芸術

アニメ『聲の形』伝えたいのは心の形

投稿日:2019-07-15 更新日:

あらすじ

西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈から逃れる。しかし、硝子とのある出来事のために将也は孤立し、心を閉ざす。5年後、高校生になった将也は、硝子のもとを訪れることにし……。

監督:山田尚子

キャスト:入野自由,早見沙織

主人公の西宮と同じように、僕の兄夫婦の間に生まれた双子の姪の片方が、脳性マヒの疾患で生まれ、体が不自由でうまく言葉を話す事が出来ない。

聴覚には問題がないので、僕たちの会話はきちんと理解している。

そして自分の意思を伝える時は何らかの手ぶりと表情を使ってコミュニケーションを取る。

素直な子だから、喜怒哀楽は真っすぐに表現する。

コミュニケーションの問題は障害を持っている人に関わらず起きるものだ。

世代によっては電話がまったくダメな人がいるという話を聞いたりもする。

だから近い将来、人間のコミュケーション手段は、何らかのモバイル機器が人間の脳波を読み取り、それを自分の口ではなく、機械的な音声や文字に変換した形でコミュニケーションを図るようになると思う。

人はそのモバイル機器を使って、変換した内容を相手に伝えるかどうかの意思決定だけをする。

これにより視聴覚の不全による従来のコミュケーション障害はなくなり、人間が判断するのは、何を伝えて、何を伝えないか?

その選択だけになる。

ある意味テクノロジーによるテレパシー的なコミュケーションが可能になるわけだけど、その結果、人はおそらく自分の心を形に出来ない障害者になると思う。

本心を決して誰にも明かさず、相手に伝える内容の決定すらもモバイル機器の選択と判断に委ねるようになる。

人は昔から自分の本心の扱い方にすごく慎重だ。

自分の気持ちと相手の気持ちを推し量り、伝えた場合と伝えない場合の結果を想像して迷う。

コミュケーションは相手あってのもの。

他人を思い遣ったり、気遣ったりすれば、その判断がどんどん難しくなり、終いには自分の本心が何かもわからなくなったりする。

それによって起こるすれ違いは、この物語の西宮や石田たちのような関係でなくても、不特定多数の人と関わって生きていかなければならない世の中にはいっぱいある。

アニメの彼らが感じるもどかしさや葛藤は僕らにも常にある悩みだろう。

僕は耳も口も正常だけど、本当に伝えたい事は文章にしないと伝わらない気がしている。

文章でもどこまで伝えられるかは正直分からない。

でもメールやSNS、ブログなどの文字で意思を伝えるツールの方が、熟考してから意見や答えを出したい僕にとっては都合が良い。

会話だと答えを急かされているような気がして、本心を伝えたつもりでも、後からそれは本心ではなく、その場の状況的判断から発した思いだったりする事がある。

目まぐるしい情報化社会のスピード感に合わせて、自分が生得的に行っていた情緒あるコミュケーションのペースが乱されているというか、考えてから会話をする時間的余裕がない焦りを会話の中で常に感じるのだ。

電話での会話も必要な用件だけになりつつあって、特に用事がなく、なんとなくかかって来た電話に対する苦手意識は日に日に強くなっている。

自分で能動的に時間を作ったうえでコミュニケーションを取らないと、思考が散らかって落ち着かない。

会社でのコミュニケーションもそうだけど、そんな状態で雑談の輪には入りたくないのだ。

だからプライベートで人に会って、じっくり会話をする時間や機会はすごく貴重だ。

伝える手段の形はなんでもいいと思う。

でも伝えたい心の形だけは明確にしたい。







-芸術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アニメ『鬼滅の刃無限列車編』僕が泣く理由

あらすじ 蝶屋敷での修業を終えた“鬼殺隊”の竈門炭治郎は、短期間で40人以上が行方不明になった“無限列車”を捜索する任務に就く。妹の竈門禰豆子を連れた炭治郎と我妻善逸、嘴平伊之助は、鬼殺隊最強の剣士“ …

感受性、応答せよ!現代アートもゲルニカも所詮無力

地下鉄の駅でたまたま立ち寄った現代アートの展示会を眺めてみた。 ほどよいスペースで何かを主張する立体と映像作品。 相変わらずわけがわからず、見た目には退屈だった。 でも僕はこれらが何を伝えようとしてい …

小説『ドグラ・マグラ』 男女の絆と遺伝子の悲劇

僕には生まれた時から心臓疾患がある。 兄夫婦の間に生まれた姪っ子にも生まれた時から脳性麻痺の疾患があった。 人が何らかの障害を持って生まれて来る理由として、環境的要因であるとか、確率的な結果であるとか …

映画『アキレスと亀』 創る阿呆に観る阿呆

あらすじ 絵を描くのが大好きな少年・真知寿(吉岡澪皇)は、自宅を訪れた画家に自分が描いた絵をほめられて、赤いベレー帽をもらう。真知寿は、その日から画家になることを夢見て毎日のように絵を描くようになる。 …

『吾輩は猫である』 ~漱石に見る諦念と達観

精神科医の岡田尊司さんの著書『愛着障害』を読んで、日本を代表する文豪・夏目漱石が「恐れ・回避型の愛着スタイル」に該当する可能性がある事が分かった。 僕も愛着障害の診断テストを受けると、愛着不安と愛着回 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク