

遺書の文面が硬く、女性っぽくないし、最後の「一男」という名前に関しても、交際相手というよりかは、本人のものだと考えた方がしっくり来る。

昭和46年。

僕が生まれる7年前。

遺書にあるこの年ってどんな年だったんだろう?

気になったので調べてみると、アポロ14号が月に着陸している。

NHK総合テレビが全番組カラーになり、民放では『仮面ライダー』の放映もはじまった。

この年の邦画ランキング一位は『男はつらいよ 寅次郎恋歌』で、洋画の一位は『ある愛の詩』。

環境のまったく異なった世界に育った男と女の愛の物語。

なんとなく、遺書から感じ取れる傷心に近いような内容の映画だと思った。

昭和46年はそういう恋愛が流行った時代だったんだろうか?

そういう時代の恋愛に限界を感じた男の人の遺書なのだろうか?

その日は友達と友達の彼女と三人で行ったんだけど、満月がとても綺麗な夜で、「死ぬならこういう夜かもね」と、三人でしんみり話した思い出がある。

懐中電灯は必要なく、月の明りだけで松島の絶景がよく見えた。

松の木で首を吊ったという人もいるけど、海面に映っている満月に吸い込まれて飛び込んだのかもしれない。

噂ほど怖い印象の場所ではなく、僕にはただそういう吸引力がある綺麗で寂しい場所だった。

三人でタバコを木にお供えして、手を合わせて帰った。

もうその松の木は伐採されて、今はもうないようだ。







-オカルト・スピリチュアル
-,

執筆者:

関連記事

オーブちゃん

年上の人なので、本当は「ちゃん」じゃなくて「さん」だけど、石垣島のガールズBARで出会った不思議な女性の話。 スピリチュアルが好きな人や、不思議な体験をしている人は、普段あまりそういう話をしない事が多 …

人間と神と宇宙はリンクしている

人間はかつて神だった。 その神の意志が宇宙という卵を生み、その卵から人間という神の雛が孵った。 そして神の雛である人間は遠い未来でまた神になる。 中国かアメリカのどちらかが5Gの覇権を制したら、AIや …

可愛いお金には旅をさせよ

何か損な事や不都合な事が起こった時の対処法として、僕には自分で編み出した『メグル』という奥義のようなものがある。 『メグル』の奥義は特にお金に関する事に力を発揮する。 自分の欲しい物ややりたい事のため …

明晰夢でストレス解消

たまに明晰夢を見る。 明晰夢を見るきっかけは、大抵夢の中で高い所から落下した時だ。 その落下している浮遊感がなんとなく不自然な気がして、「あ、これは夢だ!」と気づく事が多い。 その後は夢の中を自由に行 …

「ひらがな」に秘められた力

日本人が昔から使っている「ひらがな(平仮名)」に関する面白い発見をした。 平らな仮の名前と書いて「ひらがな」。 この文字がこの世の現象をフラットにする。 たとえば、ひらがなで「きょうそう」。 この言葉 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク