哲学・思想

ようこそ、嗤う狐のブログへ

投稿日:2018-04-09 更新日:

ようこそ、嗤う狐のブログへ

このブログは僕の人生経験と思索を通して、この世界と人間の本質について探るブログです。

哲学的な話やスピリチュアル、芸術や映画にまつわる記事などを書いています。

僕はグレーゾーンアスペルガー、HSP(Highly Sensitive Person)などに該当する特質を持っていて、直観的に物事を理解したり、常識に捉われない独創的な考え方をする傾向があります。

孤独癖があり、小さい頃から、他人の気持ちや場の空気を敏感に察知して、怒りや悲しみなどの感情を感じると、それとは矛盾して心の中でヘラヘラしている“もう一人の自分”の存在がある事を自覚していました。

ブログのタイトルにしている「嗤う狐」はその“ヘラヘラしているもう一人の自分”に対してつけた名前です。

僕は顔が狐に似ているので、そう呼ぶことにしました。

どうも僕には自分にとって不快な話や嫌な気持ちになるような事があると、それを嘲笑うようにヘラヘラする習性があるようです。

ほとんど無意識にそうなっている時がよくあります。

普段はどちらかというと内向的で大人しい僕の意識の奥底に、自分でも計り知れない大胆な意識があるのかもしれません。

10代、20代の頃はその意識をひた隠しにしていたせいか、厭世観がひどくて生き辛い思いをしました。

希死念慮が強く、何もかも嫌になって社会からドロップアウトしたりもしました。

同時にこの意識は常に世界や人間の本質的な部分にとても関心があり、不都合な現実を前にした時などに、それを好転させる知恵を与えてくれたりします。

生き辛い時期もありましたが、僕はこの「嗤う狐」という“もう一人の自分”の意識を解放していくうちに、だんだん人生が楽になっていきました。

社会に属して世捨て人のように、世の中を観察しながら生きています。

誰にも相談出来ない生きづらさを感じて孤立しているような人にこっそり覗いてもらって、何かしら気付きがあったり、これまでにないパラダイムシフトを味わってもらえたら幸いだなと思います。

そんな嗤う狐の思想を世間に解禁します。

SUKEKIYO  プロフィール

東北山形出身。

生まれながらの心臓疾患により、出産後すぐに手術を受けて大学病院に入院。

それがきっかけで母親との愛着形成に失敗し、恐れ・回避型愛着スタイルになる。

症状としてグレーゾーンアスペルガー、HSPなどの特質に該当する。

小学校でイジメを経験。

高校を出て、仙台デザイン専門学校造形美術科へ入学。

慢性的な生きづらさを抱えながら、いろいろなバイトを転々とし、思索と創作を続けている。

自伝小説→失踪記 巡礼記

安全基地『Sekureca bazoやってます。







-哲学・思想

執筆者:


comment

関連記事

自分はそういう人間だ、それ以上でも、それ以下でもない

理想の親でありたい。理想の息子、娘でいたい。理想の彼氏彼女でいたい。理想の上司、部下でいたい。理想の店員、客でいたい。 みんなそう思って何かしら努力して、それが叶わないと辛く苦しい思いをする。等身大の …

アニメ『鬼滅の刃無限列車編』僕が泣く理由

あらすじ 蝶屋敷での修業を終えた“鬼殺隊”の竈門炭治郎は、短期間で40人以上が行方不明になった“無限列車”を捜索する任務に就く。妹の竈門禰豆子を連れた炭治郎と我妻善逸、嘴平伊之助は、鬼殺隊最強の剣士“ …

人間と神と宇宙はリンクしている

人間はかつて神だった。 その神の意志が宇宙という卵を生み、その卵から人間という神の雛が孵った。 そして神の雛である人間は遠い未来でまた神になる。 中国かアメリカのどちらかが5Gの覇権を制したら、AIや …

ゴキブリを想う

先日家にゴキブリが出た。 流しのあたりをウロチョロして、僕に見つかるとすぐにサッと物陰に隠れていた。 僕はゴキブリを殺さない。 見た目は確かに気持ち悪いと思う。 この世界にゴキブリを好きな人はほとんど …

人格

人間の人格と認知の違いについて思う事

人間の人格と、認知の違いについて思う事を書いてみる。 僕は二重人格や多重人格の症例に限らず、人は誰でも幾つかの人格の型を持っていて、時と場合に合わせてそれを無意識に使い分けていると考えている。 普段優 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク