エッセイ

冤罪セクハラソング

投稿日:2020-08-31 更新日:

テンション上がり過ぎて油断したというか、セクハラをするつもりは一ミリもなかったのに、結果セクハラになってしまう事が多々ある。

仙台に住んでいた頃、僕はスーパーの生鮮食品を卸す会社でバイトをしていた。

工場長と社員さんが4人、女性の事務員が2人、後は僕を含めたバイトが3人。

小規模のアットホームな会社で、作業は注文が入った食品を数量通り出荷したり入荷する簡単な肉体労働だった。

すぐに作業に慣れ、社員さんや先輩にも可愛がってもらえたので、僕は作業中よく歌を歌ったりして働いていた。

僕はカラオケが苦手で、人前で歌ったりはあまりしないけど、歌うこと自体は好きなので、独りの時はよく歌う。

お気に入りのアーティストの曲を口ずさむのはもちろん、たまに即興で思い浮かんだオリジナルソングなども歌う。

今度合コンやるけど来る?

同い年のバイト仲間にそんなお誘いがあった日には作業がはかどり、かなり上機嫌で歌う。

冷蔵食品を収納している冷蔵庫内は声がよく響くので、コンサート会場にでもいるような気分と臨場感で大胆に何曲も歌う。

自分の世界に入り過ぎて、「チンポ」や「マンコ」などと言った、卑猥なワードをふんだんに盛り込んだ歌なども、つい歌っている時がある。

その卑猥なナンバーは基本的にはロック調なんだけど、それは時にヒップホップ調だったり、ブルースや演歌調で歌い上げたりもしていた。

誰もいない冷蔵庫は僕の独りカラオケボックス状態である。

そんなある日僕は完全に油断していて、独り冷蔵庫で作業しながらまた卑猥な歌を歌った。

SEX!SEX!SEX!

そんなワードを絶叫してから、声高らかにオリジナルの卑猥なロックナンバーを歌っていたら、奥の物陰から事務員の女の子が突然姿を現した。

僕が冷蔵庫に入った時は扉が閉まっていたから、中に人がいるなんて全く思っていなかった。

もう全編卑猥なAメロ、Bメロ、サビまで歌ってしまっている。

自分的にはハスキングビーを彷彿とさせるエモーショナルな仕上がりの曲だと思っているけど、サビの卑猥なワードに関しては死ぬほどエグイ。

死ぬほどエグイので、歌詞の内容は割愛する。

事務員の女の子は何食わぬ顔して冷蔵庫を出ていったけど、がっつり視聴してしまった事は間違いなく、微かな不快感を示している気まずさを確かに彼女から感じた。

うわぁ、どうしよう?

僕は自意識過剰なので、心臓が口から飛び出しそうになった。

変態!セクハラ野郎!

確実にそう思われただろうけど、そんなつもりはなくても状況的に「違う」とは言えない。

実はお笑い系のバンド目指してるもんで(^^♪

目指してないのでそんな言い訳も通じないだろう。

馬鹿が上機嫌で、思いつきの歌を歌っただけの事だ。

小規模で地味な会社だけど、事務員の女の子はわりと裕福な家柄で育ちが良く、初任給でエレクトーンを買うような音楽の趣味もある。

冤罪でもセクハラである事を受け入れるしかなかった。

まだでも十八番のキラーチューンじゃなかったからマシかな? なんて思いつつ、それ以来二度と会社で歌を歌わなくなった。

若気の至りで済む話だとは思っている。







-エッセイ

執筆者:

関連記事

ひょっとして前日にSEXしてるんちゃいますか?

僕は東北出身だけど、大阪に住んで3年くらい経つから関西弁でエッセイ?みたいなもんも書いてみようかと思う。 僕は休みの日になると、朝マクドに行って本を読む。 チキンクリスプマフィンのコンビを頼んで2時間 …

ピュア桜満開!

僕が通っていた専門学校のすぐ隣は女子高だった。 美術系の専門学校だったので、屋上でスケッチなんかをしていると、隣の女子高の屋上がやたらと賑やかだったりするのがよく目についた。 女子高の屋上は僕がいる専 …

苺ちゃん

「ワタシ、変ですか?」 僕が10年近く住んだ古巣の仙台を離れて上京したのは、その言葉が口癖になってしまっている女の子との出会いがきっかけだった。 彼女とは当時やっていたブログを通じて知り合った。 僕が …

夜明けに米米WAR

他人の意外な一面を突発的に知る時がある。 それは冬の北海道で、僕は派遣の仕事で士別にある製糖工場で働いていた。 名寄市にある一軒家を他の派遣社員の人とシェアして、士別の製糖工場までは、派遣会社の専属ド …

無知無知ねるね

その場にいる全員が無知ゆえに起こる悲劇がある。 小学校の時、茶の間で妹と当時新発売のお菓子「ねるねるねるね」を作っていた。 昔懐かしいテレビCMで、眼鏡をかけた老婆の魔女が、「ヘッヘッヘッ、練れば練る …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク