芸術

THE・ブルーハーツ

投稿日:

誰かと話していて一番盛り上がるのは音楽の話題だ。

僕はあまり友達が出来ないタイプだけど、音楽の話を通じて友達になる事が多かった。

音楽の趣味が合う人とは、不思議と関係が長続きする。

また音楽には命も救われたりした。

だから音楽を聴きながら、音楽についてもこのブログで書いてみたい。

THE・ブルーハーツ。

このバンドも命の恩人。

甲本ヒロト、真島昌利ことマーシー率いるブルーハーツの歌には嘘が一つもない。

全部本当の事を歌っている。

これが出来るバンドってあまりいないと思う。

どうしても等身大の自分たちではなく、理想化した自分たちの気持ちを歌にしてみたりする事ってあると思うけど、ブルーハーツには微塵もそれがない。

僕らの世代というか、僕の同級生たちは、このブルーハーツとBOØWY、X‐JAPANの三組のバンドをカリスマの御三家として、避けて通れる人が一人もいなかった。

みんなどれか必ず聴いていた。

僕は三組とも好きで、今もたまに聴く。

ブルーハーツのCDを初めて買ったのは高校くらいの時だけど、兄がいたので、ブルーハーツの曲自体は兄が持っていたテープで聴いていた。

嘘がないから問答無用で嗚咽してしまう曲ばかり。

何もかも嫌でどうしようもない時、ブルーハーツを聴いて、訳も分からず泣きじゃっくったりした事も何度もあった。

ブルーハーツの曲は全部本当の事だから、聴いている人にも本当の事が起きる。

『街』という曲の中に、

いつか会えるよ 同じ気持ちで爆発しそうな仲間と きっと会えるよ

という歌詞がある。

僕が専門学校に入学した時、その歌詞が本当になった。

そんな仲間と本当に出会う事が出来た。

彼もやっぱりブルーハーツが好きで、音楽の趣味を通じて友達になって、いつも一緒にいた。

今は離れ離れだけど、一生の友達だとはっきり言える仲間。

ヒロトとマーシーくらい仲良かったと思う。

ブルーハーツを聴いてなかったら、たぶん出会えなかった気がする。

今度会ったら何話そうかな?

オマエ最近、何聴いてんの?

だと思う。

【特に好きな3曲】 リンダリンダ 月の爆撃機 情熱の薔薇







-芸術
-

執筆者:

関連記事

MOGA THE ¥5

よく聴いていたのは20代前半。希死念慮がひどい夜にいつも鳴らしていた。 何が為にこんなに不安なんでしょうか? 2rdアルバムの『未完全論』がそう言うように、突発的に襲って来る不安はいつも曖昧で、眠りに …

映画『15時17分、パリ行き』明確なビジョンに起こる運命

あらすじ 2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせ …

映画『キョンシー(殭屍)』陽が過ぎて陰が満ちる

あらすじ 大ヒットホラー映画に出演してスター俳優として活躍したものの、今では落ち目になった上に妻子とも別れてしまったチン・シュウホウ(チン・シュウホウ)。全てに絶望した彼は、幽霊が出現するとささやかれ …

JITTERIN’JINN

ジッタリンジンの曲は小学校の時、従姉妹の姉ちゃんにもらったカセットテープでよく聴いていた。スカ、パンク、ロカビリーっぽい軽快なリズムの曲が多く、聴くとすぐに気持ちがはしゃぐ。専門学校の時まで、僕はこの …

マンガ『僕とフリオと校庭で』観念と実存の狭間で揺れる

あらすじ 抜け出せない不思議世界の迷路。 原作:諸星大二郎 ネットの動画で「幽霊はいる? いない?」をテーマに論争している番組を観た。 過去何度もやって来た論争だと思うけど、僕はこのテーマに関しては今 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク