オカルト・スピリチュアル 哲学・思想

「ひらがな」に秘められた力

投稿日:2018-07-25 更新日:

日本人が昔から使っている「ひらがな(平仮名)」に関する面白い発見をした。

平らな仮の名前と書いて「ひらがな」。

この文字がこの世の現象をフラットにする。

たとえば、ひらがなで「きょうそう」。

この言葉を記した時、ひらがなの時点では、まだ何も決定していないフラットな事象として「きょうそう」というものを捉える事が出来る。

きょうそう」という響きだけがあり、その意味合いは人の感じ方によってどうとでも取れる状態になっている。

中国から来た漢字は、人が“感じ”取った事を文字に置き換えるための文字で、既に意味が決まっている。

ひらがなは意味合いが決まっている漢字をフラットな状態に戻し、違う感じ方を模索するために出来た文字なのではないか?と思う。

競争

この漢字は争って競う時に感じた文字。

それをひらがなでフラットな状態である「きょうそう」に戻し、共に創る事と感じたなら「共創」という漢字にもなる。

このように、まだ何も定まっていないフラットな状態の言葉を観念(漢字)が具現化し、今日の日本語世界が成り立っている。

世界は言葉による観念で出来ているから、それぞれの言語がそれぞれの世界観を創りあげる。

日本のひらがなにはその世界観をフラットにする力があるのだ。

この便利なひらがなツールをうまく使えば自分の凝り固まった観念を何度でもフラットな状態に戻す事が出来る。

悪い観念、負の観念を持った言葉が具現化したこの世界を、もう一度良い観念、楽しい観念で創り変える。

たとえば「戦争

戦争」⇒「せんそう」に戻す。

人が大勢死ぬ争いの観念をひらがなでフラットな状態に戻し、かわりに「仙草」「千艘」「船窓」という観念が思い浮かぶようにすれば、僕の世界から戦争という観念が消えてなくなる。

適切な言葉がなければ、洗い直して創るという意味で「洗創」でもいい。

閃いて創る「閃創」でもいい。

自分で開発した造語でもいいから、自分にとって悪いイメージや負のイメージがついた言葉を、一度ひらがなでフラットな状態に戻し、再度捉え直してみると、違う感じ方、違う世界の見え方がある事に気付く。

同じ現象でも言葉が変われば、その現象自体も変化する。

ひらがなにはそんな力が秘められていると思う。







-オカルト・スピリチュアル, 哲学・思想
-

執筆者:


comment

関連記事

自分を肯定するための造語

『里山資本主義——日本経済は「安心の原理」で動く』(藻谷浩介、NHK広島取材班/著)を読んだ時、和田芳治さんという方が、高齢者を“光齢者”( 人生をいっぱい経験して輝ける年齢に達した人)という言葉に変 …

無知無知ねるね

その場にいる全員が無知ゆえに起こる悲劇がある。 小学校の時、茶の間で妹と当時新発売のお菓子「ねるねるねるね」を作っていた。 昔懐かしいテレビCMで、眼鏡をかけた老婆の魔女が、「ヘッヘッヘッ、練れば練る …

シャーマニズムとメンヘラ

シャーマニズムとメンヘラ女子

僕がこれまで出会って来たメンヘラ女子たちは、なぜか霊感(第六感的なもの)がある人が多かった。 亡くなった僕の祖母もメンヘラっぽい性格の人で、何度か霊体験のようなものをした事があると言っていた。 メンヘ …

横で塩カルビは、さすがに気まずくないですか?

吉祥寺に住んでいた時、僕は井の頭公園が好き過ぎて、休みの日はいつも公園にいた。 池があるエリアを少し上ると、木陰の中にベンチがたくさんある広場があって、僕はそこでよく本を読んでいた。 二人掛けのベンチ …

夜明けに米米WAR

他人の意外な一面を突発的に知る時がある。 それは冬の北海道で、僕は派遣の仕事で士別にある製糖工場で働いていた。 名寄市にある一軒家を他の派遣社員の人とシェアして、士別の製糖工場までは、派遣会社の専属ド …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク