芸術

eastern youth

投稿日:2021-03-06 更新日:

嗚呼、孤立無援の花、咲くばかり、咲くばかり。
狭い部屋でROCKを聴きながら油絵を描きまくっていた20代前半、このフレーズが身に染みた。
eastern youth
このバンドと出会ったのは、仙台のアーケード街にある新星堂。
パンク系のコーナーの新譜に、武骨な坊主頭の男が描かれている版画のジャケットのCDがあったので手に取ってみた。
連れの友達が「そのバンド格好良いよ」と言うので試聴。
確かに、確かに!!
僕の好きな森田童子の「たとえば僕が死んだら」のカバー曲も入っている2ndアルバム。
大ジョッキに男気を並々注いで溢れさすような熱があり、一言で言えば「エモい
そもそもこの「エモい」「エモーショナル」という言葉と概念は、明確な意味を未だ調べずしてeastern youthがその迸る楽曲を通して教えてくれた。
当時の年齢は知らないけど、見た目は全員おっさんの3ピース。
オフィスで頭脳労働するような柄でもないし、基本的に人が苦手なので接客業も避けて肉体労働のバイトばかりしていた僕は、eastern youthが打ち出す汗臭くて泥臭い世界観に心酔した。
オレは腐っても芸術家だ!
理解されたら負け、売れたら負けだとeastern youthを聴く度に息巻いていた。

でもお前なんかまだ青い

彼らのエモーショナルはそんな感じで僕を突き放してくる時もあり、現実に打ちのめされて意気消沈する度に這い上がる怒りもくれた。
eastern youthは僕が敬愛する佐伯祐三という画家を教えてくれたバンドでもある。
HMVの店頭に堂々と掲げられた3rdアルバムのポスターが佐伯祐三の「立てる自画像」で、その絵にも感化された僕は、以後野獣派を気取って、絵の具を惜しまずに、毛羽だった筆とペインティングナイフでキャンバスに街や人物を描き殴った。
そして未だ何者にもなれずに生きている。
本当に世界は割れ響く耳鳴りのようで、やりたい事はいっぱいあっても、時間もお金もそんなに余裕がない状況。                    

何者にもなれずに、ただ生きて行く覚悟だけは余儀なくされている。
東北出身で独身、現在42歳。
まだまだ青いからeastern youthは僕にもピッタリなバンド名だ。

特に好きな3曲】「踵鳴る」「黒い太陽」「破戒無慙八月







-芸術
-

執筆者:

関連記事

日常空間で死ぬようなものはARTではない

僕はARTに関してあまり教養がない。 僕は創作する喜びを得たくてARTをやっているだけなので、自分の作品にも他人の作品にもあまり興味がない。 たまに美術館や個展を観に行ったりするけど、わけのわからない …

映画『シン・ゴジラ』理想の無い凍結した現状

あらすじ 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現 …

小説『芋虫』本当の生き地獄

あらすじ 傷痍軍人の須永中尉を夫に持つ時子には、奇妙な嗜好があった。それは、戦争で両手両足、聴覚、味覚といった五感のほとんどを失い、視覚と触覚のみが無事な夫を虐げて快感を得るというものだった。夫は何を …

マンガ『僕とフリオと校庭で』観念と実存の狭間で揺れる

あらすじ 抜け出せない不思議世界の迷路。 原作:諸星大二郎 ネットの動画で「幽霊はいる? いない?」をテーマに論争している番組を観た。 過去何度もやって来た論争だと思うけど、僕はこのテーマに関しては今 …

マンガ『ライチ光クラブ』 最後の抵抗期

あらすじ 工場の煙に覆われた螢光町の片隅にある、「光クラブ」と名づけられた少年たちの秘密基地。その場所で、ある崇高なる目的のために作られた「機械」が目を覚ました。 原作:古屋兎丸 14歳の少年たちが、 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク