エッセイ

SNS断ったら友達が戻って来た

投稿日:

一大決心してSNSを断った。

僕はSNSで自分を理解してくれる人と自分を必要としてくれる人を探していた。

でもなかなか見つからなかった。

手短なプロフィールを頼りに言葉だけで繋がるSNS。

現実世界でなかなか出会えない、自分と趣味嗜好がよく似た人、同じ価値観や人生観を共有してくれる人。

そういう人と出会って関係を築きたいと思っていた。

でもそう思ってSNSをやった結果、暇さえあればスマホを片手に、世界のどこかにいる、自分にとってどうでもいい人たちのどうでもいい呟きをただ眺めて、もうすっかり飽きているのに、なぜか気になってそれが手離せない状態になっていた。

とにかく自分が空っぽだから、そんなものにも縋ってしまうんだろう。

その時の自分はたぶん画面ばかり覗き込んで虚ろな表情をしていると思う。

ただの現実逃避だ。

これではマズイ。

言葉でしか繋がっていないネットの世界の関係はすごく脆い。

一つ言葉を間違えばすぐに嫌気が差し、関係が悪化する。

そしてボタン一つで簡単に入れ替えが可能な機能性に翻弄され、去る者、来る者で一喜一憂する。

愛着障害を抱えている僕みたいな人間がこの緊張感に耐えられるはずがない。

あとはリアルな知り合いたちとSNSで見せつけ合う、答え合わせみたいなやりとりにも疲れた。

会って本音のコミュニケーションが取れない関係に疲れた。

会っても話したい事が何もない。

群れを作りたがるのが人間の本能だから、孤独感に耐えきれなくてどうしても社会性や同調圧力に飲まれるのは仕方がないけど、本当の安心感はそこにない。

これまで自分がいる現実世界で直接関わって濃い人間関係になった人たちにもう一度目を向けてみたらどうだ?

そんな事を思った。

僕に本当の安心感をくれる人たちはどんな人たちで誰だったか?

それを思いだしてみた。

どれだけ孤独で寂しくてもそれで満足しようと思った。

そんな決心をしてSNSを断ったら音信不通だった友達からLINEが来た。

年下だけどいつも一緒にいて何でも話せた友達。

すごく嬉しかった。

そして決断した途端に訪れたこの運命的な感じにめちゃめちゃ興奮している。

何か変わる予感。

彼も病んでいたらしい。

適当なコミュニティで表面的な付き合いをしていれば人は必ず疲弊する。

本当の自分なんてわからないけど、この場所は違う、今自分は無理している事だけははっきりと分かる。

そこを抜け出せばまた良い方向に流れが変わると信じたい。







-エッセイ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

花火メンヘラ

独り暮らしが長いと、夏はただ暑いだけで、何事も億劫で雑になる。 夏の風物詩である祭りや花火大会はどこの地域でも毎年行われるけど、家族や恋人がいない独り身の僕は、近所の花火大会でも自宅謹慎を余儀なくされ …

夜明けに米米WAR

他人の意外な一面を突発的に知る時がある。 それは冬の北海道で、僕は派遣の仕事で士別にある製糖工場で働いていた。 名寄市にある一軒家を他の派遣社員の人とシェアして、士別の製糖工場までは、派遣会社の専属ド …

アラレちゃんの秘密基地

僕の実家の前に山が三つあって、そのうちの一つの山の頂上に赤い屋根の神社が見える。 小学校一年か二年の時、友達がその赤い屋根の神社の下に「アラレちゃんの秘密基地がある!」と、かなり大真面目な顔で言って来 …

ゴミ屋敷ちゃん

枚方のアパートが築40年以上のボロアパートなので、よく上の階から水が漏れてくる。 水漏れの原因は大雨だったり、3階と2階の住人が洗濯機を回したまま出かけて、ホースが外れた事に気付かず、長時間放置した結 …

大阪、夜散歩

夜はいつも寂しくて感傷的になる。僕は夜型人間ではないので、お日様が上っている日中しか幸福を感じる事が出来ない。平日は仕事で疲れているから早く寝る。でも週末の夜は仕事からの解放感もあるから、どこかへ行き …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク