哲学・思想

自分を肯定するための造語

投稿日:2018-04-10 更新日:

『里山資本主義——日本経済は「安心の原理」で動く』(藻谷浩介、NHK広島取材班/著)を読んだ時、和田芳治さんという方が、高齢者を“光齢者”( 人生をいっぱい経験して輝ける年齢に達した人)という言葉に変えて、ポジティブな造語にしたエピソードがとても面白く、良いアイデアだと思ったので、僕もそれを真似ていくつか考えてみた。

本来は単なる能力や特性でしかないのに、社会に適さないなどの理由で障害や病気として判断されたネガティブな意味合いを持つ言葉を、ポジティブな意味合いの言葉に変換した新しい造語だ。

僕が考えたポジティブ造語

【知的障害者 ⇒ 純粋感覚保持者】

人生にとって無駄な知識の吸収を必要とせず、子供のままの純粋さを保持して周囲を和ませる能力を持っている人

【身体障害者 ⇒ 身体感覚応用者】

手で行う作業を足で行ったりする五体の応用や、視覚、聴覚、嗅覚などの感覚器官を別の器官を鋭敏にする事で補う能力を持っている人

【性同一性障害 ⇒ 両性共感者】

男性と女性の両方の性を理解し、どちらの性にも共感する事が出来る人。男女間の争いを仲裁する能力を持っている。

【統合失調症 ⇒ 情報投影者】

自分のいる環境の外部情報(上空の様々な電波、周囲の人たちの意識、景観、建築物が持つデザインの意図など)を脳で直接受信して、リアルな現実として投影できる能力を持っている人

漢字のネーミングばかりでやや硬い感じになってしまったけど、大事なのは他人に自分の能力や特性の判断を委ねず、自分で理解して納得の出来る名前を付与して認識する事。

自分に与えられた能力や特性に自分で気付き、それが社会にどんな影響や役割を与えるかを模索していけば、それがあなた独自の思考形態や行動原理になっていくはず。

僕の造語でよければぜひ使って欲しいし、参考までに自分でよりカッコ良い造語を考えてみたら面白いと思う。

もし他人や世間にレッテルを貼られて自己否定的になっている人がいたらこのアイデアを使ってそのイメージを払拭してみてほしい。







-哲学・思想

執筆者:


comment

関連記事

なんかメメント・モリな話

人生のちっぽけな終わりを見たせいか、「死」についてなんとなく想う事を書く。 会社まで歩いて出勤する道の途中に、パトカーが何台か止まっていて、警察の人が交通整理をしていた。 どうやらバイクの事故があった …

子供たちに教えてもらった大事な事

東京の生活をやめて地元に帰り、一年くらい妹夫婦の家に居候していた。 甥っ子が二人いて、2年くらい一緒に過ごした。 その間、僕たち大人が良かれと思って子供たちにあれこれ教育的指導をしていく中で、逆に二人 …

公募展の審査を手伝って気付いた事

専門学校の時、講師の先生に公募展の絵を審査するアシスタントのバイトを紹介されて引き受けた事がある。 公募展の審査は県民美術館で行われ、僕たちアシスタントの仕事は応募された作品を審査員の人たちの前に運ん …

人間の尊厳を奪われない働き方

ビックエコー、くら寿司、すき屋などのバイト店員が起こした不適切行為の動画投稿。 僕が一連の事件のニュースを受けて気付いたのは、バイト店員が不適切行為をした店はいずれも大手チェーンの店であった事だ。 大 …

マンガ『僕とフリオと校庭で』観念と実存の狭間で揺れる

ネットの動画で「幽霊はいる? いない?」をテーマに論争している番組を観た。 過去何度もやって来た論争だと思うけど、僕はこのテーマに関しては今後何年経っても決着がつかないだろうな、と思っている。 僕の祖 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク