オカルト・スピリチュアル 哲学・思想

情報は思考の道具

投稿日:2018-05-30 更新日:

科学とスピリチュアル、どっちが正しいか?

あるいはどっちが有益か?

そんな対立構図にして白黒つけたがる人たちがいる。

僕にとっては科学やスピリチュアルな情報に限らず、あらゆる情報は単なる思考の道具にしかすぎない。

本当か嘘か? 

有益か有害か? 

どんな情報も僕が考えたい問題の内容次第で、その都度性質が変わる。

僕の頭の使い方次第で本当にも嘘にもなり、有益にも有害にもなる。

僕は情報を受信する時、まずその情報が面白いかどうか、好きか嫌いかで興味を持つ。

面白いと思ったり、良いなと思ったらとりあえず本当の事として信じてみる。

そして関連性のありそうな情報を探して集め、どの程度信憑性のある情報なのか掘り下げてみる。

僕が科学よりもオカルトやスピリチュアルなものに興味を示すのは、オカルトやスピリチュアルな情報の方が科学的な情報よりも内容が面白い事が多いからだ。

僕の生まれた地元が迷信深い田舎という環境だった事もあって、科学的なものよりもスピリチュアル的なものに親近感と臨場感を持ちやすいのかもしれない。

妖怪や幽霊、UFOやUMAなどの存在を肯定した方が、僕はこの現実世界がより楽しく思えるので、“存在する”という前提で僕はその根拠になりそうな情報をたくさん集めている。

オカルトやスピリチュアルな情報に肯定的だからといって、科学的な情報に否定的だというわけでない。

僕はむしろ両方を肯定していて、どう結びつけたらより面白くなるか?をテーマに、日々更新される情報をチェックしている。

例えば何か問題が起きた時、この問題だったら科学とスピリチュアル、どちらの情報の方が役に立ちそうかな?と思考を始める。

科学的な情報の方が問題解決に有益な場合は、科学的な情報をメインに物事を考えてみる。

スピリチュアルな情報の方が有益な場合はそちらをメインにして物事を考えてみる。

両方の情報を組み合わせて良い答えが出るのであれば、両方の情報を採用して考えてみる。

ただそれだけ。

科学もスピリチュアルも、どちらか一方を盲信すれば思考の範囲が限定されてしまう。

有益な情報も有害な情報になったりする危険がある。

だからどちらの情報も疎かには出来ない。

科学的な情報だけを受け入れる人やスピリチュアルな情報だけを受け入れる人たちは、自分たちが受け入れられないものに対して弾圧的だったり排他的だったりする傾向があるように思える。

科学にもスピリチュアルにも絶対的な真理や根拠などない。

量子論もカルマも、創世論も進化論も、新しい思想や哲学を生み出すための思考のツールとして使えばいい。

そしてより良い説、より面白い説を考えた方が楽しい。

それは科学やスピリチュアルだけでなく、右翼と左翼思想なんかに対しても言えると思う。

科学とスピリチュアル、右翼と左翼、有と無、男と女など、二元論に縛られて物を考える人が多い。

二元論に拘らず、カテゴリーの枠を取り払えばもっと豊かな発想が可能になる。

真理や根拠がなくても、思考を楽しめればそれで充分。

馬鹿にされたところで、何も考えずにただ他人の考えを受け入れるよりはマシだと思う。

それよりも新しい事や物を生み出す事にもっと価値を見出した方がいい。

思想や哲学は身体一つ、頭一つで出来る究極の娯楽だと僕は思うから、常に考え続け、人生にとってより面白く、有益になるような新しい概念や思想を生み出したい。







-オカルト・スピリチュアル, 哲学・思想

執筆者:


comment

関連記事

自分を肯定するための造語

『里山資本主義——日本経済は「安心の原理」で動く』(藻谷浩介、NHK広島取材班/著)を読んだ時、和田芳治さんという方が、高齢者を“光齢者”( 人生をいっぱい経験して輝ける年齢に達した人)という言葉に変 …

ようこそ、嗤う狐のブログへ

ようこそ、嗤う狐のブログへ このブログは僕の人生経験と思索を通して、この世界と人間の本質について探るブログです。 哲学的な話やスピリチュアル、芸術や映画にまつわる記事などを書いています。 僕はグレーゾ …

ブログは思考と感情のデトックスになる

僕がSNSやブログをやりはじめた理由は「自己承認欲求」を満たすためだ。 自分が過去に抱えていた悩みや問題などを綴り、それに対して自分はどう考え、どう対処して来たか? それを世の中の人に知って欲しい。 …

映画『15時17分、パリ行き』明確なビジョンに起こる運命

あらすじ 2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせ …

僕がカルトを作りそうになった話

【カルト】 悪しき集団であることを明確にするために用いられる通俗用語。元来は、「儀礼・祭祀」の意味を表す、否定的・批判的なニュアンスを持たない宗教用語。 30歳くらいの時、ネットのとあるサイトに作った …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク