芸術

THE・ブルーハーツ

投稿日:2021-02-08 更新日:

誰かと話していて一番盛り上がるのは音楽の話題だ。

僕はあまり友達が出来ないタイプだけど、音楽の話を通じて友達になる事が多かった。

音楽の趣味が合う人とは、不思議と関係が長続きする。

また音楽には命も救われたりした。

だから音楽を聴きながら、音楽についてもこのブログで書いてみたい。

THE・ブルーハーツ。

このバンドも命の恩人。

甲本ヒロト、真島昌利ことマーシー率いるブルーハーツの歌には嘘が一つもない。

全部本当の事を歌っている。

これが出来るバンドってあまりいないと思う。

どうしても等身大の自分たちではなく、理想化した自分たちの気持ちを歌にしてみたりする事ってあると思うけど、ブルーハーツには微塵もそれがない。

僕らの世代というか、僕の同級生たちは、このブルーハーツとBOØWY、X‐JAPANの三組のバンドをカリスマの御三家として、避けて通れる人が一人もいなかった。

みんなどれか必ず聴いていた。

僕は三組とも好きで、今もたまに聴く。

ブルーハーツのCDを初めて買ったのは高校くらいの時だけど、兄がいたので、ブルーハーツの曲自体は兄が持っていたテープで聴いていた。

嘘がないから問答無用で嗚咽してしまう曲ばかり。

何もかも嫌でどうしようもない時、ブルーハーツを聴いて、訳も分からず泣きじゃっくったりした事が何度もあった。

ブルーハーツの曲は全部本当の事だから、聴いている人にも本当の事が起きる。

『街』という曲の中に、

いつか会えるよ 同じ気持ちで爆発しそうな仲間と きっと会えるよ

という歌詞がある。

僕が専門学校に入学した時、その歌詞が本当になった。

そんな仲間と本当に出会う事が出来た。

彼もやっぱりブルーハーツが好きで、音楽の趣味を通じて友達になって、いつも一緒にいた。

今は離れ離れだけど、一生の友達だとはっきり言える仲間。

ヒロトとマーシーくらい仲良かったと思う。

ブルーハーツを聴いてなかったら、たぶん出会えなかった気がする。

今度会ったら何話そうかな?

オマエ最近、何聴いてんの?

だと思う。

【特に好きな3曲】 リンダリンダ 月の爆撃機 情熱の薔薇

ブルーハーツ / 情熱の薔薇 (1992.7.29)







-芸術
-

執筆者:

関連記事

アニメ『鬼滅の刃~柱合会議・蝶屋敷編』やんごとなき人の影

あらすじ 主人公・竃門炭治郎が隊士でありながら、鬼となった妹・禰豆子とともに行動していることに対して“隊律違反”を犯したと“柱”たちから裁判を受ける 鬼殺隊のリーダーである産屋敷輝哉の類い稀な人間性が …

『吾輩は猫である』 ~漱石に見る諦念と達観

精神科医の岡田尊司さんの著書『愛着障害』を読んで、日本を代表する文豪・夏目漱石が「恐れ・回避型の愛着スタイル」に該当する可能性がある事が分かった。 僕も愛着障害の診断テストを受けると、愛着不安と愛着回 …

ダークナイト

映画『ダークナイト』無敵の人が理解出来ないヤバイ社会

あらすじ 悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪 …

夢で教わった“ART”の定義

先日夢の中で“ART”とは何か?を僕に諭す人がいた。 その人が言うには“ART”とは「Animism Regression Trance」の略語で、“人間がアニミズムに回帰するためのトランス状態の中で …

バトルロワイアル

映画『バトルロワイアル』 誰もが了承している殺人の不文律

あらすじ 大不況に見舞われ、失業者が全国にあふれる一方、学校では不登校生徒が増大、少年犯罪も多発、少年に対する大人たちの怒りが爆発、こうした国民世論を背景に強力な生存能力を備えた青年の養成と、強い大人 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク