哲学・思想 芸術

映画『怒り』 同情や共感をしてはいけない人

投稿日:2020-11-07 更新日:

あらすじ

八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。

監督:李相日

原作:吉田修一

キャスト:渡辺謙 宮崎あおい 妻夫木聡 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛

アマゾンprimeで再視聴した。

一度目は諏訪之瀬島へ行くフェリーを待つ間、鹿児島の映画館で観た。

千葉、東京、沖縄にいる素性の分からない三人の男。

この中の誰が八王子殺人事件の犯人「山神」なのか?

映画の予告の段階で、僕は沖縄にいる田中が犯人ではないか?となんとなく思っていた。

映画を観ている僕自身が、その時世間的には素性の分からないバックパッカーだった。

バックパッカーと言えば、自由を謳歌している旅人みたいで聞こえはいいが、内実は世間が煩わしくてドロップアウトしているだけだった。

諏訪之瀬島は田中が潜伏していたような無人島ではないけど、必要最低限の慎ましい暮らしがあるばかりの静かな島で、世間の煩わしさから距離を置くのに都合の良い島だった。

この島にはかつてヒッピーのコミューンがあったらしく、国内外からヒッピーたちが集まる聖地になっていたようだ。

僕はその名残のようなものを求めて、あわよくばこの島で自給自足の生活が出来ればいいのに、と思っていた。

ナッツ缶と水だけ持ってキャンプ場にテントを張り、二週間くらい生活した。

瞑想と読書以外、ほとんど何もせず、ただ孤独な時間を過ごした。

誰にも理解してもらえないような事している時、僕の心は喜々としていて、自分を高尚な人間だと思い込んで、文明社会に依存しないと生きていけないような人たちを心底見下している。

文明社会に依存して生活している時、僕の心の中には文明社会に見下されているような怒りが常にあった。

感情には順序があって、怒りの前に恐怖がある。

文明社会に見下されているような怒りは、文明社会に見捨てられる恐怖を撥ね退けるために沸き上がった感情だと思う。

怒りを覚える事で強がり、逆に文明社会を見下そうとしていたのだ。

僕がドロップアウトした行動原理には、そういう怒りの感情があった。

田中が他人を見下したり、犯罪に手を染めてしまった行動原理にも僕以上の「怒り」があったんだと思う。

千葉、東京、沖縄の三人の中で、唯一田中だけが誰にも理解されず救われなかった。

誰にも理解されなくていい、救われなくていい。

そう覚悟を決めた人間に寄せる同情や共感ほど、辛辣で侮辱的なものはないのかもしれない。

自分に対するあらゆる好意的な感情を全て諦めないと生きていけない人間がいる。

本当は喉から手が出るくらい欲しいものだけど、求めて得られなければ渇きが増す。

母親に愛されない原罪を背負い、世界から祝福されなかった者がずっと封印している願望。

そうなってしまった田中の生い立ちや経緯は一切語られない。

荒れた暮らしと僅かな証言だけがある。

でも千葉と東京の二人が抱えている秘密がそれを代弁しているような気もした。

女性が殺され、女性が風俗堕ちして、女性がレイプされ、女性が病死する。

女性にとって過酷な描写が作中に多いのは、母親に愛されない男性の復讐心の暗喩だったりもするんだろうか?

田中は殺した女性を本気で生き返らせようとしていた。

動機はわからない。

動機はわからないけど、やはり封印していた願望を切実に求めてしまったのだろう。

劇場ですすり泣く観客たちの気持ちのほとんどは不幸な目に遭った者、被害に遭った者たちに寄せられたもので、田中の「怒り」に同情したり共感するものではない。

そんな人は誰一人いなかったと思う。

最低な人間なのだから居ていいはずがない。

僕はそんな田中の「怒り」に同情したり共感するのが怖かったから、田中が犯人でなければ良いのにと思ったのだ。







-哲学・思想, 芸術
-,

執筆者:

関連記事

夢で教わった“ART”の定義

先日夢の中で“ART”とは何か?を僕に諭す人がいた。 その人が言うには“ART”とは「Animism Regression Trance」の略語で、“人間がアニミズムに回帰するためのトランス状態の中で …

アウトサイダー世に憚る

このブログのタイトルにしている「嗤う狐」。 これは僕が小さい頃から付き合っているニヒルでアウトサイダーな意識につけた名前だ。 「嗤う狐」の時の意識は全ての出来事を感情を挟まずに俯瞰する視点を持っている …

映画『セイジ~陸の魚』 超人への発露

あらすじ 投げやりに就職先を決めて、自転車による一人旅に出た大学生(森山未來)。だが、その途中で事故を起こしてしまい、旧道沿いにあるドライブインHOUSE475に立ち寄る。寡黙ながらも真理を突いたこと …

法案

法案を考案してみた【安楽死自由化法案】

僕のTwitterのタイムラインに安楽死を望むツィートがたまに流れて来る。 自分の置かれている現状が苦しい 今後の将来が不安で何の希望も見出せない 楽なうちに死にたい 楽に死なせてほしい 日本も安楽死 …

神武東征

新しい神話の時代を生きる

直感が働く時、僕はそこに自分の意志ではない第三者的な意識の存在をうっすらと感じる時がある。 その時点では何が目的か分からないけど「とにかくやらなきゃな」みたいな気にさせられ、行動を起こした後日にその答 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク