芸術

LUNA SEA 思春期とナルシシズム

投稿日:

音楽について語るのは難しい。

本来はバンドや楽曲の良さについて書くべきなんだろうけど、僕が書けるのは、その音楽との出会いだったり、よく聴いていた当時の思い出くらいしかない。

今回書きたい音楽はLUNA SEA。

中二病をこじらせた思春期の痛々しい自意識とV系ロックはやたらと相性が良く、X、黒夢、D’ERLANGERなどのバンドと共に、中学、高校時代によく聴いていた。

V系を聴く人は、男女問わずナルシストか、そうでなければナルシシズムに陥りがちな時期に、人はV系ロックを欲するんじゃないだろうか?

どの楽曲も失恋=世界の終わりみたいな繊細な世界観で、カッコいいんだけど、どこか病的だ。

片思いをして、何もアクションを起こしていないのに勝手に傷心して、激しく胸が張り裂けそうになる。

そういう時にLUNA SEAの楽曲を聴くと、自分の過剰にナイーブなハートを全て心得たように共感してくれるうえに、内実は醜い欲情でしかないエゴをセンス良く美化してくれる。

LUNA SEAは同級生のMに教えてもらったバンドで、MはLUNA SEAのベーシストであるJに顔がそっくりだった。

休み時間にMにエアベースをやらせて、「似てるなww」と、よくケラケラ笑っていた。

元々はMの姉がLUNA SEAのファンで、その姉の影響でMもLUNA SEA好きになったようだ。

偏見かもしれないけど、V系好きな女子はメンヘラが多く、Mの姉も陰キャな感じのタイプだった。

偏見ついでに、メンタルが良好な女子はLUNA SEAよりもYELLOW MONKEYを好む傾向があった気がする。

どちらにしろ、V系は思春期に一番人気があり、思春期を過ぎれば、ファンでもちょっと気恥ずかしくなるのが宿命だと思う。

V系ロックを好きになると、ミスチルやB’z、小室ファミリーやジャニーズ系などの音楽は、健全なメインカルチャーとして、なぜか敵視したくなる。

そんな衝動に駆られるから、健全なメインカルチャーが本当は好きだったりしても、他の同級生にそれを素直に言えず、表面的には小馬鹿にするような態度をわざと取り、誰にもバレないようにこっそりと聴いたりしながら、独りで突っ張っていた。

V系ロックはそんな感じで、僕みたいな中二病の思春期をさらに狂わせる。

今もたまに聴いたりするけど、そんな痛々しい思い出も込みでただ懐かしい。

LUNA SEAに関しては今も現役で音楽シーンにいるから、その美意識と自意識に関しては、最早ファンとの共同幻想で支えていくしかないだろう。

V系と言えども、見た目の老いは確実に進行していき、涙ぐましいアンチエイジングを駆使しても隠し切れるものではない。

メジャーで成功して、音楽業界の酸いも甘いも嗅ぎわけた大御所ともなれば、僕たち中二病の思春期を酔わせて狂わせてしまったピュアでナイーブな世界観にも、さすがに限界が来る。

僕の中ではアルバム『MOTHER』がLUNA SEAの集大成であり、ファンとして熱狂していた最後の時期だったと思う。

それ以降は昔取った杵柄で、インディーズシーンから応援してくれている老いたファンたちと、その影響で同じくファンにさせられてしまった息子、娘たちに支えられて、みんな一緒に「時間さえも止めてしまう貴方はfeeling for beauty」なのである。

と、このように好きな音楽でも、それを語るのはやはり難しい。

特に好きな3曲は『ROSIER』『WISH』『ANUBIS』

いつも読んでくれてありがとう!

LUNA SEA OFFICIAL WEBSITE

LUNA SEA-YOUTUBE







-芸術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アニメ『風の谷のナウシカ』 腐海と癌

あらすじ 海から吹く風によって腐海の毒から守られている「風の谷」。ある日、虫に襲われた輸送飛行船が風の谷に墜落する。船内には、“火の七日間”と呼ばれる最終戦争で地球を壊滅させた「巨神兵」の核が積まれて …

夢で教わった“ART”の定義

先日夢の中で“ART”とは何か?を僕に諭す人がいた。 その人が言うには“ART”とは「Animism Regression Trance」の略語で、“人間がアニミズムに回帰するためのトランス状態の中で …

感受性、応答せよ!現代アートもゲルニカも所詮無力

地下鉄の駅でたまたま立ち寄った現代アートの展示会を眺めてみた。 ほどよいスペースで何かを主張する立体と映像作品。 相変わらずわけがわからず、見た目には退屈だった。 でも僕はこれらが何を伝えようとしてい …

アニメ『もののけ姫』母性に見放された世界

あらすじ 山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。エボシ御前 …

アニメ『鬼滅の刃~柱合会議・蝶屋敷編』やんごとなき人の影

あらすじ 主人公・竃門炭治郎が隊士でありながら、鬼となった妹・禰豆子とともに行動していることに対して“隊律違反”を犯したと“柱”たちから裁判を受ける 鬼殺隊のリーダーである産屋敷輝哉の類い稀な人間性が …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク