エッセイ

みんな元気?生きてる?

投稿日:2020-09-09 更新日:

実家の母親だったり、地元の友達から久しぶりに電話がかかって来ると、みんな決まって「元気か?」「生きてるか?」と僕に声をかける。

そして僕は反射的に「元気だよ」「生きてるよ」と無意識に返事をする。

母親や地元の友達には嘘でも「元気じゃない」「死にたい」などとは決して言えないのである。

離れていてもお互いの事はよく知っているから、言葉に出さなくても、なんとなく現状を察する事が出来る。

元気じゃない」「死にたい」などと言ってしまえば、みんな必ず心配してくれるし、話も聞いてくれるだろう。

ただ僕はこの人たちの前ではいつも笑って元気でいたいから、それを言いたくない。

この人たちの前だけでは弱音を吐きたくないという思いというか、プライドのようなものがある。

たぶん向こうもそれを理解してくれている。

それを理解して了承しているからこそ、いつも決まり文句のように「元気か?」「生きてるか?」と尋ねてくれているような気がする。

だから僕は毎回努めて明るく「元気だよ」「生きてるよ」と返す。

それで十分。

そうやってお互いに相手の声が聞けた時点でもうどこか安心している。

昨年末に実家に帰省して、家族と正月を一緒に過ごした時、小学生の姪っ子が宿題の書初めに「生きる力」という言葉を書いていた。

姪っ子はただ一生懸命書初めしていただけで、真剣に「生きる力」とは何か?などとは考えていなかっただろうけど、母親である義姉に見守られながら、丁寧に一文字一文字筆を置いていく姪っ子の姿は僕にとってまさに「生きる力」だった。

この先何があっても健やかに長生きして。またこの子に会いたいなぁ」と、強く思った。

久しぶりに一緒に飲んだ友達も「また生きて帰って来いよ」と言って、いつも見送ってくれる。

僕も当然また会いたいから「おまえらも達者でな」と返して、俄然生きる気になって来る。

何かある度にぼんやり自分の未来を思い浮かべたりするけど、確かなものは何もないから、保証出来ない言葉ではある。

自分がいつ死ぬのか?とかも全然わからない。

相変わらず嫌な事も良い事もある。

思い通りに行ったり、行かなかったりして、浮いたり沈んだりする不安定な人生だ。

ただ今日も生きている、「今」という瞬間を生きている事に猛烈に感動したりする時がたまにあって、うまく言葉に出来ないけど、そういう思いをこのブログにちょっと書いてみたかった。

みんな元気? 今日も生きてる?







-エッセイ

執筆者:

関連記事

新宿の夜の屁にこかされた

僕は確信犯的に屁をこく人が嫌いだ。 正確に言うと嫌いだった。 トイレでたまに見かける「あっ」と吐息を漏らしてから、「ブッ」と屁をこくタイプの人。 「ブッ」と屁をこいてから「あっ」と吐息を漏らすのであれ …

従兄弟が畏み申す

「今、何か悩みとか無いか?健康とか」 20代後半くらいの時、某社のネットワークビジネスに手を出した同い年の従兄弟が、オーガニックな健康食品やサプリメントのパンフレットを抱えて、よく僕のアパートを訪ねて …

ひょっとして前日にSEXしてるんちゃいますか?

僕は東北出身だけど、大阪に住んで3年くらい経つから関西弁でエッセイ?みたいなもんも書いてみようかと思う。 僕は休みの日になると、朝マクドに行って本を読む。 チキンクリスプマフィンのコンビを頼んで2時間 …

タラレバ心配性

例えば、今悩んでいる自分を安心させるために、未来から来た自分がこれから起こる事をあれこれ教えてくれたとする。 現在のボク 「嗚呼、オレの将来どうなるんだろ?」 未来のボク 「安心しろ。今おまえは将来に …

女子ふんじゃった

高校三年の時、何の前触れも無しにクラスの女子が実家に遊びに来た。 学校でたまに話す程度の仲ではあったけど、家に遊びに来る程の仲ではないし、非モテ男子だったからかなり焦った。 その時実家には母親と婆ちゃ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク