哲学・思想 芸術

『吾輩は猫である』 ~漱石に見る諦念と達観

投稿日:2020-09-30 更新日:

精神科医の岡田尊司さんの著書『愛着障害』を読んで、日本を代表する文豪・夏目漱石が「恐れ・回避型の愛着スタイル」に該当する可能性がある事が分かった。

僕も愛着障害の診断テストを受けると、愛着不安と愛着回避のスコアが高く、漱石と同じ「恐れ・回避型の愛着スタイル」に該当する。

おそらく僕の繊細過ぎるHSP的特質もこの「恐れ・回避型の愛着スタイル」に起因する症状だと思う。

愛着不安と愛着回避が共に強い「恐れ・回避型愛着スタイル」は、対人関係を避けて引きこもろうとする人間嫌いの面と、人の反応に敏感で、見捨てられ不安が強い面の両方を抱えているため、対人関係はより錯綜し、不安定なものになりやすい。

一人でいることは不安で、人と仲良くしたいと思うが、親密になることで強いストレスを感じたり傷ついてしまうという矛盾を抱えている。

自分をさらけ出すのが苦手で、うまく自己開示できないが、その一方で、人に頼りたい気持ちも強い。

不安型の人のように器用に甘えられず、かといって回避型のように超然とばかりもしていられない。

人間嫌いなのに、人と関わり、相手を信じようとするばかりに、そこで傷つくことが多くなる。

親しい関係になって、相手を求めたい気持ちが強くなるほど、うまくいかなくなる。

漱石も僕と同様に自分のことを表現するのが、とても不器用だった。

だから僕も漱石もブログや文学作品という体裁をとって、間接的に自分の傷ついた心を表現しているのかもしれない。

漱石の作品は、いかに自分の正体を見破られないように隠蔽しつつ、かつ自分を表現するかという二つの相反する要求の微妙なバランスの上に成り立っていた。

自分の飼っていた猫の目線で、主である自分自身を客観的に語る『吾輩は猫である』はまさにそうだと思う。

漱石にとって『吾輩は猫である』に登場する猫は、僕が「嗤う狐」と呼んでいるもう一人の自分と同じ存在であり、偶然に体得した、客観的に自分自身を観察するためのマインドフルネスのようなものかもしれない。

物語の中で、吾輩である猫は自分の主人がいずれ胃潰瘍にやられて死ぬ事を悟る。

そして猫は主人が残したビールを飲んで酔っ払い、誤って水瓶の中に落ちてしまい、あっけなく溺死する。

どうやら吾輩は珍野家にある大きな水がめに落ちたようである…

苦しくて苦しくて脱出を試みたが…水がめのふちはかなり上にある

水がめの内壁には爪は立たず、飛び上がっても脱出できそうにない…

じっとしていたら沈んでいき溺れてしまう…

こんなものは拷問だ、馬鹿げている…

吾輩は諦めることにした…

もうよそう…すべてを自然に任すのだ…

次第に楽になってくる…苦しいのか、ありがたいのか…

自分がどこにいるかもわからない…ただただ楽である

そしてその楽すら感じなくなってきた…

吾輩は死ぬ…

太平に入るのだ…

死んで太平を得る

いや…死なねば、太平は得られぬ…

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏…

ありがたい、ありがたい

諦念と達観が入り混じったようなこの結末に、僕は漱石が抱えている病弱さゆえの死の不安と、そうなるくらいならいっそ酔っぱらって楽観的に死にたい自死への憧れが同居した複雑な心境を見た気がした。

僕も漱石同様胃腸が弱く、ストレスがかかるとつい酒を飲み過ぎる。

だから他人事ではない。

『吾輩は猫である』が完成してから3年後に夏目家で飼っているモデルの猫が死ぬ。

そしてその約8年後、漱石は最後の小説『明暗』を執筆中に胃病の悪化によってこの世を去った。

僕は漱石のような優れた文才に恵まれなかったから、なおさら漱石と同じような道は歩みたくない。

今後も勉強を続けてなんとかこの愛着障害を克服して、終は今よりのんびり穏やかな暮らしをしたいと思う。







-哲学・思想, 芸術
-

執筆者:

関連記事

バトルロワイアル

映画『バトルロワイアル』 誰もが了承している殺人の不文律

あらすじ 大不況に見舞われ、失業者が全国にあふれる一方、学校では不登校生徒が増大、少年犯罪も多発、少年に対する大人たちの怒りが爆発、こうした国民世論を背景に強力な生存能力を備えた青年の養成と、強い大人 …

HSPは生存戦略

HSP( Highly sensitive person)は高度な感覚処理感受性(あるいは生得的感受性 )を持つ人のこと HSPはかなり繊細で、その敏感すぎる特性ゆえにストレスを感じやすく、現代社会で …

マンガ『僕とフリオと校庭で』観念と実存の狭間で揺れる

ネットの動画で「幽霊はいる? いない?」をテーマに論争している番組を観た。 過去何度もやって来た論争だと思うけど、僕はこのテーマに関しては今後何年経っても決着がつかないだろうな、と思っている。 僕の祖 …

僕が考えた怖い遊び

はじめに 真似はしないでほしい。 小学校3年くらいの時、僕は学校の友達と僕が考えた「ムシムシ」という遊びをやっていた。 ルールは単純で、ジャンケンで負けた人をただひたすらみんなで無視するだけ。 なぜこ …

映画『愛がなんだ』恋愛における捕食関係

あらすじ 28歳の会社員・テルコ(岸井ゆきの)は、マモル(成田凌)のことが好きになって以来、仕事や友人がどうでもよくなるほどマモル一筋の生活を送っていた。一方、マモルにとってテルコは、ただの都合のいい …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク