哲学・思想 芸術

アニメ『オッドタクシー』オッドタイプの世界観

投稿日:2021-09-26 更新日:

あらすじ

平凡な毎日を送るタクシー運転手・小戸川。
身寄りはなく、他人とあまり関わらない、少し偏屈で無口な変わり者。
趣味は寝る前に聞く落語と仕事中に聞くラジオ。
一応、友人と呼べるのはかかりつけでもある医者の剛力と、
高校からの同級生、柿花ぐらい。

彼が運ぶのは、どこかクセのある客ばかり。
バズりたくてしょうがない大学生・樺沢、何かを隠す看護師・白川、
いまいち売れない芸人コンビ・ホモサピエンス、街のゴロツキ・ドブ、
売出し中のアイドル・ミステリーキッス…
何でも無いはずの人々の会話は、
やがて失踪した1人の少女へと繋がっていく。

監督:木下麦(P.I.C.S.)

無表情で物静かな雰囲気があるオットセイのタクシードライバー。
変わり者の臭いがプンプンする。
乗客とおしゃべりする時の彼の言動は、過度な感情を交えず、淡々としていて、乗客の質問に対しては、一見無関心のようではあるけど、常識や世間体を気にせず、素直に自分の主張を返す。
それは時に冷ややかだったり、皮肉な表現だったりするけど、素直な主張だからか、乗客たちは、この変わり者のタクシードライバーになんとなく好感を持っていて、彼といる車内に居心地の良さも感じている。
僕は初め、オットセイのタクシードライバーだから『オッドタクシー』っていうタイトルなのかな?って、思っていたんだけど、よく見たら牙が生えてるから彼はオットセイではなくセイウチだ。
そして最近読み始めた「パーソナリティ障害」の本の中で「オッドタイプ」という心理学用語がある事を知って、タイトルの意味に納得した。
オッドタイプ」は10タイプくらいあるパーソナリティ障害を大まかに3つのグループに分けた時のA群にあたるグループで、「孤立的で打ち解けない、統合失調症に関連した遺伝的傾向」を示す人たちを指す。
「オッドタイプ」のグループにはシゾイド、失調型、妄想型パーソナリティに該当する人たちが属していて、変わり者であるセイウチのタクシードライバーのパーソナリティもその特徴をよく示していた。
彼は世間から距離を置く世捨て人的な生き方をしているけど、不器用ながら自分と関わりのある人間との関係性は大事にしたいと思っているようにも見える。
僕のパーソナリティも彼と同じオッドタイプに属するから、アニメの初回からすぐに彼に対して親近感が湧いた。
【シゾイド】は対人関係を避け、孤独を好む傾向や、社会的な関心が乏しく、世間的な価値観から超然としているタイプで、性的な関心も乏しく、生涯独身の人も多い。名望や金銭に対する欲もあまりなく、世捨て人や自然の中で生きる生き方に憧れる。
【失調型】は風変わりさや非現実的な知覚を特徴とするタイプで、世間の常識と無縁に行動し、第六感や霊的な現象、宇宙と交信といったことに、特別な関心や体験をもっていたり、インスピレーションが豊かだったりする。他の人には感じられない存在を感じたり、一過性に幻聴が聞こえたりすることもある。
【妄想型】は親しい人さえも信じることができないタイプで、強い猜疑心を特徴とする。傷つきやすく、また傷つけられたことを執念深く覚えていて、恨みの念を持ち続ける。配偶者や恋人の不貞を疑い、尾行したり、ケータイや下着をチェックして、行動を逐一監視しようとする。他人に対して警戒心が強く、自分のプライバシーを知られることを極度に嫌がり、時には、妄想的な思い込みに囚われることもある。
このアニメは、そんなパーソナリティを持つタクシードライバーが抱える謎に迫る物語で、物語の後半でその謎がキレイに溶ける。
ネタバレになるので、この記事ではその謎に触れないけど、僕たちオッドタイプに属する人たちが普段どんな世界観で生きているのかが、他のパーソナリティを持つ人たちにも分かるアニメのような気がした。
そして他人の目から見たオッドタイプの印象やイメージを客観的に知ることも出来た。
同じ現実世界を生きていても、その世界の見え方、感じ方が違えば、僕たちはまったく異なる現実世界を生きている事になる。
僕が美しいと思っている物や人が、誰かにとっては醜いものでしかなかったり、僕が真実だと思っている物事が、誰かにとっては虚構でしかない物事だったりして、時に衝突したり、反発したり、分断や軋轢を生みながら、それでもなんとかお互いの世界観を擦り合わせて、不確実なこの世界を共有して生きている。
僕たちオッドタイプが見ている世界は、気を抜くとひどく滑稽で陰鬱で空虚だったりする。
安心、安全といった感覚からほど遠い世界を生きているから、僕は優しい人や穏やかな人が好きだし、孤独な人や困っている人、悩んでいる人に親近感を覚え、そんな人たちとなるべく関わりを持って、同じ世界の苦楽を共にしたいと思う。
そしてみんなでこの滑稽で陰鬱で空虚な世界観に疑問を持ち、丁寧に検証しながら多様な価値観を受け入れて意識的に変えていきたい。
これまでとまるで違う世界が目の前に広がったら面白いな、と思う。

いつも読んでくれてありがとう!

オッドタクシーテレビ東京アニメ公式







-哲学・思想, 芸術
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

映画『15時17分、パリ行き』明確なビジョンに起こる運命

あらすじ 2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせ …

アニメ『聲の形』伝えたいのは心の形

あらすじ 西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈から逃れる。しかし、硝子とのある出来事のために将也は孤立し、心を閉ざす。5年後、高校生になった将也は、硝子のもとを訪れることにし… …

未来は行くもの、来るもの

僕がこのコロナ禍を乗り越えられるかどうかは正直分からないけど、この事態を乗り越える事が出来たら、その後の人や社会は今より良くなっていると思う。 未知のコロナウィルスによって、グローバリズムが抱えていた …

伏見稲荷物語

あれ、おかしいな?近所の公園を散歩していたら、日が照っているのに雨が降って来た。シャン、シャン、シャンと鈴の音が聴こえ、振り返ると、紋付き袴と花嫁衣装を来た狐の一行がやって来る。狐の嫁入りだ!どこへ行 …

アスペルガーとして生きる意味

ネットの診断結果によると、僕はグレーゾーンアスペルガー(発達障害)に該当する。 僕自身も自覚していた事なので結果に関しては納得している。 むしろそうだと分かった事により自分についての理解が深まったので …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク