哲学・思想 芸術

ドラマ『Followers』シンデレラ願望と無理ゲー社会を生きる苦悩

投稿日:

あらすじ

インスタにアップされた1枚の写真がきっかけで有名になった女優の卵をはじめ、東京で悩み傷つきながら幸せを追い求める女性たちの人生が意外な形で交錯していく。

監督:蜷川実花

キャスト:中谷美紀、池田エライザ、夏木マリ

お姫様だった女の子が、何かをきっかけに普通の女の子として生活しなければいけなくなった。

お姫様のままでいる間は、努力しなくても白馬に乗った王子様との結婚は約束されているけど、今は普通の女の子。

だから努力して「自分はお姫様」である事を、周囲の人に認めてもらい、白馬に乗った王子様に見つけてもらわないといけない。

多くの女性は本能的にそういうシンデレラ願望を持っているそうだ。

生まれがお姫様じゃなくても、お姫様のように扱ってほしい、という深層心理がある。

そんな女性は自分の見た目を物凄く気にしていて、周りに愛されるような女性になるための振る舞いを常に意識しながら、それを維持するために努力する。

特別なお姫様扱いまでされなくても、他人に見向きもされなかったり、せっかくの努力を認めてもらえなかったりすると、すごく落ち込む。

若くて可愛いければ、みんなチヤホヤしてくれるけど、その若さと見た目も老いに向かって一日ごとに目減りする事を知っているから、承認される喜びと同時に、焦りと不安もつきまとう。

若くて可愛いという、女性の容姿に対する評価は金銭的価値を生む。

イギリスの社会学者キャサリン・ハキムはこれを「エロス資本」という言葉で提唱したけど、容姿の良し悪しが経済格差を生むエロス資本の存在は日本ではタブーとされているようだ。

エロス資本の効用は20代後半くらいまで。

女性はそれまでに自分を養ってくれる男性と結婚するか、年齢や見た目に頼らない何らかの仕事で生計を立て、自立した何者かにならないといけない。

今は見た目の若さや可愛さを維持出来るいろんな技術や方法があるから、20代後半を過ぎても、才能と努力次第でエロス資本の効用を延長する事は出来る。

そしてなりたい自分、理想の自分像をしっかりと掲げ、高い意識を持ってアップデートして来た女性たちだけが、世間が羨むきらびやかな世界で生き残る。

いつまでもシンデレラで居続けたい。

『Followers』はそんな女性たちの葛藤と苦悩が見れるドラマ。

時代が工業化社会から情報化社会に移行した事により、個人の才能や人間性に対する他人の評価が経済を生むようになった。

フリーランス、YouTuber、インスタグラマー、インフルエンサーなど、自分個人の能力や人間性をネットで世界に発信して、それが自分以外の他者にとって価値あるものであれば、会社組織に依存しなくてもお金が得られる評価経済社会。

ネットで世界と繋がり、交流する相手の範囲が広がった評価経済社会では、学校や会社に馴染めず、「自分には何の取り柄もない」と感じていた人たちでも、ある日突然その才能と人間性を世の中に認められてシンデレラやヒーローになれたりするチャンスがある。

はじめは自分の興味関心事をベースにして、細々と発信しているうちに、誰かが見てくれて、「いいね」と評価してくれる。

自分が発信するものに広告収入や会費などの収益システムを紐付ければ、フォロワー数、いいね、コメント数が増えるにつれ、自分の経済的価値も上がっていく。

どうやったら他人に認めてもらえるのか?

どうやったら他人に興味を持ってもらえるのか?

他人が喜ぶ事、他人が面白がる事を常に模索し、戦略を立て、魅了して成功する。

他人の評価が全て。

評価経済社会で自分の経済的価値を決めるのは他人であって、自分ではない。

人気者になるにつれ、好感も反感も増えていく。

人気者になるにつれ、世間の自分に対する要求もシビアなものになり、好感より反感の評価が多くなれば、きらびやかな世界にはいられなくなる。

そして成功するために自分軸の生き方からどんどん他人軸の生き方へシフトしていく。

評価経済社会では自分にとって必要なもの、価値あるものが、他人にとって不要、無価値なものであれば収入が得られない。

他人に気に入られる自分を演じ、本当の自分は抑圧される。

欲しいものは何でも手に入ったのに、どこか虚しい。

努力して演じたお姫様キャラに疲れ果てて、何もかも嫌になる。

だけどお姫様キャラをやめた自分を誰が愛してくれるのか?

評価されるのは他人が望んだ結果だけ。

橘玲氏の著者『無理ゲー社会』では「すべての人が自分らしく生きられる社会を目指す」世界的なリベラル化の価値観が、現実的には、逆に自分らしく生きられないを人を増やしたと主張する。

ドラマの主人公たちもきらびやかな世界の中で、「社会的・経済的に成功し、評判と性愛を獲得する」という困難なゲームをたった一人で攻略しなければならない。

きらびやではない世界でもそれは同じ。

この残酷な社会の到来でみんな自分の人生を幸せに生きる難易度が上がった。

自分らしく生きる

このオリジナルの人生ゲームには裏技も攻略本もない。

自分が何者でどう生きたいか?

それを全部自分で決める覚悟をした人だけがこの無理ゲー社会をクリア出来るんだと思う。

蜷川実花が描くリア充の世界観が好きだから、画的にも面白いドラマだった。

いつも読んでくれてありがとう。

『Followers』Netflix公式サイト







-哲学・思想, 芸術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自分の愛着スタイルを知って人生に納得する

これまでの人生を振り返ると、「こんなはずじゃなかったのに」とか「こんな人生望んでないのに」と、思う事ばかりだ。 なりたいもの、ほしいものがあって努力しても徒労に終わる事が多く、不甲斐ない気持ちになる。 …

投資競馬を始めてみたよ

平日にやっている仕事以外に副収入が欲しいので、即PATを使って馬券を買ってみた。 買い方は月に1000円だけ入金して、1レース2枚だけ馬券を買う。 掛け金は100円。 オッズ断層(オッズの差が大きく開 …

たまに行者する

一時期よく山登りをしていた。 きっかけは新田次郎の山岳小説『孤高の人』を読んで影響を受けたからだと思う。 夕暮れに下駄を履いて易々と六甲山に登った破天荒な男が、自身の類稀な登山の才能に目覚め、常に単独 …

非HSPってどんな感じなんだろう?

僕はHSP気質だ。子供の頃はそうでもなかったはずだけど、一般より敏感で繊細な人らしい。日本人の5人に1人はHSPだと言われているけど、そうでない人たちは、いつもどんな感じで毎日を過ごしているんだろう? …

映画『プラットホーム』人間性が崩壊する穴

あらすじ ある日、ゴレンは目が覚めると48階層にいた。部屋の真ん中に穴があいた階層がはるか下まで伸びる塔のような建物の中、上の階層から順に食事が“プラットフォーム”と呼ばれる巨大な台座に乗って運ばれて …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク