哲学・思想

孤独が「孤毒」になる人と「孤徳」になる人

投稿日:2018-04-15 更新日:

以前仙台に住んでいた時、朝方まで友達と飲み明かし、酔いを引きずった駅前で孤独に関する議論を交わした事があった。

もし自分の体に羽が生えたら楽しいだろうなぁ

僕が何気なくそう呟いたら、それを受けた友達が「いや、寂しいだけだろ」と返して来て、孤独について二人で話し合った。

寂しい? なんで?

僕は友達に、羽が生えたらなぜ、寂しいと思うのか理由を聞いてみた。

自分一人だけ飛べても、他の人が飛べなかったら誰にもその楽しみを理解してもらえないから

友達は確かそう答えた。

芸術なんかやっているからだろうか?

僕も友達も、ずっと前から誰にも理解されない孤独みたいなものを持っている感覚が確かにあった。

だけど友達から寂しい理由を聞いた時に、僕は、僕と友達が感じている孤独は同じものではないと、その時気づかされた。

友達の感じている孤独が自分自身を世界から切り離して孤立してしまう状態だとしたら、僕が感じている孤独は自分自身をこの世界から守ってくれる状態だ。

友達がいうように、僕にも他人に自分の考えや思いを理解してもらいたい欲求はある。

でもそれと同時に誰にも理解されていない事に対する優越感や喜びみたいなものもあった。

僕の場合はその感覚が自分はこの世で唯一無二の存在だ、と思える自己承認になっている。

だから空を飛べるのが自分一人だけだとしても僕は楽しいだろうと思ったのだ。

人間は誰も空を飛べない。

そしてみんなそれぞれ他人には計り知れない独自の孤独を持っていると僕は思う。

だから空を飛べる気持ちはわかってもらえなくても、飛べない気持ちがわかるなら寂しくない、というのが僕の孤独について出した答えだった。

友達はその時誰とでも理解し合えて、全てを共有したいと思っていたのかもしれない。

僕の友達は他人と理解し合えない事があると常に陰鬱として苦しむ傾向があった。

そういう人の孤独は放っておくといずれ「孤毒」になると思う。

誰も自分を理解してくれない。自分は世界で一人ぼっちだ。だから生きていても意味がない

そんな理由でナイフを振りかざし、無差別殺人を起こす人がいるけど、その人の孤独もひょっとしたら「孤毒」になった結果なのかもしれない。

もし自分が感じている孤独が「孤毒」だと思ったら、そんな誰にも理解してもらえない孤独をネットを通じて世の中に発信してみたらいいと思う。

返事はなくても、発信し続けていればそれに共感してくれる人がいるかもしれない。

誰にも理解してもらえないのであれば、笑われたっていいし、嫌われたっていいと思う。

でももし世界でたった一人のあなたの孤独な発信を、同じように世界のどこかでたった一人の孤独を感じている人が共有したら、その二人の孤独はお互いを救い、唯一無二の自分を肯定する崇高な「狐徳」になると思う。

それで救われる人がいるなら僕はこのブログを通して発信し続けたい。







-哲学・思想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供たちに教えてもらった大事な事

東京の生活をやめて地元に帰り、一年くらい妹夫婦の家に居候していた。 甥っ子が二人いて、2年くらい一緒に過ごした。 その間、僕たち大人が良かれと思って子供たちにあれこれ教育的指導をしていく中で、逆に二人 …

アウトサイダー世に憚る

このブログのタイトルにしている「嗤う狐」。 これは僕が小さい頃から付き合っているニヒルでアウトサイダーな意識につけた名前だ。 「嗤う狐」の時の意識は全ての出来事を感情を挟まずに俯瞰する視点を持っている …

アスペルガーとして生きる意味

ネットの診断結果によると、僕はグレーゾーンアスペルガー(発達障害)に該当する。 僕自身も自覚していた事なので結果に関しては納得している。 むしろそうだと分かった事により自分についての理解が深まったので …

聖なる孤児たち

神の子である自分たち孤児は本気である。 本気でこの世界を救うために、神の計画に沿って自分たちの歴史と人生を全うするつもりでいる。 幼い頃、自分は両親に捨てられた。 ある日、両親にとある教会へ連れていか …

マンガ『僕とフリオと校庭で』観念と実存の狭間で揺れる

あらすじ 抜け出せない不思議世界の迷路。 原作:諸星大二郎 ネットの動画で「幽霊はいる? いない?」をテーマに論争している番組を観た。 過去何度もやって来た論争だと思うけど、僕はこのテーマに関しては今 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク