オカルト・スピリチュアル 哲学・思想

宇宙と地球の生命と人間の細胞はフラクタルである

投稿日:2018-07-23 更新日:

飛行機で沖縄に行く時、上空から沖縄のキレイな海を眺めていたら、無数に漂う海の渦潮と宇宙の銀河の数は比例しているな、と直感的に思った。

閃きで分かった事だから科学的根拠はまったくないけど、夜空に輝く宇宙の星々と地球に存在する生命の個体数、人間の細胞の数はピッタリ同じ。

宇宙のどこかで星が一つ砕ければ、地球の生命が一つ失われ、人間の細胞も一つ失われる。

そして宇宙のどこかで星が一つ生まれれば、地球の生命もまた一つ生まれ、人間の細胞もまた一つ増える。

絶えず変化し続ける天文学的な数字だから、具体的な数字には置き換える事は出来ない。

でもそういうフラクタルな構造が森羅万象にはあり、宇宙での出来事は地球でも起こり、地球での出来事は人間の体内でも起こっている。

宇宙から見れば、そこに漂う星々は宇宙を構成する細胞で、地球から見れば、僕たち人間や動植物が地球の細胞。

マクロとミクロの出来事がフラクタル構造によって作用し合っている。

だから怒りで頭に血が上った人が増えると火山が噴火したり、恐怖や不安で震えている人が増えると地震が起こる。

人が大勢泣くと大雨が降り、人が大勢興奮すると、その熱で連日のような猛暑になる。

これは頭で考えても分からない事。

今この地球の現状を見て感じるしかない事。

それを感じ取る事が出来たなら、今、現実世界で起こる物事に対していかに冷静な態度が重要か、いかに心身共に健康的な生活が重要かが分かると思う。

自分の思考が他人にとって、地球にとって、宇宙にとってマイナスイオンであるように、

自分の行動が他人にとって、地球にとって、宇宙にとってマイナスイオンであるように、

自分の存在が他人にとって、地球にとって、宇宙にとってマイナスイオンになるように、

心掛けたいと思う。

地球は青くて清々しい姿の方がいい。







-オカルト・スピリチュアル, 哲学・思想

執筆者:


comment

関連記事

ようこそ、嗤う狐のブログへ

ようこそ、嗤う狐のブログへ このブログは僕の人生経験と思索を通して、この世界と人間の本質について探るブログです。 哲学的な話やスピリチュアル、芸術や映画にまつわる記事などを書いています。 僕はグレーゾ …

なんかメメント・モリな話

人生のちっぽけな終わりを見たせいか、「死」についてなんとなく想う事を書く。 会社まで歩いて出勤する道の途中に、パトカーが何台か止まっていて、警察の人が交通整理をしていた。 どうやらバイクの事故があった …

乙女の祈り

乙女の祈り。 宮城県の松島にそう呼ばれる場所がある。 有名な心霊スポットで20代の時に一度行った事がある。 そこは近くにキャンプ場がある断崖の松林で、一本の松の木に、この断崖から飛び降り自殺した女子校 …

人格

人間の人格と認知の違いについて思う事

人間の人格と、認知の違いについて思う事を書いてみる。 僕は二重人格や多重人格の症例に限らず、人は誰でも幾つかの人格の型を持っていて、時と場合に合わせてそれを無意識に使い分けていると考えている。 普段優 …

一神教の原理主義が実現する千年王国

宗教絡みの記事になるので、はじめに宗教と原理主義とは何か?について触れておきたい。 一般的に「宗教」の概念は神を信仰する教えやその儀式などを行う集団の事だという認識があると思う。 でも本来「宗教」とは …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク