哲学・思想

有名人の鬱や自殺報道を受けて想う事

投稿日:

有名人の鬱や自殺の報道があると、大勢の人が励ましの声や心配する声を上げる。

でも僕たちは所詮有名人のパブリックイメージしか知らない赤の他人なのであって、一方的に親近感を抱いて励ましたり心配したりしても意味がないような気がする。

僕たちは有名人のパブリックイメージに好感を持っているだけで、その有名人が本当はどんな人なのか全然知らない。

もし自分が有名人だったら、たとえファンでも、自分の事を何も知らない赤の他人に励まされたり、心配されたりしても別に嬉しくはないだろう。

むしろ「早く治せ!」と要求されているようなプレッシャーを感じて、更に追い詰められてしまうかもしれない。

注目されているのは一人歩きしたパブリックイメージだけ。

日本中に関心をもたれているのは、世間の期待に応えようとするパブリックイメージだけ。

世間が見たいのは有名人の素の姿ではなく、パブリックイメージだけ。

そのイメージを裏切ったら世間は許してくれるのか?

本当の自分を知ったら世間はどんな反応をするんだろう?

有名になるとそんな不安と恐怖が常につきまとうのかもしれない。

ゆっくり休んでください!

早く元気になってください!

またテレビで活躍する姿が見たいです!

いや、本当はもう辞めたいのに…

僕たち世間は疲れ果てた有名人たちの本音を知らずに、また楽しませて欲しいと期待する。

その人が必死で守って来たパブリックイメージがとても魅力的で価値のあるものだから、また復活して欲しいと期待する。

でも深いレベルでリアルに付き合いのある人にしか、その有名人が抱える苦悩は分からない。

無関心でいるつもりの僕にしても、つい気になってこのブログに自分の想いを書いてしまう。

赤の他人が有名人をネタにして、自分勝手な想いを綴る。

そしてこのブログを読んだ誰かが、今度は書き手の僕のイメージを好き勝手に想像する。

僕のイメージが一人歩きして、誰かを楽しませたり、傷つけたりする。

でも僕は無名だから別にどんなイメージでもいい。

何考えてるの?

よく言われるけど、いろいろ考えるからよく分かんない。

素の自分なんて正直何がなんだかさっぱりわからない。

だから別にどんなイメージでもいい。

どんなイメージだろうが、無名の何者でもない僕がただ生きていく事には何の支障もない。

不憫な有名人たちを見て、ふとそう想った。







-哲学・思想
-,

執筆者:

関連記事

感受性、応答せよ!現代アートもゲルニカも所詮無力

地下鉄の駅でたまたま立ち寄った現代アートの展示会を眺めてみた。 ほどよいスペースで何かを主張する立体と映像作品。 相変わらずわけがわからず、見た目には退屈だった。 でも僕はこれらが何を伝えようとしてい …

ゴキブリを想う

先日家にゴキブリが出た。 流しのあたりをウロチョロして、僕に見つかるとすぐにサッと物陰に隠れていた。 僕はゴキブリを殺さない。 見た目は確かに気持ち悪いと思う。 この世界にゴキブリを好きな人はほとんど …

『吾輩は猫である』 ~漱石に見る諦念と達観

精神科医の岡田尊司さんの著書『愛着障害』を読んで、日本を代表する文豪・夏目漱石が「恐れ・回避型の愛着スタイル」に該当する可能性がある事が分かった。 僕も愛着障害の診断テストを受けると、愛着不安と愛着回 …

孤独が「孤毒」になる人と「孤徳」になる人

以前仙台に住んでいた時、朝方まで友達と飲み明かし、酔いを引きずった駅前で孤独に関する議論を交わした事があった。 「もし自分の体に羽が生えたら楽しいだろうなぁ」 僕が何気なくそう呟いたら、それを受けた友 …

HSPは生存戦略

HSP( Highly sensitive person)は高度な感覚処理感受性(あるいは生得的感受性 )を持つ人のこと HSPはかなり繊細で、その敏感すぎる特性ゆえにストレスを感じやすく、現代社会で …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク