哲学・思想

自分を肯定するための造語

投稿日:2018-04-10 更新日:

『里山資本主義——日本経済は「安心の原理」で動く』(藻谷浩介、NHK広島取材班/著)を読んだ時、和田芳治さんという方が、高齢者を“光齢者”( 人生をいっぱい経験して輝ける年齢に達した人)という言葉に変えて、ポジティブな造語にしたエピソードがとても面白く、良いアイデアだと思ったので、僕もそれを真似ていくつか考えてみた。

本来は単なる能力や特性でしかないのに、社会に適さないなどの理由で障害や病気として判断されたネガティブな意味合いを持つ言葉を、ポジティブな意味合いの言葉に変換した新しい造語だ。

僕が考えたポジティブ造語

【知的障害者 ⇒ 純粋感覚保持者】

人生にとって無駄な知識の吸収を必要とせず、子供のままの純粋さを保持して周囲を和ませる能力を持っている人

【身体障害者 ⇒ 身体感覚応用者】

手で行う作業を足で行ったりする五体の応用や、視覚、聴覚、嗅覚などの感覚器官を別の器官を鋭敏にする事で補う能力を持っている人

【性同一性障害 ⇒ 両性共感者】

男性と女性の両方の性を理解し、どちらの性にも共感する事が出来る人。男女間の争いを仲裁する能力を持っている。

【統合失調症 ⇒ 情報投影者】

自分のいる環境の外部情報(上空の様々な電波、周囲の人たちの意識、景観、建築物が持つデザインの意図など)を脳で直接受信して、リアルな現実として投影できる能力を持っている人

漢字のネーミングばかりでやや硬い感じになってしまったけど、大事なのは他人に自分の能力や特性の判断を委ねず、自分で理解して納得の出来る名前を付与して認識する事。

自分に与えられた能力や特性に自分で気付き、それが社会にどんな影響や役割を与えるかを模索していけば、それがあなた独自の思考形態や行動原理になっていくはず。

僕の造語でよければぜひ使って欲しいし、参考までに自分でよりカッコ良い造語を考えてみたら面白いと思う。

もし他人や世間にレッテルを貼られて自己否定的になっている人がいたらこのアイデアを使ってそのイメージを払拭してみてほしい。







-哲学・思想
-,

執筆者:


comment

関連記事

コロナ禍はメディア禍

僕はテレワークの対象ではないので、コロナ禍でも平日は毎日出社して働いている。 会社までは片道40分かけて歩き、淀川の河川敷を辿って行き来している。 非常事態宣言により、外出自粛の要請が出ている中、淀川 …

感受性、応答せよ!現代アートもゲルニカも所詮無力

地下鉄の駅でたまたま立ち寄った現代アートの展示会を眺めてみた。 ほどよいスペースで何かを主張する立体と映像作品。 相変わらずわけがわからず、見た目には退屈だった。 でも僕はこれらが何を伝えようとしてい …

“場”の空気の正体

酒が好きなので、たまに飲みに行く。 よく行くお店には親しい人たちがいるから、だいたいいつも楽しく飲めるけど、世の中には人の気持ちとか、場の空気とか、そういう“見えないもの”を可視化する事が出来ない人が …

今のうちに遺書、死ぬつもりは毛頭ないけども

まったく実感がないまま、コロナでいつ死んでもおかしくない状況に、日本も世界もなっているようだ。 だからまだ死ぬつもりはないけど、もし死んでしまった時のために、このブログに遺書を残しておこうと思って書い …

僕と犯罪者の境界線

神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇(元少年A)が書いた『絶歌』と、英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害した市橋達也が書いた『逮捕されるまで』を読んだ。 僕は犯罪者にすごく興味があって、彼ら自身が証 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク