オカルト・スピリチュアル 哲学・思想

乙女の祈り

投稿日:2020-08-19 更新日:

乙女の祈り。

宮城県の松島にそう呼ばれる場所がある。

有名な心霊スポットで20代の時に一度行った事がある。

そこは近くにキャンプ場がある断崖の松林で、一本の松の木に、この断崖から飛び降り自殺した女子校生の遺書が彫ってある。

コノ時ヲモッテ乙ノ限界ヲ知ッタ

大自然二生キルイギヲ失ウ

乙ハ死ヲ持ッテ

コレヲ征服セネバナラナイ

昭和四六 二 一男

こんな内容の遺書で、解読すると呪われるという噂がある。

友達がその木を写真に撮って現像したら、その木の写真だけ真っ白で何も写っていなかったらしい。

失恋を苦に、交際していた男性に向けて彫った遺書だとか、レイプされた事を誰にも信用してもらえず、それを証明するために彫った遺書だとか、説がいろいろあって真相は定かではない。

ただ実際にこの場所を訪れてこの句を読んでみると、ここで死んだのは女性じゃなくて、男性じゃないのかな?と感じた。

遺書の文面が硬く、女性っぽくないし、最後の「一男」という名前に関しても、交際相手というよりかは本人ものだと考えた方がしっくり来る。

昭和46年。

僕が生まれる7年前。

遺書にあるこの年ってどんな年だったんだろう?

気になったので調べてみると、アポロ14号が月に着陸している。

NHK総合テレビが全番組カラーになり、民放では『仮面ライダー』の放映もはじまった。

この年の邦画ランキング一位は『男はつらいよ 寅次郎恋歌』で、洋画の一位は『ある愛の詩』。

環境のまったく異なった世界に育った男と女の愛の物語。

なんとなく、遺書から感じ取れる傷心に近いような内容の映画だと思った。

昭和46年はそういう恋愛が流行った時代だったんだろうか?

そういう時代の恋愛に限界を感じた男の人の遺書なのだろうか?

その日は友達と友達の彼女と三人で行ったんだけど、満月がとても綺麗な夜で、「死ぬならこういう夜かもね」と、三人でしんみり話した思い出がある。

懐中電灯は必要なく、月の明りだけで松島の絶景がよく見えた。

松の木で首を吊ったという人もいるけど、海面に映っている満月に吸い込まれて飛び込んだのかもしれない。

噂ほど怖い印象の場所ではなく、僕にはただそういう吸引力がある綺麗で寂しい場所だった。

三人でタバコを木にお供えして、手を合わせて帰った。

もうその松の木は伐採されて、今はもうないようだ。







-オカルト・スピリチュアル, 哲学・思想
-

執筆者:

関連記事

苺ちゃん

「ワタシ、変ですか?」 僕が10年近く住んだ古巣の仙台を離れて上京したのは、その言葉が口癖になってしまっている女の子との出会いがきっかけだった。 彼女とは当時やっていたブログを通じて知り合った。 僕が …

「ひらがな」に秘められた力

日本人が昔から使っている「ひらがな(平仮名)」に関する面白い発見をした。 平らな仮の名前と書いて「ひらがな」。 この文字がこの世の現象をフラットにする。 たとえば、ひらがなで「きょうそう」。 この言葉 …

たまに行者する

一時期よく山登りをしていた。 きっかけは新田次郎の山岳小説『孤高の人』を読んで影響を受けたからだと思う。 夕暮れに下駄を履いて易々と六甲山に登った破天荒な男が、自身の類稀な登山の才能に目覚め、常に単独 …

自己開示

僕が自己開示する理由

自分と他人を比較して、相対的な幸福を追い求める人たちは、自分や他人のプライベートな部分に敏感だ。 人の不幸は蜜の味。 自分が幸福でなければ他人の幸福も素直に喜べない弱さがある。 出来る事なら他人の心の …

子供たちに教えてもらった大事な事

東京の生活をやめて地元に帰り、一年くらい妹夫婦の家に居候していた。 甥っ子が二人いて、2年くらい一緒に過ごした。 その間、僕たち大人が良かれと思って子供たちにあれこれ教育的指導をしていく中で、逆に二人 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク