芸術

THE・ブルーハーツ

投稿日:2021-02-08 更新日:

誰かと話していて一番盛り上がるのは音楽の話題だ。

僕はあまり友達が出来ないタイプだけど、音楽の話を通じて友達になる事が多かった。

音楽の趣味が合う人とは、不思議と関係が長続きする。

また音楽には命も救われたりした。

だから音楽を聴きながら、音楽についてもこのブログで書いてみたい。

THE・ブルーハーツ。

このバンドも命の恩人。

甲本ヒロト、真島昌利ことマーシー率いるブルーハーツの歌には嘘が一つもない。

全部本当の事を歌っている。

これが出来るバンドってあまりいないと思う。

どうしても等身大の自分たちではなく、理想化した自分たちの気持ちを歌にしてみたりする事ってあると思うけど、ブルーハーツには微塵もそれがない。

僕らの世代というか、僕の同級生たちは、このブルーハーツとBOØWY、X‐JAPANの三組のバンドをカリスマの御三家として、避けて通れる人が一人もいなかった。

みんなどれか必ず聴いていた。

僕は三組とも好きで、今もたまに聴く。

ブルーハーツのCDを初めて買ったのは高校くらいの時だけど、兄がいたので、ブルーハーツの曲自体は兄が持っていたテープで聴いていた。

嘘がないから問答無用で嗚咽してしまう曲ばかり。

何もかも嫌でどうしようもない時、ブルーハーツを聴いて、訳も分からず泣きじゃっくったりした事が何度もあった。

ブルーハーツの曲は全部本当の事だから、聴いている人にも本当の事が起きる。

『街』という曲の中に、

いつか会えるよ 同じ気持ちで爆発しそうな仲間と きっと会えるよ

という歌詞がある。

僕が専門学校に入学した時、その歌詞が本当になった。

そんな仲間と本当に出会う事が出来た。

彼もやっぱりブルーハーツが好きで、音楽の趣味を通じて友達になって、いつも一緒にいた。

今は離れ離れだけど、一生の友達だとはっきり言える仲間。

ヒロトとマーシーくらい仲良かったと思う。

ブルーハーツを聴いてなかったら、たぶん出会えなかった気がする。

今度会ったら何話そうかな?

オマエ最近、何聴いてんの?

だと思う。

【特に好きな3曲】 リンダリンダ 月の爆撃機 情熱の薔薇

ブルーハーツ / 情熱の薔薇 (1992.7.29)







-芸術
-

執筆者:

関連記事

映画『シン・ゴジラ』理想の無い凍結した現状

あらすじ 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現 …

映画『MOTHER』 母親という絶対的存在

あらすじ 男にだらしなく自堕落な生活を送るシングルマザーの秋子(長澤まさみ)は、息子の周平に異常に執着する。秋子以外に頼れる存在がいない周平は、母親に翻弄(ほんろう)されながらもその要求に応えようとも …

マンガ『ライチ光クラブ』 最後の抵抗期

あらすじ 工場の煙に覆われた螢光町の片隅にある、「光クラブ」と名づけられた少年たちの秘密基地。その場所で、ある崇高なる目的のために作られた「機械」が目を覚ました。 原作:古屋兎丸 14歳の少年たちが、 …

映画『脳男』殺人者に至る経緯

あらすじ 都内近郊で無差別連続爆破事件が発生し、犯行には舌を切り取られた女性の全身に爆弾を巻きつけた「人間爆弾」が使われていた。正義感の強い刑事の茶屋は犯人・緑川のアジトを突き止めるが、確保できたのは …

ARTに生みの苦しみはいらない

「必死こいてアピールしなくても良い物を創れば必然的に残るはず」 そう思って、以前仙台の海岸で専門学校の友達と立体のARTを創った事があった。 誰が創ったのかわからないARTのような造形物がもし海岸にポ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク