オカルト・スピリチュアル 哲学・思想

宇宙と地球の生命と人間の細胞はフラクタルである

投稿日:2018-07-23 更新日:

飛行機で沖縄に行く時、上空から沖縄のキレイな海を眺めていたら、無数に漂う海の渦潮と宇宙の銀河の数は比例しているな、と直感的に思った。

閃きで分かった事だから科学的根拠はまったくないけど、夜空に輝く宇宙の星々と地球に存在する生命の個体数、人間の細胞の数はピッタリ同じ。

宇宙のどこかで星が一つ砕ければ、地球の生命が一つ失われ、人間の細胞も一つ失われる。

そして宇宙のどこかで星が一つ生まれれば、地球の生命もまた一つ生まれ、人間の細胞もまた一つ増える。

絶えず変化し続ける天文学的な数字だから、具体的な数字には置き換える事は出来ない。

でもそういうフラクタルな構造が森羅万象にはあり、宇宙での出来事は地球でも起こり、地球での出来事は人間の体内でも起こっている。

宇宙から見れば、そこに漂う星々は宇宙を構成する細胞で、地球から見れば、僕たち人間や動植物が地球の細胞。

マクロとミクロの出来事がフラクタル構造によって作用し合っている。

だから怒りで頭に血が上った人が増えると火山が噴火したり、恐怖や不安で震えている人が増えると地震が起こる。

人が大勢泣くと大雨が降り、人が大勢興奮すると、その熱で連日のような猛暑になる。

これは頭で考えても分からない事。

今この地球の現状を見て感じるしかない事。

それを感じ取る事が出来たなら、今、現実世界で起こる物事に対していかに冷静な態度が重要か、いかに心身共に健康的な生活が重要かが分かると思う。

自分の思考が他人にとって、地球にとって、宇宙にとってマイナスイオンであるように、

自分の行動が他人にとって、地球にとって、宇宙にとってマイナスイオンであるように、

自分の存在が他人にとって、地球にとって、宇宙にとってマイナスイオンになるように、

心掛けたいと思う。

地球は青くて清々しい姿の方がいい。







-オカルト・スピリチュアル, 哲学・思想
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

映画『光の雨』僕たちの総括

あらすじ CMディレクター樽見の初監督作品は、連合赤軍による同志リンチ事件を描いた小説『光の雨』の映画化だった。そのメイキング撮影を依頼された若手映画監督・阿南は快諾し、オーディションからカメラを回し …

映画『脳男』殺人者に至る経緯

あらすじ 都内近郊で無差別連続爆破事件が発生し、犯行には舌を切り取られた女性の全身に爆弾を巻きつけた「人間爆弾」が使われていた。正義感の強い刑事の茶屋は犯人・緑川のアジトを突き止めるが、確保できたのは …

日本沈没

映画『日本沈没(2006)』 政府の本音

あらすじ 大規模な地殻変動によって日本列島が海中に沈没するという危険性が指摘され、それを証明するかのようなマグニチュード8以上の大地震が次々と発生する。そんな中、大地震の被害にあった潜水艇のパイロット …

映画『インファナル・アフェア(無間道)』疑えば目に鬼を作る

あらすじ 1991年、ストリート育ちの青年ラウは香港マフィアに入ってすぐ、その優秀さに目を付けたボスによって警察学校に送り込まれる。一方、警察学校で優秀な成績を収めていた青年ヤンは突然退学となる。彼は …

登ったら死ぬ山

京都府福知山市大江町内宮。ここに元伊勢内宮皇大神社があり、その神社の遥拝所から日室ヶ嶽(ひむろがたけ)という小高い山が望める。キレイな三角形の山で、夏至の日には「夏越の大祓」が行われ、遥拝所から拝むと …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク