芸術

映画『シン・ゴジラ』理想の無い凍結した現状

投稿日:2018-04-22 更新日:

あらすじ

東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。

【監督】庵野秀明

【キャスト】長谷川博己、石原さとみ

神は細部に宿る。

『シン・ゴジラ』はシンプルなストーリーだけど、登場人物の台詞やシーンの描写から読み取れる情報量がとにかく多い。

毎回観る度に新しい発見と謎があり、それが鑑賞後も尾を引いて、ふと何かの折に『シン・ゴジラ』について考えている事がよくある。

何度目かの鑑賞時に、僕は『シン・ゴジラ』で語られる“ゴジラ”対“日本”という構図が、自分の内面に巣くっているジレンマそのものである事に気付いた。

この日本(世界)の現状は何かおかしい、歪んでいる

だから壊して新しい世界に創り直さなきゃ……

僕は小さい頃からそんな感じの厭世観みたいなものを持っていた。

ゴジラはそんな自分の気持ちを象徴するような存在。

映画の前半部分では東京の街を破壊し尽くそうとするゴジラの衝動に共感し、ある種のカタルシスのようなものを感じる。

でも後半になって東京がいよいよ壊滅的な状況になった時に、僕はその破壊後に立て直すべき日本(世界)の新しいイメージを自分がまだまったく思い描いていない事に気づいて愕然とする。

変化をもたらす破壊はもう始まっている。

君はこの世界をどうする? 

どうしたい?

映画の日本政府も現実世界の僕もその答えを出せないまま、荒ぶるゴジラの破壊衝動だけは待ったなしでどんどん増幅していく。

待ってくれ、ゴジラ!」 

まだ壊さないでくれ!

そんな僕の気持ちとリンクするように、劇中の終盤で日本は苦肉の策としてヤシオリ作戦を決行する。

しかしそれでも事態は解決へ向かうのではなく、とりあえず一旦停止の状態で保留されたままだ。

僕はこのヤシオリ作戦のシーンでいつも胸が熱くなり、無力な自分の思いを主人公の矢口蘭堂と自衛隊に託して涙する。

「こんな日本(世界)はおかしい!」

「このままじゃ日本(世界)が危ない!」

「日本(世界)をどうにかしたい!」

SNSを見ていると、そんな書き込みがそれこそ無数に溢れている。

でも何をどう変えたら日本(世界)がよくなるのか?

どんな日本(世界)であれば理想的なのかを主張する人は少ない。

『シン・ゴジラ』はそんなジレンマを抱える人たちの集合的無意識を庵野監督が汲み取って出来た作品なのではないだろうか?

現状維持は嫌だ、でも理想が何かわからない!

ゴジラが現れる事はなくても、現状に疲れた集合的無意識が持つ破壊衝動はゴジラに変わるものを必ずこの現実世界に差し向けて来る。

僕たちにその準備と覚悟は出来ているのか?

僕は『シン・ゴジラ』という映画からそんなメッセージを受け取った。

来たるべき変革の機会(破壊)までに、自分が理想とするものをもっと明確にしたい。

凍結したゴジラが目覚める日はそう遠くない気がする。







-芸術
-,

執筆者:


comment

関連記事

映画『インファナル・アフェア(無間道)』疑えば目に鬼を作る

あらすじ 1991年、ストリート育ちの青年ラウは香港マフィアに入ってすぐ、その優秀さに目を付けたボスによって警察学校に送り込まれる。一方、警察学校で優秀な成績を収めていた青年ヤンは突然退学となる。彼は …

映画『ショーシャンクの空に』心の在り処

あらすじ 妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた …

映画『火花』 燻る思い出

あらすじ 徳永(菅田将暉)は、お笑いコンビ「スパークス」としてデビューを果たすものの、一向に売れる気配がなかった。ある日、営業に出掛けた熱海の花火大会で4歳年上の神谷(桐谷健太)と知り合う。徳永はお笑 …

不能犯

映画『不能犯』 洗脳のメカニズム

あらすじ 大都会を舞台に立て続けに変死事件が起こり、その現場には決まっていつも黒のスーツを着た男の姿があった。その男は宇相吹正(松坂桃李)で、“電話ボックスの男”とSNSで話題になっており、とある電話 …

公募展の審査を手伝って気付いた事

専門学校の時、講師の先生に公募展の絵を審査するアシスタントのバイトを紹介されて引き受けた事がある。 公募展の審査は県民美術館で行われ、僕たちアシスタントの仕事は応募された作品を審査員の人たちの前に運ん …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク