哲学・思想

ようこそ、嗤う狐のブログへ

投稿日:2018-04-09 更新日:

ようこそ、嗤う狐のブログへ

このブログは僕の人生経験と思索を通して、この世界と人間の本質について探るブログです。

哲学的な話やスピリチュアル、芸術や映画にまつわる記事などを書いています。

僕はグレーゾーンアスペルガー、HSP(Highly Sensitive Person)などに該当する特徴を持っていて、直観的に物事を理解したり、常識に捉われない独創的な考え方をする傾向があります。

孤独癖があり、小さい頃から、他人の気持ちや場の空気を敏感に察知して、怒りや悲しみを感じると、それとは矛盾して心の中でヘラヘラしている“もう一人の自分”の存在を自覚していました。

ブログのタイトルにしている「嗤う狐」はその“ヘラヘラしているもう一人の自分”に対してつけた名前です。

僕は顔が狐に似ているので、そう呼ぶことにしました。

どうも僕には自分にとって不快な話や嫌な気持ちになるような事があると、それを嘲笑うようにヘラヘラする習性があるようです。

ほとんど無意識にそうなっている時がよくあります。

普段はどちらかというと内向的で大人しい僕の意識の奥底に、自分でも計り知れない大胆な意識があるのかもしれません。

10代、20代の頃はその意識をひた隠しにしていたせいか、厭世観がひどくて生き辛い思いをしました。

自殺願望が強く、何もかも嫌になって社会からドロップアウトしたりもしました。

同時にこの意識は常に世界や人間の本質的な部分にとても関心があり、不都合な現実を前にした時などに、それを好転させる知恵を与えてくれたりします。

生き辛い時期もありましたが、僕はこの「嗤う狐」という“もう一人の自分”の意識を解放していくうちに、だんだん人生が楽になっていきました。

社会に属して世捨て人のように生きる。

このブログを通して、そんな嗤う狐の思想を世間に解禁したいと思います。

SUKEKIYO  プロフィール

東北山形出身。

グレーゾーンアスペルガー、HSP。

小学校でイジメを経験。

仙台デザイン専門学校造形美術科卒業。

自伝小説→失踪記 巡礼記







-哲学・思想

執筆者:


comment

関連記事

アニメ『風の谷のナウシカ』 腐海と癌

あらすじ 海から吹く風によって腐海の毒から守られている「風の谷」。ある日、虫に襲われた輸送飛行船が風の谷に墜落する。船内には、“火の七日間”と呼ばれる最終戦争で地球を壊滅させた「巨神兵」の核が積まれて …

宮崎勤『夢の中~連続幼女殺害事件被告の告白』世間に理解されない罪

宮崎勤自身の口から彼が起こした事件の事、そしてこの世界、この社会について思う事、感じている事を話して欲しかった。 世間は彼をオタク、ロリコン、精神異常者として理解し、納得する事でしかこの事件を捉える事 …

夢で教わった“ART”の定義

先日夢の中で“ART”とは何か?を僕に諭す人がいた。 その人が言うには“ART”とは「Animism Regression Trance」の略語で、“人間がアニミズムに回帰するためのトランス状態の中で …

シャーマニズムとメンヘラ

シャーマニズムとメンヘラ女子

僕がこれまで出会って来たメンヘラ女子たちは、なぜか霊感(第六感的なもの)がある人が多かった。 亡くなった僕の祖母もメンヘラっぽい性格の人で、何度か霊体験のようなものをした事があると言っていた。 メンヘ …

映画『万引き家族』社会に背を向けて生きる人たちの絆

あらすじ 治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク