オカルト・スピリチュアル 芸術

映画『キョンシー(殭屍)』陽が過ぎて陰が満ちる

投稿日:2019-06-30 更新日:

あらすじ

大ヒットホラー映画に出演してスター俳優として活躍したものの、今では落ち目になった上に妻子とも別れてしまったチン・シュウホウ(チン・シュウホウ)。全てに絶望した彼は、幽霊が出現するとささやかれる団地の2442号室へと入居する。そこを死に場所にしようと考えていた彼だったが、壮絶な過去を背負って生きる子連れの女性、空の棺桶(かんおけ)に固執する不気味な老女、霊幻道士といったさまざまな住民と出会う。やがて団地内にキョンシーが出現し、チン・シュウホウは彼らを相手にした戦いに引きずり込まれていく。

監督:ジュノ・マック

キャスト:チン・シュウホウ,クララ・ウェイ,パウ・ヘイチン

大好きな『霊幻道士』への追悼の意を込めて。

劇場公開は2014年だったらしい。

『霊幻道士』に対するリブート映画みたいだけど、僕個人的にこれはキョンシー映画ではない。

キョンシー映画ではなくなったキョンシー映画。

そんなものを見せられた感じ。

僕はキョンシーブームの終焉みたいなものをはっきりとは覚えていなくて、感じた事もなかった。

だからこの映画を観るまで、かつて道士役だったラム・チェンインさんと、弟子役だったリッキーホイさんがもう亡くなっている事も知らなかった。

僕が知らないキョンシーブームのその後。

忘れていたその後。

ある意味キョンシーブームの死後みたいな物語。

この物語の舞台となるアパートにはそんな死後の世界を臭わせる廃墟っぽい雰囲気が漂っていた。

住人たちにも生気がなく、彼らが発する陰の気は、いつしか僕らファンに忘れさられてしまったキョンシーブームの無念さや怨念みたいなものなのかもしれない。

キョンシーと道士は陰と陽で対になる存在。

キョンシーがいなくなれば、道士もまた必要なくなる。

物語の中で、食い扶持がなくなった道士を父に持つ眼鏡の道士が言った台詞は、そのまま香港ホラー業界の本音のつぶやきのように聞こえて陰鬱とする。

かつて道士が使っていたSF的なハイテク感を醸し出す道具も、過去に埋もれた遺物として色褪せている。

道教の陰陽思想が虚構から現実に反映して、キョンシーブームが香港ホラー業界にもたらした陽の気が、ブームの終わりと共に陰の気に変わって満ち、お役御免になってやさぐれた眼鏡の道士の姿には、道士として機能していない頼りとなさとだらしなさがあって、見ている僕の不安を誘う。

甦ったキョンシーを倒すために、なんとか道士としての遺志だけは継いでいたけど、繰り出した術には血の滲む思いのような痛々しさが施されていた。

生気のないアパートでは血と炎の赤がやたらと映え、子どもがキョンシーに襲われるというタブーな演出までやっている。

これは子どもの頃にキョンシー映画を楽しんだ僕たちにはすごく不快で嫌な事だ。

『霊幻道士』当時のキャンスティングで集まった役者さんたちから漂う年月の重さと陰気さ。

そこに清水崇監督のジャパニーズホラー的演出が乗っかって、かつての面影を全部食い尽くすように徹底したダーク演出のキョンシー。

あなたたちが見たい陽気なキョンシー映画は二度と作れません

どうか一緒に弔ってください、成仏させてやってください

僕たちのキョンシーブームはもう完全に死んだのだ。

物語はかつてハンサムな弟子役だった俳優さんが首吊り自殺した後に視た夢オチみたいな結末になっていて、久しく会っていなかった人の訃報を聞いて葬儀に参加するような、そういう後味の悪さが確かにある。

でもそれがホラー映画の醍醐味でもあるから、そういう意味ではこの映画にうまい事やられたなぁと思う。







-オカルト・スピリチュアル, 芸術
-

執筆者:


comment

関連記事

アニメ『もののけ姫』母性に見放された世界

あらすじ 山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。エボシ御前 …

アニメ『聲の形』伝えたいのは心の形

あらすじ 西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈から逃れる。しかし、硝子とのある出来事のために将也は孤立し、心を閉ざす。5年後、高校生になった将也は、硝子のもとを訪れることにし… …

日本沈没

映画『日本沈没(2006)』 政府の本音

あらすじ 大規模な地殻変動によって日本列島が海中に沈没するという危険性が指摘され、それを証明するかのようなマグニチュード8以上の大地震が次々と発生する。そんな中、大地震の被害にあった潜水艇のパイロット …

『吾輩は猫である』 ~漱石に見る諦念と達観

精神科医の岡田尊司さんの著書『愛着障害』を読んで、日本を代表する文豪・夏目漱石が「恐れ・回避型の愛着スタイル」に該当する可能性がある事が分かった。 僕も愛着障害の診断テストを受けると、愛着不安と愛着回 …

シャーマニズムとメンヘラ

シャーマニズムとメンヘラ女子

僕がこれまで出会って来たメンヘラ女子たちは、なぜか霊感(第六感的なもの)がある人が多かった。 亡くなった僕の祖母もメンヘラっぽい性格の人で、何度か霊体験のようなものをした事があると言っていた。 メンヘ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク