オカルト・スピリチュアル 哲学・思想

自助努力のために他力本願する

投稿日:2019-03-26 更新日:

僕はあまり人に期待しないし、頼らない方だと思う。

悩みや問題があっても、人に相談したりはせず、まずは自分で考える。

解決策が思いつかなくても、ふと興味がある本や気になる映画などを観て、そこから問題解決のヒントを得る事が多い。

他人を当てにする前に、まずは自助努力でなんとかする。

他力本願はどうしても自分の力では立ち直れそうにない時だけ。

基本的にはそういう考えだけど、以前、四国のお遍路さんに挑戦した時、そこで『同行二人』という言葉と教えがある事を知り、自助努力を促すための他力本願であれば、神仏的な物への信仰も悪くないと思った。

同行二人

これは四国八十八ヶ所巡りに挑戦するお遍路さんのために、弘法大師空海が“見えない旅のパートナー”となって先導してくれるという、ありがたい信仰の事だ。

この信仰を強く持っていると、旅先でいかなる困難に出会っても、挫けずに歩き通す事が出来る。

天候不良への不安、道に迷う不安、泊まる宿がない不安、旅の資金不足などの金銭的な不安、旅先で出会うかもしれない犯罪や不審な人への不安など。

旅先で付きまとうあらゆる不安が、空海がいつも側にいてくれると信じる事によって和らいでいく。

想像力を働かせて、すぐ側にいる事を実感する事が出来るようになれば、不思議と心が安らいで不安がほとんどなくなるのだ。

実際に空海が側にいて何か手助けをしてくれるわけではない。

ただ側にいると本気で思えるようになると、それによってリラックスした意識が、旅の困難を乗り越えるための自助努力を開始して、問題解決のための知恵や行動を積極的に促すようになるのだ。

お遍路の旅路には空海が起こした偉業の痕跡やエピソードがたくさん残っているから、進む度に信仰心もどんどん強度を増していく。

おかげで誰もいない真っ暗な山道での野宿も怖くなかったし、かなり怪しい人物との遭遇や、悪天候の旅路でも、「大丈夫、平気だ、必ずなんとかなる」と自分を奮い立たせる事が出来た。

僕の場合は弘法大師空海にプラスして自分の祖母や、これまでの人生で僕にいろんな事を教えてくれた師匠たちも一緒に同行させていたから、百人力の心強さだった。

一か月に渡る約1400キロの道も、挑戦する以前の想像よりも楽にこなせた実感がある。

同行二人

それは別に空海でなくてもいい。

自分が信じたい守護霊やジョジョのスタンドのようなものをイメージしても効果はあると思うし、なにより楽しいと思う。

とにかく自分が頼りに出来ると思った存在を見つけて他力本願し、その存在が常に自分の側にいてくれる安堵の中で、問題解決へ向けて努力をする。

特定の宗教に入る必要はないし、神や仏を拝む必要もない。

自分の内側から湧き上がる神性や霊性に期待して、必要な知恵と行動を働かせる。

強い信仰心には、それを起こす絶大な力があるのは確かだ。







-オカルト・スピリチュアル, 哲学・思想
-,

執筆者:


comment

関連記事

公募展の審査を手伝って気付いた事

専門学校の時、講師の先生に公募展の絵を審査するアシスタントのバイトを紹介されて引き受けた事がある。 公募展の審査は県民美術館で行われ、僕たちアシスタントの仕事は応募された作品を審査員の人たちの前に運ん …

ゲーム『ICO』童心に帰れる場所

あらすじ いつだかわからない時代の、どこかだかわからない場所でのお話。 イコには角が生えていました。 角が生えているのは村中でもイコだけでした。 村のしきたりでは角の生えたこどもがうまれるとその子は、 …

投資競馬を始めてみたよ

平日にやっている仕事以外に副収入が欲しいので、即PATを使って馬券を買ってみた。 買い方は月に1000円だけ入金して、1レース2枚だけ馬券を買う。 掛け金は100円。 オッズ断層(オッズの差が大きく開 …

不幸なニュースを見るから不幸な気持ちになる

僕はテレビもネットもあまり見ない。 そうすると、自分の生活圏である日常からしか情報が入って来ないので、概ね平穏な日々を送る事が出来る。 でも一度テレビやネットを見出すと、そこには連日不幸な事件や不快な …

映画『万引き家族』社会に背を向けて生きる人たちの絆

あらすじ 治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク