オカルト・スピリチュアル 芸術

映画『15時17分、パリ行き』明確なビジョンに起こる運命

投稿日:2019-08-03 更新日:

あらすじ

2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。

監督:クリント・イーストウッド

キャスト:アンソニー・サドラー,アレク・スカラトス,スペンサー・ストーン

自分の人生はこの瞬間に立ち会うためにあったのかもしれない。

時々そう思うような出来事に遭遇する事がある。

僕は以前沖縄の西表島に移住した事があり、その後沖縄、九州、西日本の聖地を巡る旅に出た。

僕は幼少の頃から父親との間に確執があり、ずっと折り合いがつけられずに悩んでいた。

西表島に移住した時も、父親をはじめとする家族の反対を押し切っての決行だった。

僕のやりたい事や目標とするべき事は、いつも直感的に沸き起こる。

明確なビジョンと心が躍るような強い感情が湧いた時、それを実行すれば後に必ず人生が好転するのだが、計画性と結果の保証が無いので、周囲に相談しても常に理解は得られなかった。

それで何度も父親や家族とぶつかった。

家族を振り切って決行した西表島での生活体験と聖地巡りで挑戦した四国八十八か所巡礼で得たものはとても大きく、それを機に、父親との間にあった確執がなくなった。

自分のやりたい事で結果を出して、自分らしく生きる事の意義をはじめて認めてもらう事が出来たと思った。

かなり時間がかかったけど、僕自身も僕の人生に支配的だった父親の事を許す事が出来た。

旅を終えた後、実家で癌の闘病をしていた父親の下に戻り、そこで一か月近く父親と一緒に過ごした。

それまでも決して仲が悪かったわけではなかったけど、素の自分のままでとても清々しい気持ちでいられた。

僕はそれから北海道へ行き、父親はその年の冬に亡くなった。

西表島での生活と放浪での体験がなかったから、僕は実家に帰っていなかっただろう。

沖縄へ向けて実家を出た時はもう一生会わないつもりでいたからだ。

父親と最後の夏を過ごせた事は、運命に呼ばれた結果だと思っている。

『15時17分、パリ行き』

この映画の三人の勇敢な青年に起こった出来事もそんな運命的なものを感じさせる。

穿った見方をすれば、後付けの解釈で運命的な物語として描いたとも言える。

でもナポレオンヒルの『悪魔を出し抜け』を読んだ後にこの映画を観た僕には、この映画で起こった出来事が自然の法則に基づいた必然的な結果だと分かる。

たまたま同じ列車に乗り合わせた他の乗客たちにとっては奇跡だったかもしれないけど、三人の人生はこの日のために動いていた。

少年時代の出会いから、大人になって再会したヨーロッパ旅行までに彼らが取り組んで来た事の意味。

15時17分、パリ行きの列車の中でそれが証明される。

明確な目標と計画を持って生きて来た人間には必然的な運命の訪れがあると僕は確信しているので、この映画を後付けの感動物語にはしない。

内容は違えど明確な目標、ビジョンがあれば、誰にでも起こりえる物語だと思う。







-オカルト・スピリチュアル, 芸術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『オカルト原風景』祖母と幽霊

僕の祖母は幽霊が見える人だった。 祖母は大正生まれで、兄妹がたくさんいた。祖母はたまに自分の兄妹やご近所の年寄りたちを家に誘って飲み会していた。年寄りばかりの会だから、大抵みんな昔の苦労話に花を咲かせ …

友川カズキ『一人盆踊り』 結局得体の知れない人

友川さんの随筆と詩を載せた文庫本。 友川さんは「まつろわぬ人」とか「どこにだしても恥ずかしい人」とか、いろいろ形容される人だけど、この本を読んで改めて思ったのはやっぱり「得体の知れない人」だ。 歌も絵 …

野狐禅

野狐禅(やこぜん)とは禅の修行者が、まだ悟りきっていないのに悟ったかのようにうぬぼれること。転じて、物事を生かじりして、知ったような顔でうぬぼれること。 タイトルは忘れたけど、ネットの動画配信サイトに …

映画『怒り』 同情や共感をしてはいけない人

あらすじ 八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケン …

ポックリ死んでこそ大往生

僕は人の死に関わるたびに「自分は天寿を全うしたい!」という思いが強く湧く。 人には自分の本分(好きな事、得意な事)に従った生き方というものが必ずあるはずで、それを人生の終わりまで貫徹する事が出来ればポ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク