哲学・思想

ワンコインちゃん

投稿日:

性行為の同意について、思う事を書いてみたい。

僕は以前援助交際をした事がある。

相手の年齢は24歳で、マッチングアプリを利用して出会った。

未成年じゃないから犯罪ではないけど、相手が言った年齢を信じているだけだから、実際はわからない。

この国の法律では、性行為の同意が正しく判断出来る年齢を13歳と設定しているみたいだけど、肉体的に成熟している大人びた13歳もいたりするから、見た目だけで実年齢を判断するのは難しい。

というより、男女共に人を見る目がなかったら、性行為の同意によるトラブルは跡を立たないと思う。

特に援助交際は実際に会うまでお互いがどんな人間なのかわからない。

僕の場合はアプリのプロフィール写真がタイプだったから連絡してみたら援助交際を希望している子だった。

とりあえずLINEを交換して何度かやりとりしていたら、その子がホテル代込みで3万円を提示して来たので、その金額で承諾して相手をしてもらう事にした。

この場合の性行為の同意については金銭的契約で成り立っていると僕は思っている。

でもそれはあくまで僕側の解釈で、相手の気持ちは知らない。

好きで援助交際をしているわけではないだろうから、お金を払ったとしても、相手に気持ちがなければ相手が同意しているとは言えない。

アプリのプロフィール写真の見た目はわりとタイプだったんだけど、実際に待ち合わせ場所に来たのは、想像よりかなり太めの女の子で、本人も写真と実物の違いを自覚しているのか、申し訳そうな顔をしていた。

正直期待はずれだったから、その時点で僕の気持ちがすっかり萎えてしまい、ホテルはやめてカフェにでも誘ってみようかな?と思ったんだけど、「どうしてもお金が必要だ」と言われたので、約束どおりホテルに入った。

初対面の緊急が溶けるまで、とりあえずソファでいろいろ話していたら、彼女は金沢から進学のために大阪に出て来た子で、バイト生活をしながら奨学金返済のために援助交際をしていた事が分かった。

見た目がそんなに良い子ではないので、風俗で働いても客があまり取れないらしく、これまで付き合って来た男運も悪くて、デートをしても基本的に全て割り勘で、奢ってもらっても500円までしか出してもらった事がないと言っていた。

アタシはワンコインくらいの価値しかない

努めて明るくそう言う感じが健気だったから、なんか気の毒になって来た。

出来ればこれからも何度か会って援助して欲しいみたいな事を言われたけど、そんなにタイプじゃない子に毎回3万円使うのはさすがにきついなと思ったので、今回だけ相手をしてもらうつもりでいた。

ワンコインに同情して僕の気持ちはさらに萎えていたし、彼女の方も奨学金返済のために渋々やっている援助交際だ。

たとえお金で成立している性交渉であるとはいえ、愛もへったくりもなければ、同意もクソもない。

なんかお互いに気を遣いながら、半ばヤケクソなSEXをして、しばらくボーッとしてから、冷蔵庫のアルコールを出して二人で飲んだ。

次から少し安くするからまた会ってくれる?

肉体関係を持ったからか、だいぶ打ち解けた感じで彼女がそんな事を言って来た。

僕の答えはNOだったけど、ワンコインしか奢ってくれない彼氏としか付き合った事がなく、自己肯定感が低い自分をさらに安売りしている彼女がやはり気の毒だったから、つい「うん」と言ってしまった。

それを聞いた彼女が喜んでしまったので、僕は彼女の期待に同意した事になる。

彼女にしてみたら、「たった一度の性行為でも同意したら付き合ってくれるんですよね?アタシみたいな女でも大事にしてくれるんですよね?将来的に結婚も視野に入れて交際を続けてくれるんですよね?

そんな気持ちで僕とSEXをしていたのかもしれない。

僕はもちろん、そんな彼女の気持ちには同意していない。

ホテルを出てから、そのまま別れるのもなんか気まずいので「ご飯行く?」と誘ってみたけど、彼女は用事があるらしく、その日はそこで別れた。

ワンコイン以上の食事くらいは奢ってあげてもいいと思っていたから、その後もしばらくLINEは続けたけど、結局会ったのはこの一回だけで、だんだん疎遠になった。

だからもし彼女が後日、僕との性行為に不服を感じて、「あの時は同意していなかった」と訴えて来たら言い訳は出来ない。

風俗みたいにお店を通して金銭契約したわけでもないので負けるしかない。

そもそもコンドームを付けた時点で、僕は相手の気持ちに同意してないも同然だ。

相手が好きな子とかだったら、後から同意してないってごねられても、素直に罪を認められる。

女性にとってはたった一度の性行為に対して同意したかどうかの問題ではないんだろう。

たった一度の性行為に、付き合って結婚して所帯を持って、一生添い遂げる覚悟があるかまでを同意しろ、と主張しているような気がする。

成熟した大人がほとんど見当たらないこの日本で、この途方もない要求に同意出来る人なんかいるだろうか?

自分がまともな人間である事を疑わず、成熟したふりをしている大人はたくさんいる。

でもそのほとんどの人が雰囲気で盛り上がって、本能でSEXしただけだろう。

男女互いに感情を押しつけ合うだけの議論している時点で、相手を愛する覚悟なんてさらさらなくてSEXしてたんだろうな、と思う。

そんな大人ばかりの日本を考えたら、一時だけ愛があっても一生添い遂げるのは難しい。

とにかく僕に何も不満を言わなかったワンコインちゃんがただただありがたい。







-哲学・思想
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

感受性、応答せよ!現代アートもゲルニカも所詮無力

地下鉄の駅でたまたま立ち寄った現代アートの展示会を眺めてみた。 ほどよいスペースで何かを主張する立体と映像作品。 相変わらずわけがわからず、見た目には退屈だった。 でも僕はこれらが何を伝えようとしてい …

人格

人間の人格と認知の違いについて思う事

人間の人格と、認知の違いについて思う事を書いてみる。 僕は二重人格や多重人格の症例に限らず、人は誰でも幾つかの人格の型を持っていて、時と場合に合わせてそれを無意識に使い分けていると考えている。 普段優 …

ブログは思考と感情のデトックスになる

僕がSNSやブログをやりはじめた理由は「自己承認欲求」を満たすためだ。 自分が過去に抱えていた悩みや問題などを綴り、それに対して自分はどう考え、どう対処して来たか? それを世の中の人に知って欲しい。 …

小説『芋虫』本当の生き地獄

あらすじ 傷痍軍人の須永中尉を夫に持つ時子には、奇妙な嗜好があった。それは、戦争で両手両足、聴覚、味覚といった五感のほとんどを失い、視覚と触覚のみが無事な夫を虐げて快感を得るというものだった。夫は何を …

今のうちに遺書、死ぬつもりは毛頭ないけども

まったく実感がないまま、コロナでいつ死んでもおかしくない状況に、日本も世界もなっているようだ。 だからまだ死ぬつもりはないけど、もし死んでしまった時のために、このブログに遺書を残しておこうと思って書い …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク